<スポンサードリンク>





IPO株の即金規制


IPO株には「即金規制」と呼ばれている規制があります。

正確には、「新規上場銘柄の売買に関する規制措置」と言います。

これは証券取引所から実行される規制です。

これがどういう規制かというと、IPOの銘柄が上場の初日に初値がつかなかった場合に発動されるもので、通常ですと、3営業日後の入金決済というところが、買付けの代金が即日徴収されてしまうというものです。

つまり買い注文の時点で、代金が全額徴収されてしまうことになるのです。

上場の初日に初値がつかないということは、それだけそのIPO株の需要量が多いということなので、需要と供給のバランスが崩れていることになります。

株の買付け時点で現金を多額に保有している人に対して、需要を限定することによって、需要量は減少されることになります。

これで需要と供給のバランスが整うことになるのです。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子
  
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37027333
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資