<スポンサードリンク>





各投資家の特徴とは


機関投資家は勿論プロではありますが、会社の資金の運用をしているため、大きなリスクは許されない為、保守的な動きをとるべき立場に置かれています。

そのような機関投資家や外国人投資家の立場や動向のを見逃さないようにすることも、株価変動の予測をする上では重要なことです。

このように、市場には大きな金額を動かすプロの投資家が存在するため、一般の個人投資家の存在は小さく、彼らの動向の影響を受けることになります。

しかし、市場における影響力はまだ小さいですが、現在はインターネット上での取引が可能になり、デイトレードを含め株取引が行いやすくなっていきているため、個人投資家の数は増えてきています。

また、初心者でも資金運用を行いやすい方法として、プロの投資家に投資の委託をする、投資信託という方法もあります。

投資家から集めた資金をファンドマネージャーと呼ばれるプロの投資家が運営し、出した利益を投資家へ分配する方法です。

個人的に株投資を行うよりも手数料はかかりますが、プロが投資をしてくれるので、情報収集などの手間もありません。

こちらも定期貯金とは違い、預けた資金が元通り帰ってくる保障は在りませんが、定期貯金でつく金利と比べて、大幅にプラスになる可能性もあります。


投稿者 銭ゲバ
 
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38530648
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資