<スポンサードリンク>





IPOに必要なのは運、それとも資金力?


IPO株を手に入れるのに本当に必要なのは運のよさなのでしょうか、それとも豊富な資金力なのでしょうか。

いくら複数の証券会社に申し込んだとはいえ、IPOの抽選で人気銘柄の株を手に入れることは、宝くじのようなギャンブル性の高いものなのでしょうか。

結論から先に言ってしまえば答えはNoです。

最大限譲歩してIPOがギャンブルであるとしても、IPOの抽選への参加は極めて割のいいギャンブルであるといえるのではないでしょうか。

というのは、IPOの抽選の場合、抽選に外れたからといって、投資した資金が没収されることはないからです。

宝くじなども含めて、世の中のギャンブルの中で、賭けに負けて掛金が無事だ、という例は、まずないでしょう。

宝くじにしても競馬にしても外れた時に、最初に購入した券のお金が戻ってくることはないのです。

では仮に、投資する資金が大きくなって、IPOの抽選に参加する回数が増えてくるとどうなってくるのでしょう。

もしも投資金が100万〜300万と増額してくると、1つ銘柄について、証券会社5〜6社の抽選に参加できるようになります。

1年間でざっと計算すると、1000回を越えることになります。

これは確率的に計算上はかなり当選しやすい、という状態になってきます。

つまり豊富な資金があって、さらにIPOや株式に関する知識やコツを知っていて、複数の証券会社に口座を所有している投資家が、手間暇を惜しまずにIPOの抽選に参加をすれば、年間のIPO当選回数はアップし、利益も増えるということになります。

資金が少ない場合にはどうしても「数を打つ」ということは難しいのですが、その場合は、確実に公開後は高騰する、という銘柄を狙って申し込み、地道に自己資金を増やしていくことから始めましょう。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子
  
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35080565
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資