<スポンサードリンク>





株式分割とは


株式分割とは、会社が自分の会社の株式1株を、いくつか複数に分割することを言います。

1株が分割されて複数になれば、株の数が増えることになります。

1株が2株に分割した場合には、例えば、10株持っていたという株主の場合には、お金を追加で出さなくても、20株持っているということになり、今までもっていた株の倍株を保有することになるのに、追加の投資が必要ありません。

ですが、株価がそのままで株数だけ2倍になるというわけではなく、株の値段は2分の1になってしまいますから、結局は株の投資している金額的には変わらないことになります。

それでは、なぜ会社は株式分割をするのでしょうか。

株式分割をすることの目的としては、株式分割をすれば、自分の会社の株価が必然的に下がります。

自分の会社の株価が下がれば、株が買いやすくなるのです。

1株例えば100万円の値段が付けられていれば、あまり手を出す人も少ないと思いますが、それが1株10万円に下がれば、株を始めようと思って自分のところの株を買ってもらう人が増える、株主が増える、投資してもらえる、すなわち会社の経営資金を集めることにつながるというわけです。

株式分割をしてまで株を買いやすくして、少しでも株主を増やしたいというのが、株主分割の目的なのです。

株式分割というのは株式分割した日にすぐに株の数が変わるということではありません。

株式分割の増えた分の株を実際に受け取るというのは、株式分割を行ってから、だいたい2ヶ月後ということになりますので、増えた分の株を売ることができるのも、必然的に2か月先ということになります。

株式分割前から持っていた株があった場合には、この株はいつのタイミングで売却しても大丈夫です。

たとえば10株持っていて、株式分割が行われて20株になったという場合には、その時点では、最初に持っていた10株しか売却することができず、増えた分の10株というのは、2ヶ月後の確定してからしか、売却出来ないことになっています。

株式分割をしたことで、株主にとっては特にメリットもデメリットもないと思いますが、株の価値が半分になりますので、すぐにでも売りたいと思っていた場合には、時間差が出てくる可能性があるという点がデメリットになるのではないでしょうか。

会社にとっては、株式分割をしてまでも、株主を少しでも出来るだけ多く集めることができるというメリットがあります。

株式分割をして株主を増やせば、経営資金を集めやすくなるのです。

投稿者 銭ゲバ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31061517
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資