<スポンサードリンク>





日経株


日本の株式市場における株価指数の一つが、日経平均株価です。

東証一部上場企業から225銘柄を選び、その株価の単純平均を日本経済新聞が算出、発表しているものです。

225の銘柄は毎年見直され、権利落ち(権利確定日を過ぎて配当などが得られない状態)を調整しつつ、連続性のある株価の動きをはじきだします。

株式取引を行っている人は、大抵この日経平均株価をチェックしています。

たったの225銘柄で〜、なんて思ってしまうかも知れませんが、ざっくりと現在の株価を知るのにはとても便利な指数です。

ですが、日経平均を過信してはいけません。

単純平均なので、発行枚数が少なく値段の高い銘柄があると、その銘柄に大きく左右されてしまいます。

権利落ちによる調整で現実的ではない数値がでることもあるので、覚えておきましょう。

一般的な株式取引でも重要な指針となる日経平均株価ですが、ダイレクトに反映されるのが日経平均先物取引と日経255オプションです。

先物取引とは、現在の日経平均で満期日に取り引きするものです。

単純に言えば、満期日までに上がると思えば買い、下がると思えば売れば利益が出ます。

オプションは日経平均を売買する権利のことで、この権利もまた売買できます。

先物やオプションは初心者には若干イメージしづらいと思います。

もし始めるならば、しっかりと株式取引の勉強をすることが大切です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19245799
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資