<スポンサードリンク>





日経225ミニで株取引をする


日経225ミニは、日経平均株価を元にした指数先物取引を、通常の10分の1規模で行う商品を指します。

2006年7月から始まった取引で、個別の銘柄を選ぶ必要がないというシンプルな商品になっており、少ない資金で取引をすることができる特徴があります。

日経225ミニは、それ以前から取引が行われていた日経225先物取引の小規模版として登場した商品であるため、「ミニ」と呼ばれています。

日経225ミニは、日経平均株価指数を取引対象にした商品で、株価指数先物取引というカテゴリーに入ります。

取引対象になっている日経平均株価は、特定の企業の株価を指すものではなく、日本の株式市場全体の流れや動きを表すもので、ニュースなどで毎日のように報道されています。

東京証券取引所に上場している企業のうち主要225銘柄を対象として算出されるものが日経平均株価で、東証株価指数と並んで日本を代表する株価指数となっています。

日経225ミニの最小取引単位は、日経平均株価の100倍を基準にしています。

日経平均株価が14,000円の時に取引するなら、日経225ミニを1枚の取引価格は14,000円×100=140万円ということになります。

相場が動いたことで平均株価が10円高くなった場合、千円の利益が出ます。

低い価格で買ったものを高値で売るか、高い価格で売ったものを安値で買い戻すかすることで利益を出していきます。

日経225ミニを実際に取引するため必要な資金ですが、先ほどの例で140万円そのものが必要となるかというとそうではありません。

日経225ミニは証拠金取引で行いますから、50万円程度の証拠金があれば取引を始めることが可能なのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/20930069
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資