<スポンサードリンク>





ネット証券会社のメリット


インターネット証券会社の登場で、以前は時間や料金的な問題で、株を行うことができなかった人たちも、株の取引が可能な状況になってきています。

そのため、従来の店舗を持つ大手証券会社もオンライントレードに力を入れた動きを見せています。

店舗型証券会社、インターネット証券会社、双方にメリットデメリットはありますが、この数多ある証券会社の中から、仲介役となる証券会社をを選ぶ際の基準としては、手数料、情報、取り扱い銘柄、取引時間帯や、プチ株、ミニ株などの取扱商品など、自分の目的の銘柄、投資方法にあったところを選択することが一番です。

また、投資家の好みにもなりますが、情報収集のためや、株を分割することでリスクを軽減するためなどにも、複数の口座を開設する事は有利とされています。

特にインターネット証券会社であれば、口座維持費はかかりませんし、サーバ障害で注文ができない状況などを回避することにもつながります。

しかし、取引の仲介は証券会社ですが、保証はありませんので、株についての責任は投資者に有ることを忘れないでください。


投稿者 銭ゲバ
 
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!
多重債務者脱出計画 | 安全投資で安心な老後 | 安心・安全dhcサプリメント

ネット証券会社とは


投資家が株の売買をする際に、市場との仲介の役目をするのが証券会社です。

現在特に注目をされているのが、インターネット証券会社です。

証券会社は多く存在しますが、特徴やサービスは各社様々です。

投資家は直接市場へ入ることはできませんので、仲介役となる証券会社を通してのやり取りになりますが、売買の度に手数料が発生します。

この手数料が、特に一日に何度も売買を繰り返すデイトレードなどの場合は、利益よりも多くかかってしまうこともあり、投資家にとっては問題でした。

しかし現在は、店舗を持たないインターネット上の証券会社が多く登場し、店舗費、人件費などがかからない分、手数料が大幅に引き下げられています。

取引金額にもよっても異なりますが、かつては一度の取引で数千円かかっていた手数料が、数百円で可能になっている所もあります。

何度も売買を繰り返すことを考えると、かなりの金額を抑えることが可能になっています。

また、注目をされているのが夜間取引です。

証券取引所の営業時間は9時から15時の間で取引も終了となりますが、営業時間以外でも、証券取引所を通さずに売買が可能である、PTSと呼ばれるシステムを利用した方法であり、アメリカでは多く取り入れられています。

日本ではこのシステムを取り入れている証券会社はまだ数が少ないですが、今後は増加傾向にあるようです。

投稿者 銭ゲバ
 
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!

証券会社の許認可


以前は証券会社の運営には大蔵大臣から免許を得る必要がありましたが、現在は登録制となり、特に免許の取得の必要はなくなっています。

国内の大手証券会社は店舗型であり、日本の三大証券として野村證券、日興コーディアル証券、大和証券有名です。

また、メガバンク系としては三菱UFJ系、三井住友系、みずほ系が知られています。

従来の店舗型の証券会社では窓口にて受付、相談、商品販売等、また電話で売買の注文が行われていますが、現在はインターネットの普及により、オンライントレードも行われています。

そのため、店舗を持たないネット上のみの証券会社も増えてきています。

商品数は少ないですが、店舗費や人権費がかからないため手数料が安く、短期的な売買を繰り返して利益を出す投資家には特に注目されています。

投稿者 銭ゲバ
 
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!

