<スポンサードリンク>





株価について


株式の価格は、株式取引を行うときに付けられるのですが、それがいわゆる株価で、この株価は変動し続けるものなので、買い時売り時を見誤らないようにしなければなりません。
株価とは需要供給のバランス具合で自由な決定がなされるのですが、だいていにおいて、その評価基準は売買が行われる証券取引所で扱われたものによることが多いようです。
株の売買において、株を売るときの価格が買ったときの価格を上回るようにすれば、その株主は利益を得るということになるのです。これが「キャピタルゲイン」と呼ばれる利益のことで、それともうひとつ配当によって出た利益がありますが、これは「インカムゲイン」と呼ばれています。
この利益とは逆に損失が出ることもあるわけですが、この株式の売買によって出る損失を「キャピタルロス」といいます。
先ほども述べましたように、株価は常に変動するもので、一日の最初に取引される株価を「始値」と呼び、一日の最後に取引された株価を「終値」と呼びます。
最も高い株価を「高値」といい、逆に最も低い株価を「安値」といいますが、この「始値」「終値」「高値」「安値」は、「四本値」と呼ばれています。
この四本値を見ると、その日一日の株価の変動をだいたい把握することができるのですが、株価とは変動はするものの、大幅な動きをするものではありません。
けれども中には一日の中で動くことのできる範囲で、暴落があることも考えられるので、この点も忘れないようにしなければなりません。
株価の動きを把握するためには、チャート(罫線表)の見方も勉強してください。
有名なのは、東証株価指数(TOPIX)、日経平均株価などですが、ニュース番組などでもよく耳にすると思います。
株はなかなか難しいと思われるでしょうが、このようなニュース番組にも耳を傾けてみて、株に挑戦してみてはいかがでしょうか。


初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/9448256
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資