<スポンサードリンク>





IPOのメリットとデメリット


IPOは、企業にとっても投資家にとってもさまざまな利点と利益をもたらします。

まず企業にとっては、IPOで企業名が知られることによって社会的な信頼を得ることができますし、それが事業の円滑化をよび、優秀な人材の確保に繋がる、と言う利点があげられるでしょう。

また、IPOによって企業自体が、顧客に対しての説明責任を負わなければならないことなどから、自らを厳しく律する、という利点も生まれます。

投資家にとってのIPOのメリットは、第一に、株を取得する時に手数料がかからない、ということがあるでしょう。

また、IPOの株価の売り出し価格が、割安に設定されていること、IPOを行う企業が、新興企業と呼ばれる歴史の浅い会社が多いことから、公開後に業務の拡大や、上場後の株価が大きく上昇しているケースが少なくない、ことなども挙げられます。

ただし、上場後の株価については、100%値上がりをする、とは言い切れないのが事実です。

このようにIPOにはメリットが数多くありますが、もちろん、デメリット、と言うか、注意をするべき点もいくつかあります。

投資家についてのデメリット、それは、上場後に株価がすぐには安定せず、ブレている状態が続き、落ち着くまでに、早くても3ヶ月、企業によっては6ヶ月近くかかる場合がある、と言うことです。

従って投資家としてはその3ヶ月ないし、6ヶ月間焦らずに、慎重に見守っていく必要があります。

また、IPOを行う企業には新興企業が少なくない、と述べましたが、事業の急激な拡大と成長を期待できる反面、前例やモデルケースとなる企業が少ないため、上場後の成長のバリエーションの想像がしづらい、というデメリットもあります。

また、企業側のデメリットとしては、会社の株価を毎日、投資家が判断する事から、経営者事業運営の力量・資質などが厳しくチェックを受ける、という事になります。

また、極端に言えば資金さえあれば誰でも株式を取得できることから、企業にとって好ましくない株主による株の購入、俗に言う敵対的買収などの可能性がある、と言うことも事実です。

しかしIPOに限らず、物事に、メリットとデメリットはつきものですから、経営者と株主との間にいい意味での緊張関係が築かれることや、経営がスムーズに運営されるようになることなどから、否定的にばかり捕らえるものではなく、デメリット面も含めて全てIPOのメリットだ、とする考え方もあります。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子
  
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34777073
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資