証券会社について


証券会社とは株式、公社債、投資信託を取り扱う会社です。

口座開設をした上でお金を預け入れますが、銀行の定期貯金や普通貯金といった商品とは異なり、元本や金利が保障される形ではありません。

当然元本割れする場合もあります。

また、購入した銘柄が倒産した場合は、所有している株の価値がなくなることもありますが投資金が戻ってくるわけでもありません。

このように証券会社の場合、口座に預け入れたお金の管理運営はすべて自己責任となります。

証券外会社の業務には流通市場における販売委託業務と自己販売業務と発行市場における引き受け業務と募集売出し業務が有ります。

販売委託業務はブローカー業務と言われ、証券取引所に直接入ることができない投資家の株を売買をするための仲介役になります。

自己販売業務はディーラー業務と言われ、証券会社の自己資金の株投資による運営になります。

引き受け業務はアンダーライター業務と言われ、企業が新しい株を発行した際に、企業の代わりに投資家へ株を売り出す業務になります。

この時、証券会社は発行された株を一度買い取るため、売れ残った場合の責任も兼ねることになります。

募集業務も、新たに株を発行した会社のかわりに売り出す業務になりますが、売れ残った場合に証券会社が株を引き取る責任はありません。

売り出し業務は新たに発行された株ではなく、大株主がすでに売り出している株を扱うことになります。

この募集売出し業務はセリング業務と言われます。

この4つの業務が証券会社の重要な業務となりますが、このほかにも投資家に対する情報の提示や助言、株の保管など様々な業務があります。

投稿者 銭ゲバ
 
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!

各投資家の特徴とは


機関投資家は勿論プロではありますが、会社の資金の運用をしているため、大きなリスクは許されない為、保守的な動きをとるべき立場に置かれています。

そのような機関投資家や外国人投資家の立場や動向のを見逃さないようにすることも、株価変動の予測をする上では重要なことです。

このように、市場には大きな金額を動かすプロの投資家が存在するため、一般の個人投資家の存在は小さく、彼らの動向の影響を受けることになります。

しかし、市場における影響力はまだ小さいですが、現在はインターネット上での取引が可能になり、デイトレードを含め株取引が行いやすくなっていきているため、個人投資家の数は増えてきています。

また、初心者でも資金運用を行いやすい方法として、プロの投資家に投資の委託をする、投資信託という方法もあります。

投資家から集めた資金をファンドマネージャーと呼ばれるプロの投資家が運営し、出した利益を投資家へ分配する方法です。

個人的に株投資を行うよりも手数料はかかりますが、プロが投資をしてくれるので、情報収集などの手間もありません。

こちらも定期貯金とは違い、預けた資金が元通り帰ってくる保障は在りませんが、定期貯金でつく金利と比べて、大幅にプラスになる可能性もあります。


投稿者 銭ゲバ
 
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!

日本の投資家について


株への投資を行う者を投資家と呼びます。

投資家は株を購入することで、その企業に資金を提供する実質的な会社のオーナーとなり、株主となります。

株主には様々な権利がありますが、投資における運営や管理はすべて自己責任になります。

そのため、会社が倒産した場合なども、会社が負債をすべて払った上で残余がある場合は残余財産分配請求をする権利はありますが、投資金が保障される訳ではありません。

投資家には個人の資金を投資する個人投資家と、機関投資家に分けられます。

個人投資家は一般の個人であり、購入できるのは株式市場に上場している株のみになります。

機関投資家は金融機関や保険会社などで、集めたお金を管理運用する団体、または法人になります。

機関投資家による投資は、莫大な情報やテクニックに基づいたものであり、売買する株価も大きく、相場に大きな影響を与えます。

また、外国人投資家と呼ばれる、日本株買いをする外国人の投資家の存在も重要視されています。

外国人投資家は個人も存在しますが、特に存在感が大きいのはやはり機関投資家であり、日本株の約20パーセントほどを所有していて、日本の市場に大きな影響をもたらします。


投稿者 友近由紀子
 
[PR]
|保険何でも相談室|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局|
|初心者専用株式・FX・先物取引ホットライン|キャッシングローンミニ知識|
|結婚式マナー教室|カードローン地獄!! そんなの関係ない!! |奇跡のjugemダイエット|

新興株式市場について


新興市場と呼ばれる、中小企業やベンチャー会社が中心に上場している市場があります。

会社が突然、証券取引所の一部上場するということはほとんどありませんので、審査の緩い新興市場では新規上場が盛んに行われています。

ジャスダック市場、東京証券所の中にあるマザーズ、大阪証券所の中にあるヘラクレスが、主な新興市場になります。

他に、札幌のアンビシャス市場、名古屋のセントレックス市場があります。

新規上場する新規公開株は値動きが大きいことからも、注目をされている市場です。

ジャスダックに関しては、現在は日本最大のベンチャー企業の新興市場でありますが、以前は店頭市場として、証券所に上場していない株を証券会社などの店頭で取り扱う店頭市場でした。

