<スポンサードリンク>





外国為替市場の通貨特長


外国為替の市場にはたくさんの通貨があり、それぞれ特長があります。
世界には数え切れない程たくさんの通貨があります。
タイバーツ、南アフリカランドなどはあまり良く知られていない通貨です。
一方、身近な通貨としてはユーロやドルなどが挙げられます。
最近は外貨預金証拠金取引FXが人気ですが、このFXでも外国為替市場をよく知り、各国通貨の特長を押さえておく必要があります。
世界の基軸通貨であるドルはアメリカで発行されている通貨で、為替では最もメジャーです。
米ドルは世界じゅうの投資や貿易に用いられる主要通貨であり、取引量も多く世界の中心通貨です。
不安要素もあり、財政赤字や経常赤字という双子の赤字や、サブプライム問題の影響も見受けられます。
そのため、かつてほど世界市場がドル中心に回っているわけではありません。
ドルに次いで高い取引量を誇り、主要通貨としての地歩を固めている通貨がユーロです。
欧州連合に加盟している国家の約半数が使用しています。
1999年の発行依頼、ユーロの取引量は年を重ねる毎に増えています。
外国為替市場で、ドルに代わる通貨と目されています。
国家経済の好調さで外国為替市場で台頭しつつある通貨がオーストラリアドル(豪ドル)とニュージーランドドル(NZドル)です。これらの通貨は取引量こそドルやユーロほどではありませんが、金利が高く先行きが好調なことから投資としてよく取引されています。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16231992
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資