<スポンサードリンク>





株の投資法


株の投資方法は1種類ではありません。

株の買い方や売り方というのは色々と種類がありますので、株をどれくらいの期間もつのか、株の売買のタイミングによっても、株の投資方法というのは違ってきます。

株を短い時間で売買する方法の中で、一番短い時間で取引することは、スキャルピングと呼ばれています。

このスキャルピングという言葉は、ネイティブアメリカンが、元々敵の頭皮を、戦いで勝ったらそいでいたことからきている由来です。

薄く頭皮を剥ぐことを意味しているスキャルピングという手法は、数秒や数分で株の売買を完了してしまう投資の方法という意味合いで使われています。

このスキャルピングという株の売買の方法というのは、意外と利益が少ないですし、もしも予想通りにいかなければ、たった数分数秒でも、損害が出て大きく含んでしまうので、あまり初心者にはおすすめ出来ない方法です。

株の投資の方法に、デイトレードという方法があり、デイトレードは聞いたことがある人も多いと思いますが、これは1日単位で株の売買を完了させる短期投資の方法です。

デイトレードは取引をしている間、パソコンの前にずっと座って画面に張り付いていなければいけませんから、普段仕事をしているサラリーマンなどはできない投資方法です。

株の動きが少しでも動いたらすぐに注文を出して売買を繰り返して利益を出すという方法で、1日で完結した取引をすることになりますので、次の日に株の値段が大きく下がって損が出るというようなことはない投資方法です。

他にも株の投資方法には、スイングトレードと呼ばれる方法があります。

スイングトレードという方法は、2日から1週間といった単位で、株の売買を行うます。

ですから、デイトレードでは普段仕事をしている人は、株の取り引きでパソコンに張り付いていられなかったという人も、スイングトレードなら、できるという人も多いのです。

スイングトレードでは、かなり大きな利益をあげられる投資の方法として知られていて、過去に20代で株のスイングトレードを行って、100億円稼いだ人もいると言われている幻の投資方法です。

そして最後の投資方法としてはポジショントレードという方法があります。

株のポジショントレードは、数週間―数か月単位で株取引をするという方法で、長期的に株の取引を行います。

株の相場がいい場合には、ポジショントレードは有効的な投資方法なのですが、株の相場がいまいちな時には、損害が膨らむこともあるので注意しましょう。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子  
[PR] 保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識 |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34231514
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資