2004年以降に店頭販売有価証券市場から取引所有価証券市場となり、自ら上場審査を行うなど、証券取引所としての業務を行っています。

そのため、以前は認められていなかった、証券取引所への重複の上場も認められるようになっています。

このような市場を通して株の取引が行われますが、投資家が実際に株を売買するのは証券会社になります。

証券会社は投資家と証券取引所の仲介の役割をしています。

野村証券、大和証券、また、銀行系列の証券会社などもあります。

株を購入するためには、証券会社での口座の開設が必要になりますが、口座開設はイコール株の購入ではなく、お金を預けておくだけも可能ですし、複数の開設も可能です。

また、SBI・イー・トレード、楽天証券など、インターネット上で店舗を持たない証券会社も多くなってきています。店舗費用や人件費用などがかからない為、手数料が安く、簡単に株の購入ができる方法として注目されています。

そのため、従来の店舗を持つ証券会社もインターネット上での取引を拡大する傾向にあります。

[PR]
|美容・コスメで女子力アップ | 楽々簡単ダイエット講座 | 最速カリスマ英語マスター|
|保険何でも相談室|楽天市場健康ダイエット村|座敷豚の簡単ダイエット|Blogger of dietfever|
|結婚式マナー教室|カードローン地獄!! そんなの関係ない!! |奇跡のjugemダイエット|

投稿者 友近由紀子

一般株式市場について


株の売買の取引は株式市場で行われます。

日本では、札幌、東京、名古屋、大阪、福岡にあります。

特に有名なのは、東証と呼ばれている東京証券取引所で、日本最大の証券取引所です。

ニューヨーク証券取引所、ロンドン証券取引所と並ぶ規模で、世界的にも三大証券所として注目されている市場です。

基本的には株式市場で上場している株以外は、一般の個人投資家は売買ができません。

上場とは証券取引所で定められた審査を通過し、株の取引が行えるようになること意味します。

日本の主たる証券取引所である東京、名古屋、大阪では市場が一部と二部に分かれています。

定められている基準も違っていて、一部上場は二部上場よりも厳しい審査になります。


投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子
  
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!

実際の株の売買


実際の株の売買は証券会社を通して行われます。

株への投資者、すなわち株券の購入者は株主となり、実質上、会社のオーナーという存在になります。

株主のメリットは、会社が増資した際の株式分配を受けられる権利、利益が上がった場合の配当金や株主優待を受けられる権利、株主総会で株数に応じた議決の権利があることです。

会社の方針によっては配当金や株主優待を出さない場合もありますので、この利益を目的とする場合は株の購入の際に確認をするべきです。

また、購入した株券の値上がりを狙って購入金額より高く売ることで、差額の利益を得る、値上がり益があります。

現在、銀行の貯金につく金利も少なく、また、オンライントレードと呼ばれるインターネット上での取引の登場で、株の売買も以前よりも行いやすく、株投資による資産運用に興味を持つ人も増えてきているようです。

しかし、会社が必ずしも利益を上げるとは限りません。

購入した株券の価値が下がる場合や、会社の倒産によって価値がなくなるなどのリスクも生じてきます。

購入する際に予測できないことが起きても、株投資における運営管理の結果はすべて株主の自己責任となります。

株は怖いと言われるのはこのギャンブル的要素があるためです。

上手く管理運営できれば株投資で儲けを出すことも可能ですが、リスクの保障がありませんので、原則としては生活費と関係のない、余裕資金を投資すべきとなっています。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子
  
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!

株とは


株とは、会社が資金を集めるために発行をする株式のことです。

この株取引は証券取引所などの市場で行われます。

特に有名なのが東証と呼ばれる東京証券取引所です。

他に札幌、名古屋、大阪、福岡にもあります。

また、中小企業やベンチャー企業が多く上場している新興市場と呼ばれる市場もあります。

中小企業やベンチャー企業の資金調達を目的としているため、赤字であっても将来性を重視するなど、上場するための審査の基準が証券取引所よりも低くなっています。

今後の成長性、すなわち株価の値上がりを期待して投資をされることが多く、注目されている市場でもあります。

有名なのがjジャスダック、マザーズ、ヘラクレスなどです。

ジャスダックについては日本最大のベンチャー企業向けの市場ではありますが、店頭市場改め、現在は証券取引所として位置づけられています。

基本的に個人投資家と呼ばれる一般の投資家が売買できるのは、この株式市場に上場している株のみになります。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子
  
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!

