<スポンサードリンク>





株の仕組み


株の買い方を学ぼうという前にまず知らなければならないのは、まず株そのものについての知識で、それから初めて株を買うことに進んでいきます。
「株式会社○○」とか「○○株式会社」など、会社の名前に付いているのはご存知ですよね。
株、正式には株式(かぶしき)のことで、株式会社における社員権のこと、いわゆる「持分」ということになります。
一般的に企業が事業の拡大を行うためには、当然それなりの資金が必要となりますが、そのようなときに発行されるのが株券で、それにより投資家から資金が調達されるというしくみになっています。たとえひとりが出す資金の額が少なくても、それが集まって多数になれば、必要な資金として充分になったりするのです。
株式の金額とは、その会社の株券を購入を希望する人が多ければ多いほど、上がるというしくみになっています。
多くの人が希望する株券は、すなわちその会社の先での成長が期待されているということを意味しています。
この出資をしている人を株主と呼び、株式会社によって生産された利益は、出資額の割合に応じて配分されるようになっています。
その会社が利益を上げている場合はいいのですが、その反対に赤字経営である場合は、その負担分は株主にも分配されることになるのです。
もし出資していた会社が倒産してしまったりすると、株式価格がなくなってしまった、という状況になることも考えられます。
このような株の仕組みを理解した上で、株を買おうと思った人は、株主になるという責任や知識をしっかり持って、どの株を買うかを検討していけばいいでしょう。
売るときを間違うと大きな損をするときもあるので、買った価格、売った価格から損をしないかよく考え、出資金は無理のない額にとどめておくほうが賢明でしょう。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/9441379
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資