<スポンサードリンク>





新規公開株


新規公開株とは、株式公開を今までしていなかった会社が、新たに株式公開をすることを言います。

株の新規公開を新規公開株と呼んでいるのですが、株式市場に今まで上場していなかった会社が、新しく株を公開することを言うのです。

英語で言えば、Intial PblicOfferingという言葉で呼ばれているのですが、アルファベットの頭文字だけをとって、IPOといった名前で呼ばれていることもあります。

新規公開株を出すためには会社の業績も安定していなければいけませんし、これからの将来性などもある程度安定していなければ上場されません。

上場させるためには基準があり、その基準を満たして初めて東京証券取引所、ジャスダックといった株式市場に上場されることになるのです。

東京証券取引所は1部と2部に分かれていて、そのほかの東証マザーズというような市場もあります。

上場する際の基準がそれぞれ違っていてこの三つの中で、一番基準が高く、厳しいのは、東証1部と言われています。

次いで2部、マザーズという順番に上場基準は低くなっています。

会社が今まで株を公開していなかったのに、新規公開株を発表する目的としては、会社の経営資金を簡単に集めたいと思ったから、そして社会的な認知度をアップさせたり、信用を持ちたいと思ったから、上場企業なら優秀な人材が来てくれるといったことを目的として新規公開株を発表します。

公開株を発表した会社というのは、公開会社という名前で呼ばれることになって、企業の中の情報などを開示しなければいけなくなります。

株の新規公開は二つの方法によって行われます。

募集して行われる場合と、売りだして行われる場合の二つがあります。

募集というのは、新しい株を発行して、株式市場から経営資金をもらうという流れで、株主を増やしたいと思った会社が多くつかい方法です。

もう一つの売り出しという方法は、すでに株主がいて、その株主が持っている、発行済みの株を、投資家に売り出す方法です。

株の新規公開では、募集と売り出しと両方とも一緒に行われることもあり、どちらかというよりは一緒に行われることの方が多いのが特徴です。

新規公開株はかなり魅力的な株といってもいいでしょう。

というのも、公募価格よりも、かなり初値が高くなるケースが多いと言われています。

公募価格が10万円だった場合に、実際の初値は、50万円、60万円になるということもよくありますから、新規公開株を狙って株に投資すれば、短期間で資産を増やすことができます。

ですが、この新規公開株の値段が安定する2か月くらいの期間は、株の値段がかなり乱れますから、株初心者には少し難しいでしょう。

投稿者 銭ゲバ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31135465
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資