<スポンサードリンク>





スワップ金利向きの取引業者とは?


スワップ収入を視野に入れて中長期の戦略を考えるならぱ、選定業者も考慮しなければなりません。
大前提として、資産を預けるに足る信用性の高いところを選びましょう。
長期間に渡ってスワップポイントを得るならなおさら、相手業者とは長いつきあいになります。
そのため運用成績のいい、将来にわたって潰れなさそうな取引業者を選びます。
見逃してはならないことは、資産の信託保全の有無です。
預託金を銀行に信託するシステムが信託保全で、資産を保全する意図があります。
預けたお金は、業者が倒産しても守られていることになります。
スワップ金利を業者毎に比較することも大事です。
なるべく高いところを選びましょう。
スワップポイントはFX業者ごとに異なります。
毎日少しずつ貯めて大きな益にするスワップですから、少しでも多いところを選びたいものです。
その時々で最も信用できるFX業者は微妙に入れ替わりがありますが、セントラル短資オンライントレードや外為どっとこむ、くりっく365(三貴商事)などは長期運用に向いています。
税制優遇のあるくりっく365は、他のFXにない強みがあり後々差益が大きくなった時に影響が大きいでしょう。
しかし、これはあくまでも個人的な意見であり、最終的には自己責任で決めて下さい。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10615911
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資