<スポンサードリンク>





インドの株ファンドを選ぶときのポイント


インド株だけではありませんが株を買うときにはやはりある程度の基準や指標などがあるでしょう。

今回はインド株を買うという前提でポイントを幾つか考えていきましょう。

まず基準価格を調べましょう。

つまり時価です。

設定日から、今までの基準価格が右肩上がりで上昇しているかどうかが重要なところです。

チャートグラフを見てみるのがわかりやすいでしょう。

また実際に運用をするのはどの程度の期間になるのかもまた重要です。

インドの国としての期待感を考えたら投資期間は長くても良いかもしれません。

さらに、純資産総額も重要です。

この額が大きい方が分散投資と安定した運用が可能になります。

総額が50億円以上で時間とともに増加していくファンドが理想的でしょう。

そして、もう一点。

手数料はとても重要です。

どんなにインド株が当たったとしても手数料が高かったらその分損をしてしまいますから。

あらかじめ手数料など必要な費用をチェックしておくことで未然にトラブルなども回避できるでしょう。

もちろん、重要になるのは株も投資信託も同じですが。

上昇していく期待のある物を買わないと意味がありません。

いくら安定していてもこれ以上の上昇が望めない株であればそれはあまり投資としては難しい物になってしまうでしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18451817
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資