<スポンサードリンク>





日経平均株価とは


日経平均株価という言葉は、株取引を始めれば、必ず出てくる言葉ですし、必ず確認しておかなくてはいけない言葉です。

日経平均株価というのは、株式指数と言われていて、日本の株式市場の平均の数値と考えていいでしょう。

日経平均を1週間という決められた期間で見て、そして1ヵ月単位でみるなど、色々と期間を変えてみて、個別のそれぞれの銘柄を見ているだけではあまり株の動きがわからない場合にも、株市場がいまいい状態なのか悪い状態なのか、全体を見て把握することができるようになります。

日経平均株価という言葉の最初についている、日経という言葉ですが、これは日本経済新聞のことです。

日本経済新聞が株価の平均を出しているということになるのですが全部で225の銘柄の平均を計算して出しているのです。

この225の銘柄は毎年決められた銘柄というわけではなくて、大きな企業で優良企業、そして流動性が高いと思われる企業の株の銘柄を選んで決めています。

そして少しでも正確に、日経平均株価を出したいと考えているために、随時日経平均株価の225銘柄というのは入れ替えも行われているのです。

日経平均株価という呼び方もありますが、日経225とい略してよばれることもあります。

日経平均株価を導入して計算するという方法については、チャールズ・ダウという人がいるのですが、この人が設立した、経済関係の本を扱っている出版社のダウ・ジョーンズという会社が最初に考えて提案したことから始まりました。

1975年に、日本経済新聞が、この計算方法について、アメリカのダウ・ジョーンズ社からとりいれたのが始まりです。

導入したての時には、日経ダウというような呼び方もされていたのですが、ここ数年は、日経平均株価という名前で呼んでいる方が多く、日経ダウという呼び方は最近はしていません。

日経平均株価は、権利落ちや増資といったことの、株の断層を治すために、以前の物と現在の株価をとても明確に比較しやすいように直してあります。

単純株価平均で見た場合には、数十円位しか変化していないのに、日経平均株価の指数でみてみると、数百円の動きがるというようなケースもあるのですが、日経平均株価は値の動きが若干荒くそれほど精密に計算されていないということがこれでよくわかりますので、その点も頭に入れたうえで、株取引の際には、日経平均株価もチェックしながら取引を進めていくと損をしない、リスクを下げることにも役立つのではないでしょうか。

投稿者 銭ゲバ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30467253
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資