<スポンサードリンク>





ネット証券会社のメリット


インターネット証券会社の登場で、以前は時間や料金的な問題で、株を行うことができなかった人たちも、株の取引が可能な状況になってきています。

そのため、従来の店舗を持つ大手証券会社もオンライントレードに力を入れた動きを見せています。

店舗型証券会社、インターネット証券会社、双方にメリットデメリットはありますが、この数多ある証券会社の中から、仲介役となる証券会社をを選ぶ際の基準としては、手数料、情報、取り扱い銘柄、取引時間帯や、プチ株、ミニ株などの取扱商品など、自分の目的の銘柄、投資方法にあったところを選択することが一番です。

また、投資家の好みにもなりますが、情報収集のためや、株を分割することでリスクを軽減するためなどにも、複数の口座を開設する事は有利とされています。

特にインターネット証券会社であれば、口座維持費はかかりませんし、サーバ障害で注文ができない状況などを回避することにもつながります。

しかし、取引の仲介は証券会社ですが、保証はありませんので、株についての責任は投資者に有ることを忘れないでください。


投稿者 銭ゲバ
 
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!
多重債務者脱出計画 | 安全投資で安心な老後 | 安心・安全dhcサプリメント

ネット証券会社とは


投資家が株の売買をする際に、市場との仲介の役目をするのが証券会社です。

現在特に注目をされているのが、インターネット証券会社です。

証券会社は多く存在しますが、特徴やサービスは各社様々です。

投資家は直接市場へ入ることはできませんので、仲介役となる証券会社を通してのやり取りになりますが、売買の度に手数料が発生します。

この手数料が、特に一日に何度も売買を繰り返すデイトレードなどの場合は、利益よりも多くかかってしまうこともあり、投資家にとっては問題でした。

しかし現在は、店舗を持たないインターネット上の証券会社が多く登場し、店舗費、人件費などがかからない分、手数料が大幅に引き下げられています。

取引金額にもよっても異なりますが、かつては一度の取引で数千円かかっていた手数料が、数百円で可能になっている所もあります。

何度も売買を繰り返すことを考えると、かなりの金額を抑えることが可能になっています。

また、注目をされているのが夜間取引です。

証券取引所の営業時間は9時から15時の間で取引も終了となりますが、営業時間以外でも、証券取引所を通さずに売買が可能である、PTSと呼ばれるシステムを利用した方法であり、アメリカでは多く取り入れられています。

日本ではこのシステムを取り入れている証券会社はまだ数が少ないですが、今後は増加傾向にあるようです。

投稿者 銭ゲバ
 
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資