<スポンサードリンク>





株のチャート


株のチャートは色々な種類があります。

まず株のチャートと言うのは、罫線とも言われているのですが、これは株の値段の動きがとてもよくわかるグラフになります。

チャートを分析することは、必ず株取引を行う際には必要に安ってきます。

株の値段が国の経済状況や会社の業績などに影響を与えているので、これをわかりやすくチャートにしたものを見れば、一目でこれからの株の動きがわかりますし、株の値段がこれからどう上がっていくのかと言うことが分かっていくと思います。

チャートと言うのはいつから始まったのかと言うと、日本では江戸時代に始まりました。

チャートには種類が色々とあります。とめ足と呼ばれるチャート、棒足、ローソク足と言った種類があります。

株のチャートの種類で、止め足と言うのは一番初心者でもわかりやすいと言われています。

これは日々の終値や週末や月末などの決まった日の終値を表しています。

止め足を見れば、株の値段だけでなく円の相場にも使われていますし、商品の相場などにも使われています。

そして株のチャートの棒足と言うのは、1日や1週間、1ヵ月といった基幹の高値と安値をチャートとして棒グラフにしたものです。

決められた期間の中で株がどうやって動いたのか、その株の値段を、チャートを見ればすぐにわかるようになるのです。

チャートの種類の株のローソク足と言うのは、一番良くつかわれているチャートです。

ローソクみたいに見えることでローソク足チャートと言う名前で呼ばれているのですが、これは、情報が4つから成り立っています。

ローソク足チャートの情報と言うのは、始値、終値、高値と安値のこの四つから成り立っていて、株の人気の動きなどを見ることができるチャートになっています。

株取引を始めるにあたっては、チャートの動きを見ておくことが一番大切です。

予想をして株の動きが今後どうなるのか、世界の情勢や国内の経済、そして値段の動きなど、様々なことを見ることができるのが株のチャートです。

初心者にとっては、チャートの見方と言うのは難しくて、良く分からないこともあるかもしれませんが、慣れてくれば、一目で動きを読むことができますので、とても便利なツールになるのではないでしょうか。

証券会社などの機能やツールでも、チャートをすぐにみることができるので、最大限利用して、株の予想に役立てて、少しでも利益が出るようになれば株取り引きがスムーズにできるようになります。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子 
 
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34231641
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資