<スポンサードリンク>





株を買う


株を買う方法は色々とあります。

今一番株の買い方として利用している人が多いのはインターネット上で購入するという方法です。

株をインターネット上で買うことをネットトレードという呼び方をしていますが、この方法ならリアルタイムに株の売買が可能なので利用している人が一番多いと言われています。

株を買うネットトレードの方法は他の株の買い方の中でも一番手数料が安いですし、手軽に自分でパソコンや携帯電話などのモバイルがあれば出来てしまうことが魅力として挙げられます。

今は、株を仕事として本職にして、ネットトレードで生計を立てている人も多く、こういった人はデイトレーダーという名前で呼ばれていますが、デイトレーダーが増えたのも、インターネットのトレードが可能になったのがきかっけでした。

インターネットで株を買うことができるようになったことは、株を始める個人投資家を増やしたことにもつながります。

従来は証券会社に電話をかけたり自分で証券会社に行って株を買う方法しかなかったので、なかなか、株というのは敷居が高いと思っていた人も多かったと思います。

しかし自分の手によって、自宅に居ながらにしてパソコン一つで株を買うことができるようになった手軽さから、株取り引きを行う人が増えたと言われているのです。

株を購入する方法としては、今はインターネットを使ったネットトレードが人気がありますが、それぞれネットで購入するメリットデメリットがあります。インターネットで株を購入する場合には、手軽に出来ますし、リアルタイムで株の動きを確認しながら売買できるというメリットがあります。

しかしデメリットとしては、パソコンが使えなければ意味がありませんし、株取引を従来やっていたであろう年代の人たちにとってパソコンの操作というのはそれ自体がまず難しいと感じる人がいて、結局パソコンでのトレードをするに至らない人もいるのです。

電話や証券会社へ出向いて株を直接買うという方法のメリットとしては、証券マンに話を聞きながらアドバイスを受けて株の売買ができますから、初心者や株取引が不安な人にとってはいいと思います。

しかしデメリットとしては、やはりこうして電話で注文している間にも株の動きはありますし、リアルタイムで売買できるのかという点に関しては、ネットトレードよりもはるかに時間差が出てしまうというデメリットがあげられるのです。

それぞれのメリットデメリットをよく理解して株を買いましょう。

投稿者 銭ゲバ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31305574
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資