<スポンサードリンク>





株とは


株とは、会社が経営するために、必要になってくるお金を、一般の人から集めることを言います。

このお金を集めることで、会社は株を発行します。

そして発行して、お金を支払ってくれた人のことは株主といいます。

株主から集めた資金で、会社を大きくしたり、会社に新たしい設備を入れたりしながら、業務業績などが上がることを言います。

株を買う投資家は、株を選んで、自分が買った株に投資をするわけですが、会社の業績もよくて安定した経営で、なおかつ安定しているような業績の会社の株を選んで買うことになります。

人気がある株は株の値段が上がって利益につながりますから、そんな株を買って投資するのが利益を上げやすいことにつながります。

株を出した会社は、一度株を出せば、株権は資金を集めるための方法としてかなり有効的です。

長期的に保有してくれる株主が大勢いることで、会社の資金が安定したと言ってもいいことになります。

一方で投資家の目から見てみれば株を買って、会社の株主になれば、業績がいい時には、利益ももらえますし、配当金などももらえることになりますから、株の値上がりで自分にとってもメリットがあります。

しかし株は一度買えばそれで終わりではありません。

自由に自分が手放したいタイミングで売れるというメリットもあります。

他の株を買ってもいいですし、株をやっていて、途中でやめて現金にしてもいいということになります。

株というのは、元本保証があるわけではありませんから、利益を得られる半面、もしかして株の投資をしている会社が、倒産したり何かあった場合にには株の価値がなくなってしまいます。

そんなことになれば、いくら投資していても、何の価値もない株になって大損してしまいますので十分に注意しましょう。

株を始めるにあたっては、そんなトラブルや大損をしないためにも、株を慎重に選び、運用方法も考えて、どれくらいの期間で運用するのかという点などもしっかりと考えたうえで株取引を行うようにしましょう。

株は取り引きの経験が長くなったり知識があれば、リスクも低く下げることもできますし、普通に銀行に貯金しておくよりも、利益を上げることができます。

利益率も高いですし、貯金するよりもメリットは大きいですから、それが株の魅力です。

しかし先ほども言いましたが、元本保証が一切ないので、その点についてはよく理解したうえで取引を始めないと、安易な気持ちで初めてしまうと損をしてしまいます。
投稿者 銭ゲバ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30391569
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資