<スポンサードリンク>





人気株のIPO初値が公募価格を上回る必然性


理由として考えられるのが、株価というものが需要(株を買いたい人)と供給(株を売りたい人)のバランスによって左右されているということです。

分かりやすく言うと、株数の割に買いたい人が多いとその株は高くなり、逆に売りたい人は多いけれども買いたい人が少ない、といった株の値段はどんどん下がっていきます。

IPO株に限って考えるならば、上場日の当日まではいくらその株を買いたいと思っても買えない状況にあるわけです。

また売規制などによって制限があるため、公開された株数に対して市場に流通している株数は少ないという状態になっています。

さらに上場日の当日に企業のオーナーや、大株主が株を手放すということは考えにくいため、市場では、買い>売り、という状況が演出されやすくなっています。

もちろんこれは、人気のある銘柄のIPOの場合で、あまり人気のない銘柄の株だと、全く逆の状態になってしまって、初値が公募価格を下回ってしまう、という事態に陥るのです。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子
  
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35080500
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資