IPOに関するさまざまな噂-2


第三の噂は、IPOの際、資金が豊富な顧客や、証券会社が売りたいと思っている金融商品を買ってくれる顧客に優先的に配分している、というものです。

これはどうやら真実のようです。

特に店頭系大手証券会社の場合に顕著なようです。

この優先配分自体は決して違法な行為ではありません。

というのは、配分の方法は、その証券会社の独自判断に任されています。

多少道徳的な問題はあるかもしれませんが、大口の顧客やお得意様向けの優遇サービスである、と捉えれば、資本主義の基本という考え方もできるでしょう。

第四の噂はIPOにおいては、100株1単元の銘柄や、東証二部の銘柄の初値騰落率は、比較的低いという噂です。

これについてもまんざら噂だけでもないようです。

IPO株は銘柄によって人気、不人気があることは当然です。

データ的に証明されたわけではありませんが、取引単位や市場によってこの傾向が認められています。

第五の噂はIPO当選後に、キャンセルしたら、次から当りにくくなるというものです。

完全平等抽選制を用いており、かつ資金量の額が当選確率に影響しなければ、まず、無関係といえますが、店頭窓口等での申し込む場合には、一度キャンセルをした場合には、次回から当選しづらくなるようです。

最後の噂は、複数の証券会社で同じIPOの銘柄を公募で取得してはいけない、というものです。

この噂は本当です。

これは証券会社における、自社規制ルールとなっています。

ブックビルディングを申し込むと確認されることもあります。

ただし、上場後であれば、同一銘柄の購入は、問題とはなりません。 

このようにIPOの噂の中には、根も葉もないものもありますし、真実もあります。

噂に踊らされず、真実を見極めるようにしましょう。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子
  
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!

IPOに関するさまざまな噂


IPOに関してはさまざまな噂話がまことしやかにささやかれています。

この中でも特に良く耳にする噂について、その真偽を確かめてみようと思います。

まず第一の噂はIPOには当選しやすくなるウラ技が存在する、というものですが、これはデマだ、といえるでしょう。

IPOの抽選に関しては、多くの証券会社に、出来るだけたくさんの口座を開設すること、コツコツと資金量を増やす努力をすること、さらにIPOにこまめに応募する、以外に当選しやすくなる方法は無いと思われます。

第二の噂は主幹事証券に申し込むと当選確率が高い、ということです。

これは半分は事実だといえるでしょう。

つまり、主幹事証券会社の場合には、配分数が多いのは事実ですが、その分どうしても申込み数も多くなるため、一概に当選確率が上がる、とは言いきれない部分もあります。

傾向的に見ると真実であろうとは思われますが、申込み数や抽選の際のデータは証券会社が非開示で持っているので、確率については、あくまでも憶測の域を出ていません。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子
  
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!

中国市場でのIPO


中国市場でのIPOは今、穴場的な投資先として、投資家達の注目を集めているのです。

現段階だと、中国市場のIPOは、参加者事態が少ないため、参加をすれば100%に近い可能性で、株を手に入れることができるといえます。

では、日本と中国ではその市場の特徴に違いはあるのでしょうか。

最も顕著な違いは、市場の動向でしょう。

中国では、日本のように公開後の初値が、公募価格の数倍、数十倍になるような銘柄はほとんどありません。

仮に高騰したとしても、せいぜい2倍程度の上昇です。

しかし、中国株のいい所は、日本の株とは違って、数日の間保有していても値崩れしない銘柄が多いということです。

急激な高騰はありませんが、どちらかというと少しずつ値上がっていく傾向があるといえるでしょう。

そういう意味では、短期よりも中期、長期の用途の投資向きであるといえます。

もちろん短期狙いで投資を行っても、十分利益を生み出すこともできます。

日本株式市場の不振が続いていますが、それに対して、中国株は、上昇率だけを見ても、非常に高い数字をはじき出しており、加えて大きな値崩れもしていませんので、是非考えてみるべきでしょう。

日本の市場はサブプライム・ショックから立ち直ってはいませんが、アメリカやアジア諸国、特に中国においては既にサブプライム・ショック前の株価を超え、景気は上昇しつつあるのです。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子
  
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!

