<スポンサードリンク>





株式のデイトレについて


デイトレードとは、一日に何度も取引を行い、細かく利益を得ていく株式の取引手法です。

一日のうちに売買を完了させる方法なので次の日に持ちこすことはありません。

デイトレードという言葉が有名になる前から、同義語の日計り商いというものがありましたが、売買手数料が高かったため株主の間ではあまり浸透していませんでした。

しかし、手数料が自由化されてからは売買手数料が値下げされ、デイトレードに注目が集まり始めたのです。

最近ではネット証券の普及に伴って、多くの個人投資家がデイトレードをしています。

デイトレードのメリットは以下の通りです。

・経済や金融等の知識をあまり必要としない為、株初心者でも入り やすい

・デイトレードの基本である『その日に買った株はその日に売る』 を守っていれば 海外の相場変動・悪いニュース…等に影響され るというリスクは回避できる

・長期の値動きよりも、数分後の値動きの方が予想し易い。

しかし、逆に大きなリスクを負う可能性も高くなります。

大きな利益を追うためには、値動きの激しい銘柄を選ばなくてはいけません。

株価が下がりはじめていても『これから上がるかもしれない』と思っていると大きな損失を負ってしまう事があります。

自分自身の心理をコントロールする冷静な判断が必要なようです。

短い時間の取引なので楽そうと思われがちですが、次に狙う銘柄の選別や、株価の動き、出来高などをチェックし、明日に備えるのです。

株式投資に費やす時間は思っている以上に多く、神経を使うようです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/20352842
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資