<スポンサードリンク>





新興株式市場について


新興市場と呼ばれる、中小企業やベンチャー会社が中心に上場している市場があります。

会社が突然、証券取引所の一部上場するということはほとんどありませんので、審査の緩い新興市場では新規上場が盛んに行われています。

ジャスダック市場、東京証券所の中にあるマザーズ、大阪証券所の中にあるヘラクレスが、主な新興市場になります。

他に、札幌のアンビシャス市場、名古屋のセントレックス市場があります。

新規上場する新規公開株は値動きが大きいことからも、注目をされている市場です。

ジャスダックに関しては、現在は日本最大のベンチャー企業の新興市場でありますが、以前は店頭市場として、証券所に上場していない株を証券会社などの店頭で取り扱う店頭市場でした。

2004年以降に店頭販売有価証券市場から取引所有価証券市場となり、自ら上場審査を行うなど、証券取引所としての業務を行っています。

そのため、以前は認められていなかった、証券取引所への重複の上場も認められるようになっています。

このような市場を通して株の取引が行われますが、投資家が実際に株を売買するのは証券会社になります。

証券会社は投資家と証券取引所の仲介の役割をしています。

野村証券、大和証券、また、銀行系列の証券会社などもあります。

株を購入するためには、証券会社での口座の開設が必要になりますが、口座開設はイコール株の購入ではなく、お金を預けておくだけも可能ですし、複数の開設も可能です。

また、SBI・イー・トレード、楽天証券など、インターネット上で店舗を持たない証券会社も多くなってきています。店舗費用や人件費用などがかからない為、手数料が安く、簡単に株の購入ができる方法として注目されています。

そのため、従来の店舗を持つ証券会社もインターネット上での取引を拡大する傾向にあります。

[PR]
|美容・コスメで女子力アップ | 楽々簡単ダイエット講座 | 最速カリスマ英語マスター|
|保険何でも相談室|楽天市場健康ダイエット村|座敷豚の簡単ダイエット|Blogger of dietfever|
|結婚式マナー教室|カードローン地獄!! そんなの関係ない!! |奇跡のjugemダイエット|

投稿者 友近由紀子

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38530515
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資