<スポンサードリンク>





株式が流通する株式市場


有価証券いわゆる株式や公社債などの発行が行われる場所が、発行市場です。
また流通市場もそうですが、それを総称して証券市場と呼びます。なお、流通市場においてその証券が売買されているところなのです。
株式市場というのは、すなわち株式が発行され、売買をされているところなのです。
証券取引所を指すこともあります。
株式は、株式市場で流通されるものとされないものがあります。
発行市場は、会社の経営に関わる資金の調達に大きく関係しているのです。
上場企業とは株式市場で流通している企業のことを指します。
また、株式市場で流通している株式は、一般投資家も買うことができます。
東京証券取引所や、ジャスダック、ヘラクレス、マザーズ、セントレックスなど日本において、さまざまな市場があります。
安定した企業として意味する重要な基準としての目安になるのは1部に上場しているかということです。
東京証券取引所は1部と2部に分かれています。
価格の変動が安定しない特徴なのが、マザーズ、セントレックス、ヘラクレスなどです。
上場基準が甘いので新しい会社でも上場することができるのも大きな特徴となります。
この他、世界にも株式市場はたくさんあり、株式が取り引きされています。
日本の株式だけでなく、海外の会社の株式を買う人も増えています。
それにはかなりの知識が必要ですね。
成長の著しい国に目をつけるのも手かもしれませんよ。
ちなみに、株式市場の営業時間は月曜日〜金曜日の9時〜15時ですよ。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/9448326
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資