<スポンサードリンク>





株と余裕資金


株を始める際には余裕資金を使って行うようにしましょう。

株を行う際の資金は、どんなお金だかは、人それぞれ違っているのでわかりません。

それが今まで貯めてきた大事なお金かもしれませんし、もしかすると、定期貯金をおろしたお金なのかも知れません。

しかし株取り引きをおこなう際には、余裕資金を使って行うのが一番安全です。

余裕資金というのは、余裕のある資金のことを言います。

そのお金がもしもなくなったとしても、生活に関係がないというお金で、そのお金が万が一リスクを負って0になったとしても、諦めがつくお金、そのお金は当分は使わないので、今投資しても困らないお金。

このように、生活資金でもなく資金に余裕があり、そしてリスクを背負ってもあきらめられる気持ちに余裕のあるお金で、そしてそのお金はすぐに使うこともないので、時間的にもお金に余裕があるお金のことを余裕資金と言います。

もしも今例を挙げた中で、どれか一つでも余裕がないような場合には、それは株にまわすのに向いていないお金です。

たとえば、リスクにさらされてもよくて、生活資金として困らないというお金であっても、2ヶ月後に、必要なお金だと決まっている場合には、株の投資に使ってもいいというお金ではありません。

生活費を株の投資に使うという人はほとんどいないと思います。

しかし数か月後までは使わないので、それまで株取引を行って、少しでもお金が降ればいいと思っている人もいると思います。

しかしこれはよくありません。時間が気合っている資金というのは、株の取り引きに使えないのです。

インタネットで株取引を行うという人の場合には、意外と損切りをするのが難しくて、何年も株価が上がらずに手放したくても手放せないようなそんな意味も価値もない株になってしまいます。

株投資をするのに向いているお金は、生活に影響を与えないお金で、そして万が一、損をして0になってしまった場合でも、諦めがつく、納得のいくお金で、時間的にいつまでしか使えないという期限が付けられていないお金を使うことが大切です。

それが余裕資金です。株投資には、余裕資金を使うこと、それが大切です。

株投資は数年前に比べると手軽にできるようになり、ネットでパソコンのクリック一つで取引可能になっているので、手軽に始めてしまう人も多いですが、始める際の資金としては、余裕資金を使うこと、それだけは守らなくてはいけないことを覚えておきましょう。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子  
[PR]

保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34304352
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資