<スポンサードリンク>





外国為替を利用した外貨預金について


外貨預金は、外国為替を使った資産運用方法の中でも、さほど複雑ではない金融商品といえるでしょう。
長期で資産を運用したい人、また、外貨の扱いについて初心者の人でもできる取引方法といえます。
日本円で貯金をする代わりに、外国為替の状態で外貨を保有し貯金する金融商品が外貨預金です。
外貨預金の魅力としては、元本が保証されていることと、外貨の利息がつくことです。
ただ、会社毎に違う部分もあります。
外国為替を利用して外貨預金をするには、まずその時の為替比率で日本円を外貨に交換します。
預けた外貨には期間と金利によって利息がつき、引き出す時は再び日本円に戻すのが一般的な資産運用の方法です。
日本円での一般的な普通預金、定期預金と同様に、預入期間が最初から決まっているものが外貨定期預金、
自由に引き出せるものが普通外貨預金です。
基本的には、満期までの期日が経過しない限り定期預金の解約は認められません。
預け先の金融会社次第では、条件つきで中途解約が可能な外貨預金も存在もあるようです。
外貨預金は利息だけでなく、外国為替を利用して円高の時に外貨に替え、円安のときに日本円に戻すことで為替差益で資産を増やすこともできます。
預け金110万円をドル建てで外貨預金に入れる場合、預け入れ時1ドル110円ならば1万ドルを預けることになります。
満期になった時に1ドル110円が120円に上昇していた場合、手元に引き出される額は利息抜きでも120万円になります。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16200530
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資