<スポンサードリンク>





IPO株は何故儲かるといわれているのか?


何故IPO株は儲かるといわれ、何故IPO株の値段は騰がるのでしょうか?

少し詳しく見て行きたいと思います。

世間の風潮や時代の流れだ、といってしまう人がいることも事実ですが、もっと深い、別の理由もあります。

IPOで新規に株式を公開すると、創業者を初めとするオーナーなどと呼ばれる立場の人々は、莫大な利益を手に入れることが出来ます。

というのは元々かなりの数の株を持っているからです。

つまりIPOでの公開価格が高ければ高いほど投資家としては儲かることになります。

1株当たりの価格の上昇がほんのわずかであっても、数的には莫大な持ち株になりますので、公開価格によっては、その利益はかなりのものになります。

もうひとつの理由は、主幹事証券会社を初めとする証券会社や、ベンチャーキャピタルなどです。

ベンチャーキャピタルというものは、ベンチャー企業の将来を買って投資するのが本来の姿であるはずなのですが、 IPOで公開直前になると、公開を予定している企業に対して、多くのベンチャー企業が、是非自分の会社に出資をさせて欲しいと申し出てきます。

社会的に大手、といわれる証券会社では普通、系列会社にベンチャー企業を持っていますので、IPOを行えば、2重に儲けが出ることになります。

さらにこれは、法的には全く違法ではないのです。

つまり証券会社側からすれば、IPOの際に、公開企業の主幹事証券になることができれば、かなりの額の利益を見込むことができるということになります。

当然企業や、創業者、オーナー側としても、出来るだけ公開価格を高くしてくれる証券会社が、主幹事となることを望みます。

その結果、一度主幹事証券会社として指名をされても、公開予定価格などの条件が折り合わずに、別の証券会社に主幹事証券会社が替えられるというケースも少なからず出てきます。

証券会社としては企業の利益のためにも、また、IPOの前に株式を取得している自社のためにも、公開直後は出来るだけ高く初値が付いた方がいいということになります。

しかし公開直後は、市場にはまだ株式が流通していません。

つまり、基本的には売り物がない状態です。

株式市場というのは買い注文だけでは成立しません。

そこで創業者やオーナーなどが持ち株の放出を実行します。

それによって大きなお金を手にする事が出来るのです。

以上のような事情があってIPO株は、ほぼ大半が公開後に騰がるのです。

こうしてみてくると、IPOで初値が公開価格を下回るというのは非常事態であるともいえるでしょう。

このような事態になると、莫大な儲けを失うことはもちろん、主幹事証券会社の面子も丸つぶれになってしまうのです。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子
  
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34891352
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資