<スポンサードリンク>





日本の投資家について


株への投資を行う者を投資家と呼びます。

投資家は株を購入することで、その企業に資金を提供する実質的な会社のオーナーとなり、株主となります。

株主には様々な権利がありますが、投資における運営や管理はすべて自己責任になります。

そのため、会社が倒産した場合なども、会社が負債をすべて払った上で残余がある場合は残余財産分配請求をする権利はありますが、投資金が保障される訳ではありません。

投資家には個人の資金を投資する個人投資家と、機関投資家に分けられます。

個人投資家は一般の個人であり、購入できるのは株式市場に上場している株のみになります。

機関投資家は金融機関や保険会社などで、集めたお金を管理運用する団体、または法人になります。

機関投資家による投資は、莫大な情報やテクニックに基づいたものであり、売買する株価も大きく、相場に大きな影響を与えます。

また、外国人投資家と呼ばれる、日本株買いをする外国人の投資家の存在も重要視されています。

外国人投資家は個人も存在しますが、特に存在感が大きいのはやはり機関投資家であり、日本株の約20パーセントほどを所有していて、日本の市場に大きな影響をもたらします。


投稿者 友近由紀子
 
[PR]
|保険何でも相談室|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局|
|初心者専用株式・FX・先物取引ホットライン|キャッシングローンミニ知識|
|結婚式マナー教室|カードローン地獄!! そんなの関係ない!! |奇跡のjugemダイエット|
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38530578
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資