<スポンサードリンク>





株の空売り


株の取り引きの中に信用取引というものがありますが、そこで出てくるのが空売りです。

空売りは信用取引の種類の一つなのですが、トレーダーの注文によっては証券会社が株を調達してきます。

この調達してきた株を売ることを空売りと呼んでいます。

簡単に言えば、自分が持っていない株を売って買い戻すことを空売りと言います。

自分が持っていない株、つまり証券会社から借りた株を買い戻して返すことを表しています。

借りてきた株を売った時点で株の値段が、買ったときよりも後から下落することを予想して取引を行うのですが、株の値段の下落幅が、そのまま利益ということになります。

初心者にとっては少しわかりにくいこともあるのですが、例えば、10万円で株の空売りをしたという場合に、後々9万円に株価が下がったとしてください。

10万円から1万円下がったので、9万円の時に株を買い戻して証券会社に株を返すことで、1万円利益を受け取ることができるというわけです。

株の値段が必ず下がるケースばかりではありませんから、もしかすると株の値段が売ったときよりも上がってしまうこともあるのですが、上がってしまった場合には、株の値段が上がった分が、そのまま損益になります。

10万円で空売りした株が、11万円に上がってしまえば、買い戻したときには1万円損をしたことになります。

空売りは通常の株の値段が上がれば利益がもらえる買いの取引とは逆で、下がれば利益につながる取引の方法を言います。

株の空売りは、株の値段が下がっても利益を出すことができるので、投資家にとってはピンチをチャンスに変えることができるのですが、空売りばかりが増えてしまったら、売りが売りをつなげることになって、さらに株価が下がってしまうことになって、株式市場が縮小する可能性もあるので、十分に注意しましょう。

空売りをする場合の注意点としては、空売りをした人が株の値段が上がって損を出すことに耐えられなくなった場合に、株を買い戻すことがありますが、その影響で株の値段が上がることがあります。

これは踏み上げと呼ばれているのですが、株価の急騰につながると言われています。

今まで下がっていて株価が下落して、信用売りの債務が膨らんだ会社に、空売りをすれば、思ってもみないくらいに損失が出てしまうこともあるので、踏み上げに影響されないように、株取引を行うことがポイントです。

初心者の場合には、少し複雑なので、慣れるまで、やらない方が無難です。

投稿者 銭ゲバ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33645303
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資