<スポンサードリンク>





株と証券会社


株取り引きには証券会社を通じて行うことになりますが、万が一証券会社が倒産してしまったらどうなるでしょうか。

証券会社が倒産してしまった場合には、会社が倒産したときと同じで、株の価値もなくなって、今までの投資が水の泡になると思っている人もいるかもしれませんが、そうではありません。

株の取引を行っている証券会社が倒産してしまったとしても、持っている株の価値などには影響は出ません。

証券会社というのは、会社と株主の株取引の間に入っているだけですから、証券会社が倒産してしまったとしても、特に株そのものに影響は出ないのです。

証券会社を通して会社から株を買うことになるのですが、株そのものは、証券会社が持っているということではありません。

株式会社証券保管振替機構という場所があるのですが、略してほふりと言う場所に株というのは預けられていますから、万が一証券会社が倒産したり不渡りを出してしまったという場合でも、株が強制執行のターゲットになったために価値がなくなるとか、株主が損をするというようなことにはならないのが株のシステムです。

破産してしまった証券会社の財産そのものというのは強制執行されてしまうのですが、それは株取引をしていた人には何ら問題がありません。

顧客から預かっていたお金や、株というのは強制執行ではターゲットにならないので資産は守られるというわけです。

証券会社が万が一倒産してしまったという場合には、このほふりと言う期間から株を受け渡されますので、新たにこれから取引仲介に入ってもらうための証券会社を選んで、そちらに移管することになるのです。

証券会社に預けていた口座の中に合った資金については、証券会社の倒産の影響を受けるのかと不安になる人も多いと思いますが、こちらの資産についても、証券会社そのものの経営資金とはきちんと分けて管理されている仕組みです。

分別管理といいますが、顧客から預かったお金と証券会社の運営資金というのは別々で管理されていますから、倒産してしまったからと言って、預けていたお金が、資産も倒産とともになくなるということはありませんので安心して大丈夫です。

こちらの資金については、投資家保護基金というところがあり1000万円しか保証してもらえませんが、1000万円までなら保障してもらえますから、万が一に証券会社が倒産してしまったとしても、それほど慌てることはないので安心してください。

投稿者 銭ゲバ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31277799
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資