<スポンサードリンク>





株の配当金


株には配当金(インカムゲイン)という株主に儲けを還元するものがあります。

正確にいうと、株主が利益配当請求権に基づいて利益の分配を受け取れることです。

配当には種類があり、配当をしない【無配】、無配の企業が配当を出す【復配】、配当を減らす【減配】、配当を増やす【増配】の4つがあります。

配当金にも種類があり、一般的な【普通配当】、企業の業績が増益した期に配当される【特別配当】、会社の創立記念や上場時に増額する【記念配当】があります。

また、配当が年に1回のところもあれば中間配当といった、2回に分ける企業もあります。

株主が配当金を貰う為に必要なことは、権利確定日に株を所有していないといけないということです。

株の保有期間はまったく関係なく、極端なことを言ってしまえば、
権利確定日だけ株を所有していればいいのです。

しかし、権利確定日に株主になるには、最低でも権利確定日の4営業日前までに株を購入しなければいけません。

株主の名簿に載るまでに時間がかかるため、それ以降に株を購入しても権利落ち日になってしまい、配当金が得られなくなってしまいます。

また、配当の権利がなくなる翌日に株価が急激に下落してしまい、
配当金よりも下がってしまうと損をしてしまうことが多いようです。

権利を取った後は、株主総会決議の通知と一緒に通知書が送られてきます。

その通知を持って郵便局や銀行に持っていくと換金できます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/20234732
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資