<スポンサードリンク>





fxとチャート


fx(Foreign Exchange)とは外国為替取引を略称したものですが、最近個人投資家の間でよく使われるfx という言葉は、「外国為替証拠金取引」という意味で使われています。

fxの用語の中にチャートというものがあります。

このチャートとは、過去の株価の推移を記録してグラフに表したものです。

fxのチャートでは、ローソク線(ローソク足)が用いられるのが一般的で、日足チャート・週足チャート・月足チャートがあります。

fxの投資家たちはこのチャートを分析して、将来の価格の変動を読み取っていきます。

このようにfxをやっていく上でチャートは非常に重要なものです。

では、このローソク足とはどのようなものでしょう。

朝一番についた「始値」、その日最後についた値段を「終値」、その日1日で一番高い値段を「高値」、一番安い値段を「安値」といいい、これらを総称して「4本値」といいます。

fxのチャートで用いられるローソク足は、この「4本値」が一目で
分かるようになっており、見た目がローソクにそっくりなので、この名前がつきました。

また、上昇で取引きを終えた場合は赤か白、下落で取引きを終えた場合は青か黒でローソクの胴体を表示します。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22106346
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資