<スポンサードリンク>





何故IPOの初値は公募価格を上回るのか


IPOにおける初値と公募価格を比較した場合、大体の場合において、初値は公募価格を上回っています。

確率的に見ると9割を超える銘柄がIPOを行うと、公募価格を上回る傾向にある、と言えるでしょう。

何故、何倍にも高騰する現象が起きるのでしょうか、その理由を考えて見ましょう。

まず第一に公募価格はIPOディスカウントによって、元々適正価格よりも低めに設定されています。

ではその価格はどうやって設定されるのか、というと、まずIPOを行いたい企業と、その企業に依頼され主幹事証券会社となった証券会社との間で話し合いがもたれます。

その際基準となってくるのが、企業としての過去の業績や将来性、さらに既に株式公開を済ませ、上場している類似の他企業の株価です。

特に半年以内にIPOをおこなった類似他企業のIPOの公募価格や、初値は、重要な要素となってきます。

その結果、フェアバリューとも呼ばれる適正価格が決定されるのです。

この適正価格のまま上場を行っても特に問題はないのですが、仮に適正価格で公開した後、株価が上昇せずに停滞したり、最悪のケースとして下がってきたりしたら、企業に対する印象としては余り好ましいものではありません。

そこであらかじめ適正価格よりも低めに公募価格を設定した上でIPOの申し込みを受け付けるのです。

つまり公募価格=適正価格×IPOディスカウント率(10%〜30%)ということになります。

だから、上回るのです。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子
  
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35080457
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資