アジア諸国でのIPO


以前スポーツバラエティ番組で、ハードルの為末大選手が、「モンゴルの株で大儲けをした。」という話をしていましたが、ご覧になった方もいらっしゃるのではないか、と思います。

モンゴルだけではなく、今アジア諸国のIPOは非常に人気が高くなっています。

そのアジアの中でも、特に中国のIPOは狙い目だといわれています。

中国では、IPOによる投資方法が大流行していますので、上手にこの波に乗ることができれば、簡単に大きな利益を得ることができます。

ただ、日本におけるIPOは最近、初値価格が公募価格の数倍になるというケースが、一時期と比べると少なくなっているのが現状です。

それに加えて、IPO投資が利益を得やすい、ということが世間に広く知れ渡り始めた影響で、IPOへの参加人数がどんどん増え続けており、その結果、IPO当選の倍率は上がり続けています。

当然IPOの当選は難しくなってきています。

またせっかくIPOの抽選に当選したとしても、それほど利益を見込めない銘柄だったりすると、喜びも半分になってしまいます。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子
  
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!

IPOにおける「即金規制」以外の規制


東京証券取引所から実行される規制には、「即金規制」の他にもいくつかの規制があります。

その中でも代表的な規制をいくつか、具体的に見ていこうと思います。

まず、初値を定める売買については、その取引への参加者の自己計算による買付けが禁止されています。

これには取引一任契約に基づく買付けも含まれています。

さらに、初値決定日までの売買については、成行買呼値も禁止されています。

次に初値決定までの気配運用についてですが、気配の更新の上限というものについては、前日の取引終了時点での、最終気配値段の2倍位の値を目安にするといいといわれています。

このようにIPO株を手に入れようと思ったら、色々なケースが考えられ、状況によっては、さまざまなIPOに関する規制が発動され、当初の予定通りに資金の運用ができないこともあります。

IPOに申し込んで、いざ規制を受けてから戸惑わないように、IPOに申し込む際には抽選や初値のことなどと同様に、IPOに関する規制についても調べておいた方がいいでしょう。

書店で本を購入してもいいですし、インターネット上のさまざまなサイトでも規制については詳しく知ることができます。

自分が申し込んだIPO株に「即金規制」がかかっているかどうかをいち早く知る方法は、各証券取引所のウエブサイトです。

通常トップページ上の、新着ニュースやニュースリリース、というカテゴリーで、配信されています。

必ずチェックするようにして下さい。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子
  
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!

IPO株の即金規制


IPO株には「即金規制」と呼ばれている規制があります。

正確には、「新規上場銘柄の売買に関する規制措置」と言います。

これは証券取引所から実行される規制です。

これがどういう規制かというと、IPOの銘柄が上場の初日に初値がつかなかった場合に発動されるもので、通常ですと、3営業日後の入金決済というところが、買付けの代金が即日徴収されてしまうというものです。

つまり買い注文の時点で、代金が全額徴収されてしまうことになるのです。

上場の初日に初値がつかないということは、それだけそのIPO株の需要量が多いということなので、需要と供給のバランスが崩れていることになります。

株の買付け時点で現金を多額に保有している人に対して、需要を限定することによって、需要量は減少されることになります。

これで需要と供給のバランスが整うことになるのです。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子
  
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!

