<スポンサードリンク>





株のテクニカル分析


株のテクニカル分析という言葉を聞いたことがあるという人は多いと思いますが、テクニカル分析をして株がこれからどう動くのか方向性を知ることになります。

株のテクニカル分析をすることによって動きや株のパターンなどが分かってくると思います。

株の長期保有の場合の方向性、現在の株のポジション、そして今の株のポジションはどこを向いているのかというようなことをテクニカル分析では知ることができます。

今紹介したポイント3つに視点を合わせて、判断をする基礎にします。

上がるのか下がるのか、そして天井なのか底値なのかということなども株の敵にかる分析ではわかるようになると思います。

株のテクニカル分析では、もっと大事なことがあり、株の分析から、株の動きを把握できるようになった場合でも、自分が予測した動きと逆の動きをしてしまったという場合には、ロストカットをしなければいけません。

そして利益が出たら利食いをするというように、精神的にも強くならなければなかなか株取り引きで利益を上げるということは難しいと言われています。

株取引というのはなかなか精神的にも鍛えなければいけない面があるんですね。

精神面で強くなれば、損を出してしまったときでも、損切りをするというルールをあらかじめ自分で決めておくことで、損をこれ以上増やさないことにつながります。

リスクを最小限にしておけば、利益さえ出ていれば、株は手元に残りますから、利益はどんどん増えて行きます。

利益を出してもなかなかロストカットするという勇気がでなくてロストカットしなかったという人もいます。

ロストカットをしなければ、損が増えてしまうという可能性もありますので、ここは思い切ってテクニカル分析で、良く考えた上で、ロストカットしてリスクを最小限にとどめることが一番大切です。

テクニカル分析ではロストカットのルールを決めることが大切です。

株で取引をしている人というのは、色々と自分の中でルールを決めて利益を手にしています。

テクニカル分析をして、色々とチャートを自分で判断できるようになった場合には、実践でも力が付いてくると思います。

ロストカットを行う勇気をもつこと、それが大切です。

どんな相場になったとしても、自分の決めたルールはいかなる場合も、従うこと、それが一番大切なことになり、テクニカル分析を行う際でもルールを曲げることが内容にして行きましょう。

そうすることで損を最小限に抑えることができます。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子
  
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34682075
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資