<スポンサードリンク>





株の達人


会社を経営するためにはいろいろとお金がかかります。

その資金を出してくれた人に、会社が発行する有価証券を株式といって、持っているだけで配当金などの利益が得られます。

ですが、株式の真骨頂は売買。

日々変動する株式の値段とにらみ合い、安く買って高く売れば、その差額分儲かります。

ミニ株やネット株の登場で、株取引はとても身近なものになりました。

隣の主婦やニートが実は株の達人だった、なんていう話も珍しくはないのです。

株を始めるにあたって、まず必要になるのが銀行口座です。

普通口座では株はできません。

株式用の口座を証券会社で開設する必要があります。

口座管理料や取引手数料などを見比べて、お好みの証券会社を選びましょう。

指定の値段になったら売買する「指値」、今の値段で売買する「成行」、その週に取り引きが成立するまで同じ条件で売買を続ける「出合」といいます。

株取引は基本的にこの3種類だけです。

覚えておきましょう。

株の種類も大きく分けると、「一般株」「資産株」「仕手株」の3つです。

初心者が手を出しやすいのは一般株だと思います。

毎日変動する株価の流れを読み、一年に数回やってくる波に乗るのがコツです。

株の基本を理解したら、目指すは達人への道です。

一般株で出た儲けを資産株に費やし、配当金をいただくのもいいでしょう。

急激な高騰と下落を繰り返す仕手株に、お金を捨てるつもりで投資するのもいいかも知れません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19097003
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資