<スポンサードリンク>





株の分割投資とは


株の分割投資は、ポートフォリオという言葉でもよばれているのですが、これはどういったことを意味しているのでしょうか。

株の分割投資、それは、資産を分けるという意味合いで使われています。

株に投資をするという場合には、分割して投資をするというのがいいようです。

株の分割投資は、投資のリスクがかなり下がりますし、利益をさらにアップさせることにもつながりますから、できれば株を始めるという場合には分割投資をすることをお勧めします。

株の分割投資をすることのメリットとしては、色々な資産を一括管理するメリットがあります。

分割投資というのはそもそも、資産を色々な金融商品に分けて資産運用することを言います。

資産をすべて株に投資するのではなく、FXに投資するのではなく、銀行に貯金したり、債権や株にしたり投資をしたり、といったように色々と資産運用のスタイルを分けて投資することを言います。

分散投資すればなぜリスクが下がるのでしょうか。

分散投資するということは、例えば、銀行の貯金の金利が下がって、利回りが全く出なかったとしても、金利が下がれば株の値段は自然に上がる傾向にありますので、株を持っていれば、株の方で利益が出るので、資産を失うことや損をするということがないのです。

株の分散投資は、金融商品を色々と持つということ以外に、株に投資するにしても色々な株の銘柄に投資をするということにも当てはまります。

一つの株に集中して投資してしまえば、その銘柄の株価が下がってしまったり、万が一倒産ということになってしまえば、その投資していた資産はなくなってしまいます。

しかし、一千万円あったとして、半分をAという株の銘柄へ、そして半分をBという株の銘柄に投資しておけば、Aの株価が下がってしまってもBの株価が上がれば問題ないということになります。

株の銘柄を選ぶ際に、分散投資を考えるのであれば、つながりのない株の銘柄を選ぶのがお勧めです。

たとえばトヨタの株と、日産の株を持っているとしたら、別々の株ではありますが、自動車業界には変わりがありませんから、自動車業界に何か株価に影響が起きるようなことがあり不調になってしまったら、別の銘柄であっても、株価が下がってしまいます。

ですから、食品会社と、自動車会社の株を持つなど、あまりつながりのない業界の株を分散投資して持つことがお勧めではないでしょうか。

分散投資をする目的はリスクを少しでも減らすことにあるので、良く覚えておきましょう。

投稿者 銭ゲバ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31160772
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資