<スポンサードリンク>





タイ株について


観光地として人気の高いタイ。温暖な気候や物価の安さに惹かれ、世界中の人がタイを訪れます。

そんな中、いま最も熱いのはタイ料理でもタイ式マッサージでもなく、タイの株式。

多くの投資家が、タイの株式に注目しています。

現在、着実な経済成長を遂げているタイ。

当然、株式市場も活発になっています。

タイ市場の一番の魅力は、株価が安く、配当が高いこと。

日本からでも投資できる環境が整っているのもポイントです。

タイ市場で株式取引をするには、タイの証券会社に口座を開く必要があります。

証券会社のホームページから申込書をダウンロードして、記入は英語で行います。

お金を受け取る際に小切手にするか、口座に入金してもらうかも選べますが、小切手だとバーツになるので、換金するのに手間と時間がかかります。

入金は日本に銀行から電信送金で、手数料がかかることも覚えておいてください。

タイの株式には現地人向けのローカル株、外国人向けのフォーリン株などがありますが、おすすめはNDVR。

議決権のないフォーリン株です。

ふつうのフォーリン株はローカル株に比べると割高ですが、NDVRはローカル株と同じ値段。

議決権がなくとも他の株主割当は受けられるので、問題はないでしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18918754
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資