<スポンサードリンク>





日経225ミニの株取引リスク


日経225ミニの魅力には、少ない元手で株取引が可能なことがあげられます。

日経225ミニによって可能なのが、資金効率のいい投資の運用だといえるでしょう。

200万、300万の株取引を50万、60万円の資金を元手に行うことがレバレッジ効果というものです。

おおよそのレバレッジの倍数は、投入した資産の何倍の取引を行うかでが決まるものです。

資金の効率がいいレバレッジによる株取引方法ですが、ハイリスク・ハイリターンになりがちであるという危険性もあるのです。

レバレッジ効果を利用している分だけに、自分の思っていたのと逆方向に相場が動いた分の含み損のふくらみ方も急激になるという危険が日経225ミニはあるのです。

日経225ミニでは損が膨らみすぎて決済する勇気が持てなくなったり、買ってからも価格が下落を続け、そこで買い足したところ更に下落という状況に陥るというリスクも考えられます。

損した額が証拠金の額を越えてしまった場合日経226ミニでは、必要証拠金を補うための不足分を新たに資金投入しなければならないというきまりがあります。

このように追加証拠金をいれるような事態が起きた時というのはきちんと資産管理や損切りができていなかった時だといえます。

ですから自分の戦略をもう一度考えなおすべきだといえるでしょう。

リスクが高いといえるのは、預けた証拠金の範囲ぎりぎりで日経225ミニを続けることだといえます。

このような追加証拠金を求められることのないように、日経225ミニの取引は余裕をもって行うことがおすすめです。

思い切って株取引を休むことも大事なリスク管理です。

危険だと判断した場合は損切りをしてしばらく様子を見るようにしましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18032555
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資