<スポンサードリンク>





IPOのロックアップ規制について


ロックアップは、直訳すると「鍵を掛ける」という意味の英語です。

IPOにおけるロックアップ規制とは、主幹事証券会社と大株主などの間でIPOを行う際に、「株式が公開された後の一定期間、市場で持株を売却しない」ことを、公開前に契約する制度のことを指します。

このIPOにおけるロックアップ規制の目的は、IPO直後に大株主や、ベンチャーキャピタルなどが、集中的に大量の株式を売却することによって引き起こされる、株価の極端な変動を抑えようとするものです。

IPOのロックアップ規制の対象となるのは他に、会社役員など、その株式が未公開時の投資家が対象とされています。

IPOの銘柄について、ロックアップ規制がかかっているかどうかということは、通常目論見書に記載されていますので、目論見書をよく読むようにして下さい。

ロックアップ規制の目的については前述したとおりですが、大株主にとっても、株価は高ければ高い方が、保有している株を売却した場合の利益は大きくなります。

保有株を小出しにして売却すれば、株式市場での需要と供給のバランスが保たれた上で、自分の利益も増えることになります。

株主にとってみれば、自分自身でもコントロールできると思われることを、ロックアップ規制によって抑制され、結果的には損失が発生しているともいえます。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子
  
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35711820
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資