<スポンサードリンク>





ネット株の取引手数料の仕組み


株取引にあたって見過ごせないポイントとして、売買手数料の存在があります。
一回ごとの手数料の金額はそれほど高くなくても、何度も取引を繰り返すと軽視できない金額になります。
ネット株の取引手数料が高いと、当然ながら1回のネット株取引での利益は小さくなってしまうのです。
こまめにネット株の取引をする人の場合、ネット株の取引手数料があったために、勝てたはずの取引でマイナスになることもあります。
取引手数料がいくらに設定されているのか、どのような条件で増減するのか、これらをしっかり知っておかないと、取引で思わぬ結果を招きます。
手数料の仕組みは、その取引を扱う証券会社毎に決まっています。1日のうちなら何回ネット株の売買をしても手数料は変わらない、という仕組みの一日定額制の手数料体系を取る証券会社もあります。
この加算方式は、デイトレードをする日には集中的に売買をする人に向いています。
あまり頻繁にトレードをしない人や中長期で株を保有していたい人、毎日少しずつ取引をしたい人は約定単位制が向いています。
これは一度の取引ごとに委託手数料が発生するシステムです。
約定定額制の中には、売買金額に手数料率をかけて手数料を決める定率制と、約定金額が○円〜△円なら手数料は幾らと決まっている階段制があります。
自分のネット株取引スタイルに合わせて決めるといいでしょう。
他にも、一定金額までなら無料でネット株取引ができるサービスや、その日のうちに保有したネット株を決済するなら片道の手数料が無料になるところもあります。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13846794
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資