<スポンサードリンク>





FXデイトレ向きの通貨


FXデイトレでは、大きく相場が動く時にその一部分に乗って利益を取ります。
つまりFXのデイトレードで扱うべき通貨は、相場が安定しておらず大きく動く通貨といえます。
デイトレードに適している通貨は、ボラティリティという為替相場の値幅の動きが激しく、何度も大きく上げ下げする通貨です。
各通貨のボラティリティを比較するには、パーセンテージを使ってどの程度変わったかを算出します。
米ドル/円の2007年の動きは、107円〜214円の範囲でした。
緩やかに上がった後に急激に下がり、株などにも大きな影響を与えました。
ここでイギリス通貨であるポンドに目を転じてみると、変動した値幅は1ポンド251円円台〜219円台の32円です。
ポンドと米ドルを比べた場合、ポンドの方が円に対して大きく値幅を変えていたことになります。
デイトレードでは、値動きの大きなポンドの方が米ドルより取引をしやすいのです。
FXデイトレをしている人は値動きの大きい通貨であるポンド/円や、ポンド/ドルなどを売買している人が多いようです。
また、FXではスワップポイントという金利差で入るポイントが通貨ごとに定められています。
デイトレードで外貨を保有している時間は短いため、スワップポイントがつくことはほとんどないでしょう。
スワップポイントはデイトレードにおいては大した意味をなさず、むしろ値幅の大きさや、短期的に動きが追いやすいかどうかが選択の判断基準になります。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16093856
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資