<スポンサードリンク>





中国市場でのIPO


中国市場でのIPOは今、穴場的な投資先として、投資家達の注目を集めているのです。

現段階だと、中国市場のIPOは、参加者事態が少ないため、参加をすれば100%に近い可能性で、株を手に入れることができるといえます。

では、日本と中国ではその市場の特徴に違いはあるのでしょうか。

最も顕著な違いは、市場の動向でしょう。

中国では、日本のように公開後の初値が、公募価格の数倍、数十倍になるような銘柄はほとんどありません。

仮に高騰したとしても、せいぜい2倍程度の上昇です。

しかし、中国株のいい所は、日本の株とは違って、数日の間保有していても値崩れしない銘柄が多いということです。

急激な高騰はありませんが、どちらかというと少しずつ値上がっていく傾向があるといえるでしょう。

そういう意味では、短期よりも中期、長期の用途の投資向きであるといえます。

もちろん短期狙いで投資を行っても、十分利益を生み出すこともできます。

日本株式市場の不振が続いていますが、それに対して、中国株は、上昇率だけを見ても、非常に高い数字をはじき出しており、加えて大きな値崩れもしていませんので、是非考えてみるべきでしょう。

日本の市場はサブプライム・ショックから立ち直ってはいませんが、アメリカやアジア諸国、特に中国においては既にサブプライム・ショック前の株価を超え、景気は上昇しつつあるのです。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子
  
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37059035
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資