<スポンサードリンク>





IPOと自己責任


IPOに限らず、「投資は自己責任である」とはよく言われます。

自己責任というのは、「IPOなどの金融商品に投資する場合は、利益ばかりでなく損失に対しても、投資家自身があくまでも責任を持つ」ということです。

IPO株の場合、よほどの不人気銘柄の株でない限りは、公募価格<初値となりますので、極端な表現で、ノーリスクであるとか、9割を超える儲け率などといわれる場合もあるのです。

これはかなり利益を得る確率の高い投資である、と言えるでしょう。

しかし、誰からどのようなアドバイスを受けたとしても、IPO関係の本や、インターネットで情報を得ていても、投資をするかしないかという最終判断を下すのは、自分自身ですし、その判断によってもたらされる利益も損失も、自分の責任になるのです。

最近のIPOの公開時の初値を見ると、人気銘柄と不人気銘柄との価格の差は大きく、二極化の傾向は、ますます顕著になってきています。

IPOで人気銘柄を申し込むと大きく儲かります。

しかしその反面ほとんど利益を見込めなかったり、大きな損失をだしてしまうIPO株も存在するのです。

それら全てが、「自己責任」というわけです。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子
  
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35204906
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資