IPOの投資スタイル-デイトレード-


キャッシュポジションという投資方法の場合は、資金を株式へと換金はするのですが、常にある程度の余裕(キャッシュポジション=現金)を持っておくというスタイルです。

この余裕資金があればIPOに応募することができます。

もしも全資金を株式に換金してしまったら、IPOの抽選に申し込もうと思っても、手元に現金での資金が無いことになります。

だからといって、IPOの申し込みのためだけに、手元に現金を持っておくことも資金の運営という面から見ると、非常に効率が悪くなります。

IPO株抽選への申し込みだけを中心に考えていると、資金の効率がどうしても悪くなってしまいます。

もう少し視野を広げて、全資金を投資するのではなく、相場が下降した時のためや、最悪なケースとして暴落した時の、緊急用の買い付け資金として、常にある程度の余裕、つまりキャッシュポジションとして現金を手元に残しておくのです。

そうしておけばIPO株の抽選の際には、その残っている余裕資金を抽選用の資金に回せばいいのです。

そうすれば資金の拘束によるロスというものは発生しないことになります。

人気銘柄ですと、多くの場合、抽選となりますし、ほとんどの証券会社が前金制をとっています。

抽選での当選確率や、資金拘束されることでの効率性などをよく考えて、デイトレードとキャッシュポジションを上手に使っていくことが大切です。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子
  
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!

IPOの投資スタイル-デイトレード-


デイトレードとは、「当日中に株式の売買を完結の上、現金100%の状態に戻す取引手法」のことを言います。

IPOにおいては最も効率的といわれている投資スタイルです。

昼間は市場の動向を見ながら、資金を回転させます。

このデイトレードの場合には、取引時間が終了した時点では、必ず口座に資金の全額が現金として残っているはずです。

この資金をIPOの抽選に回すという方法です。

IPOに申し込んだ場合、抽選締め切り日から抽選が終了するまでは、資金が拘束されてしまうことになります。

従って申し込んだ証券会社によっては、申し込んだことによって、デイトレードが出来なくなってしまうことも考えられます。

この点がIPOにデイトレード投資する場合のデメリットである、と言えないこともないのですが、長い目で見ると、資金効率は最も高くなる投資スタイルであるといえます。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子
  
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!

何故株主達はIPOのロックアップに応じるのか?


何故株主達はIPOのロックアップに何故応じるのでしょうか。

これは、証券取引法によって、「役員又は主要株主の不当利益返還」に関する規制の適用対象となって規定されているからなのです。

この規制内容というのは、「上場会社等の役員や主要株主が、その職務・地位によって取得した秘密を不当に利用することを防止するために、その会社の株式を買い付けてから、6ヶ月以内に売却をした場合には、その利益を会社に提供するよう、会社が請求できる」というものです。

ちょっと読んだだけでは分かりにくいのですが、要約すると、IPO株を取得してから6ヶ月以内に売却した場合の利益は、会社に返還しなければならない可能性がある、ということです。

また、もしも会社が請求しなかった場合でも、他の株主が代わって請求できる、という規定もありますので、実際にはIPO株取得後6ヶ月は、売却が禁止されていると考えればよいでしょう。

つまり、IPOの際のロックアップ規制の要請があれば、株主としては断れないことになります。

どちらにしろ、実質的に売却は法律で禁止されたことになっているのです。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子
  
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!

IPOのロックアップ規制について


ロックアップは、直訳すると「鍵を掛ける」という意味の英語です。

IPOにおけるロックアップ規制とは、主幹事証券会社と大株主などの間でIPOを行う際に、「株式が公開された後の一定期間、市場で持株を売却しない」ことを、公開前に契約する制度のことを指します。

このIPOにおけるロックアップ規制の目的は、IPO直後に大株主や、ベンチャーキャピタルなどが、集中的に大量の株式を売却することによって引き起こされる、株価の極端な変動を抑えようとするものです。

IPOのロックアップ規制の対象となるのは他に、会社役員など、その株式が未公開時の投資家が対象とされています。

IPOの銘柄について、ロックアップ規制がかかっているかどうかということは、通常目論見書に記載されていますので、目論見書をよく読むようにして下さい。

ロックアップ規制の目的については前述したとおりですが、大株主にとっても、株価は高ければ高い方が、保有している株を売却した場合の利益は大きくなります。

保有株を小出しにして売却すれば、株式市場での需要と供給のバランスが保たれた上で、自分の利益も増えることになります。

株主にとってみれば、自分自身でもコントロールできると思われることを、ロックアップ規制によって抑制され、結果的には損失が発生しているともいえます。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子
  
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資