<スポンサードリンク>





IPOとは?


IPOとは、正式にはInitial(最初の) Public(公開の) Offering(売り物)のことで、それぞれの単語の最初の文字をつなげて、IPOと呼ばれています。

これは、まだ株式市場に上場されていない会社の株式の売買を可能にすることで、一般的には通常、上場に伴って公募の増資や、株式の売出を伴います。

以前は、日本証券業協会(JASDAQ)の登録銘柄となることを、上場と区分していたのですが、ジャスダック証券取引所が発足するとともに、現在ではその区分は廃されています。

未上場企業にとって、新規に株式を証券取引所に上場し、投資家に株式を取得してもらう、というこのIPOのシステムは大きな利益と信用を生むことができます。

つまり、企業にとっては株式を上場することによって、直接金融市場から広く資金調達することが可能となりますし、また知名度が上がって、会社自体の社会的な信用を高めることもできます。

こういった利点からここ数年、株式の新規公開を行う企業が急増しており、IPO自体が非常に注目されています。

もちろん企業にとってだけではなく、一般の投資家にとっても利点があるからIPOが指示されているという点も見逃すことはできません。

ではIPOが投資家にもたらす利点とは具体的にどんなものがあるのでしょう。

順に見ていきたいと思います。

まず大きな魅力は何といっても取得に際し、手数料がかからないと言うことでしょう。

さらに絶対だとは言い切れませんが、株式上場後に、株価が大きく跳ね上がっている銘柄が多い、と言うこともあります。

また、IPOの際の価格が割安に設定されている場合が多い、と言うことも魅力でしょう。

もう一つ付け加えるならばIPOを行う企業には、社歴の浅い、俗に言う、新興企業と呼ばれるものが多く、これはつまり、上場後の業務の急激な拡大が期待できる、と言うことも挙げられるでしょう。

特に最近では、株式市場でも、株式上場後に、株価が大きく上昇する企業が多く、IPOは市場でも一般投資家の間でも、非常に注目を浴びているのです。

その上、企業にとっては、IPOによって、企業自体の知名度が上がるとともに企業の事業展開の円滑化が進むことや、有名企業へと躍進することによって、優秀な人材の確保(新規雇用やヘッドハンティングなど)がしやすくなる、というな利点も少なくないのです。

このような例から現在株式公開を行う企業が増えてきている、と言えるのではないでしょうか。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子
  
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34777007
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資