<スポンサードリンク>





株の追証


株取引をしていると、株の追証と言う言葉が出てくると思いますが、この追証と言うのは、証券会社にお金を預けるお金が、信用買いや信用売りをしたときに損をしたことで、減ってしまったことから、足りなくなる場合がありますが、その場合に足らなくなったお金を追加で証券会社に入れることを言います。

追加保証金と言う言葉を略して追証と言います。

簡単に行ってみると、信用取引に使うお金と、預け入れているお金の彩さんが合わなくなったので、足りないものをお金を増やすと言うことになります。

これは自分で気がつかない人が多いので、証券会社から、お金を追加してくれるように、連絡が入りますので、その連絡が入ったらお金を追加しないといけません。

信用売りや信用取引だけにこの株の追証と言うのは行われるので、現物取引をするという場合には、ありません。

どんなくらい損害が出ると保証金がどれくらいの量が減るのかと言うと、それについては初心者にとってはわからないと思います。

どれくらいの損が出てお金がどれくらい減るのか、それは、だいたい最低保証金維持率と言うのは、20%と決められています。

ですから、証券会社は、最低保証金維持率の20%を切れば目安に連絡が入ると言うことになります。

具体的に例を挙げて見ると、50万円委託保証金を入れていったとして、限度額の100万円分を株の保証金維持率として預けていて、信用買いすることになります。

委託保証金の金額を建て玉で割ったときに出た数字が、維持率と言うことになります。

維持率が20%を切ってしまったら、証拠金を追加で預けなければいけないことになります。

株の追証が出た場合には、追証が出てしまった日を合わせて3営業日の12時までに足りなくなった分の委託保証金を証券会社に預け入れることになっています。

証券会社によっては、違っているのでよく確認しておきましょう。

もしもここで、株の追証のお金を入れることができなくなってしまったら、どうなるのでしょうか。

これは株の主の思いとは関係なしに、反対売買が行われて、強制決済が行われ、損失の確定になります。

株主にとって強制決済と言うのは、自分の意思とは関係なしに、売買することになりますので損害につながります。

株取引で初心者は失敗しやすいと思いますが、追証の連絡が来るまで放っておかずに、それまでに損切りをするということを行った方が損害を減らすことができると思いますので、損切りをした方がいいでしょう。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子  
[PR] 保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識 |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34231612
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資