<スポンサードリンク>





株主総会とは


株主総会とは、株を持っている人が集まる会のことを言います。

会社に出資している株主が集まる会を株主総会というのですが、毎年6月ごろに行う会社が一般的には多いとされています。

株主総会では具体的には何を話し合うのでしょうか。

株主総会では会社の決算内容を株主みんなで承認をします。

そして会社の定款が変わったり、取締役や監査役などが変わるという場合には、選んだりすることも、この株主総会で実施します。

株主総会によく似ていることに、取締役会というのがありますが、これは会社の業務内容などを決めますが、株主総会の場合には、会社の経営に関わる重要なことなどを株主の前でしっかりと取り決めるという大切な会です。

会社の株を持っているということは、その会社に出資している、ということになり、会社の経営にも口を出してもいい権利を持っているということになります。

ですから株主総会に参加することでその会社の経営について、しっかりと把握することができるようになります。

株主総会は、どうすれば参加できるのでしょうか。

株主優待の時のように条件があるのか見て行きましょう。

株主総会に参加したいと思っている人は、単元株を持っていれば、誰でも出ることが可能です。

単元株の株主には、会社から、株主総会招集通知の連絡が届くと思いますから、そちらが届けば、株主総会に参加できるという資格があるということになります。

今株よりも手軽に購入できる投資商品に、ミニ株というのがありますが、このミニ株を持っている人は、株主ではありますが残念ながら参加できないことになっています。

株主総会に参加した場合には1単元株に対して、1議決権がもらえることになっています。

ということは、簡単に言ってしまうと株をたくさん持っていれば持っているほど、株主として、議決権が強いということになりますから、会社の経営に口を出しやすくなる、経営に影響を与えることができるようになるということになります。

株主総会は必ずしも出席しなければいけないというわけではありませんが、お金を出して会社の株を買って投資しているわけですから、その会社の経営についての今後や、今の業績などについては把握しておく必要があります。

ですから、真剣に投資をしているという人の場合には、毎年参加しているという人が多いですが、株主優待目当てなどで株の投資を行っているという人の場合には、あまり参加しないようですから人それぞれ色々です。

投稿者 銭ゲバ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31022016
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資