<スポンサードリンク>





日本の株


日本を代表する証券取引所は、東京証券取引所です。

東証と略され、ニュースや新聞でもおなじみの企業であります。

先ほど“日本を代表する”と書いたが、日本の証券取引所は東証のみだと思っている人はいないでしょうか?

東証の他にも、大阪証券取引所、名古屋証券取引所などがあり、
特に東証、大阪、名古屋の3つを合わせて「三市場」と称されています。

日本の株式取引の中枢である東証。

1949年に東京株式取引所として誕生して以来、長らく法人であったが、2000年11月に株式会社となりました。

20006年7月には持株会社制への威光も発表しました。

ちなみに企業としての東証は、非上場です。

東証の株式市場には第一部、第二部、マザーズの3つから構成されています。

それぞれ上場の基準が異なり、最も新しい市場であるマザーズは一部二部と比べると基準がゆるく、新興企業、現在では赤字でも成長の見込める企業などが上場しています。

東証といえばジェイコム問題やライブドア・ショックが記憶に新しいでしょう。

どちらの事件も発端は別のところにありますが、東証の監視システムの不具合により被害が拡大したのも、またね事実です。

企業のみならず一般投資家にも甚大なる影響、被害を与えました。

日本で株式取引をするにあたって避けては通れない場所は、東証です。

東証上場株を基にした物価指数もあり、投資家や経済学者など、多くの人々が常に東証の動向を見守っています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19303355
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資