<スポンサードリンク>





IPOの申し込み手順


IPOのように未上場企業の新規公開の際に発行価格等を決める方式のうち、ブックビルディング方式では、需要の予測期間を設けてあらかじめ仮の価格や割引率等を、投資家に提示します。

その後、投資家にブックビルディング期間と呼ばれる、需要申告期間中に、「どのくらいの価格ならば購入したいか」を予想、提示して、正式な最終条件を決定するものです。

もしもIPOでの株の購入を希望するのであれば、まず最初の手順として、このブックビルディングに参加しなければなりません。

つまり、ブックビルディング方式でIPOの、新規公開株や公募、売出株式を取得するためには、まず第一に、ブックビルディング方式(需要申告)に参加すること、第二に購入の申込みをすることが必要となってきます。

IPOに申し込む際に注意しなければならないことは、思いたったら誰でもすぐにその場でIPO株の申し込みができる訳ではないと言うことです。

口座を開設していないとブックビルディングには参加できません。

従って、まずは口座開設した上で申し込まなければならないのです。

ただし、口座開設を新規に行う場合、手続き等でブックビルディング申込期間に間に合わない場合もありますので、IPOを申し込もうと思ったならば、具体的な企業が決定していなくても、口座だけはあらかじめ設けておくと良いでしょう。

口座の準備が整ったらIPOのブックビルディング申込期間中に、仮条件の範囲内で需要申告をします。

一定の申込期間が終了すると、ブックビルディングの結果が発表されます。

つまり、ここで初めてIPOでの株の売出価格が決定するわけです。

この際詳しい条件なども発表されますので、自分の予定や、自己資金、運営予定などとよく照らし合わせて購入するかどうかを検討してみましょう。

結果発表と同時に、購入申込の権利も付与されています。

この時点で、本当に購入を希望する場合には、購入申込を行なうことになります。

もしここで購入申込を行なわないと、申込者が多い場合に行われる抽選にも参加できませんし、結果的には権利放棄と言うことになってしまいますので十分に注意して下さい。

抽選が行われ、当選して初めてIPO株の購入となるのです。

とにかくIPOの取得の場合、需要申告によって購入申込の権利が発生しても、その後の購入申込を行わない限り、権利放棄とみなされ、権利が失効してしまいますので、絶対に忘れないようにして下さい。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子
  
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!

IPOの当選確率を上げるにはどうすればいいのか


IPOが公開されるとまず、初値が付きます。

この時点で、この持ち株を売却すれば、公募価格と初値との差額が投資家の利益になります。

もちろん、もしも初値の方が、公募価格を下回っている場合には、それは損益ということになりますし、その場合、この株を利益が出るまで持ち続けることも当然、可能、と言うことになります。

IPOでは初値が公募価格を下回ることは、めったにありませんが、可能性としてゼロではありませんので、覚悟をしておくことだけは必要でしょう。

現在、主流であるブックビルディング方式の場合のIPOは、公開された株式の数よりも、その株を買いたいという希望投資家が多い場合は抽選で購入者を決めることになっています。

この抽選は、ほとんどの場合、コンピュータによって行われます。

そのため、抽選の過程は完全にシステム化され、抽選の透明性や、公平性を確保して、無用な疑いを避けるため、人間が途中で関与することが全くないようにされていることが多いようです。

その抽選に当選して初めて、買うことが出来るという状況になっています。

しかし、人気の高い銘柄の場合、せっかく申し込んでも、なかなか当選をして、買うことができないという問題もあります。

それでは、IPOの当選確率を上げて、株を購入するためにはどうすればいいのでしょう。

その答えは非常に単純で、かつ明快です。

つまり、複数の証券会社からIPO申し込みを行うのです。

IPOは株を公開する企業ではなく、企業からの依頼を受けた証券会社が行っています。

その依頼を受けてIPOを引き受けた証券会社のことを主幹事証券会社と呼ぶのですが、ここで一つ、忘れてはならないのが、主幹事証券会社以外の証券会社でもIPOの申込みを受け付けていると言うことです。

できるだけ多くの証券会社で申し込んでおけば、それだけ当選する確率が高くなることは、明白な事実です。

また証券会社の方でも、顧客のために、さまざまなサービスを取り揃えており、IPOの抽選に外れるごとにポイントがもらえ、ポイントを使うと当選率がアップするという証券会社もあれば、ブックビルディング開始の初日に申し込むと、当選率がアップする証券会社、外れるとIPO落選お詫び料20円がもらえる証券会社等もあります。

また、特にサービスは謳っていなくても、主幹事の銘柄を数多く持っている証券会社もあります。

是非詳しく調べた上で、できるだけ多くの証券会社で申し込みを行うようにしてください。

窓口が多ければ多いだけ、当選する確率は高くなるのです

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子
  
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!

IPO、公開までの流れ


IPOはどのようにして公開され、またどうやって購入するのでしょう。

さらにそのIPO公募価格はどのようにして決定されているのでしょう。

ここではIPOが公開されるまでの流れを、順を追って見ていこうと思います。

まず、株式の上場に際しては、株価(公募価格・売出価格)を決めなければなりません。

現在、公募価格・売出価格を決めるのには2つの方式が使われています。

まず一つはブックビルディング方式、と呼ばれる方式で、もう一つは入札方式と呼ばれる方式です。

ではこの2つの方式を具体的にIPOの流れに沿って、説明していこうと思います。

まず、ブックビルディング方式ですが、これは株価の発見能力が高い、と判断されている機関投資家等からの意見をもとにして、価格帯と呼ばれる仮の条件を設定します。

そしてその価格を投資家に提示した後、発行会社はこの仮の条件を基にして、投資家からの需要を把握し、さらに市場の動向を予想して、市場にあった発行価格を決定するという方式です。

つまり、株式を公開する前に、このIPOを買いたいという投資家を募集してしまうのです。

この募集は株を公開する企業が行うのではなく、企業の依頼を受けた証券会社が行っているのが普通です。

これがブックビルディング方式とよばれ、証券会社によるこの募集期間のことをブックビルディング期間といいます。

これに対して入札方式は、まず、投資家がIPOに対して希望購入価格で申込みを行います。

その申し込みの状況に基づいて、株の発行の条件や発行価格を決定するという方式です。

公平なようですが、この入札方式だと、IPOに際して、株式の取得のために投機的な入札を行うので、人気が高い銘柄だと、発行価格が非常に高くなってしまうケースもありえます。

それに対して、ブックビルディング方式は、入札方式に比べると、価格が高くなりすぎるのを防ぐ働きが高い、と言われています。

そのため最近はほとんどのIPOの公開は、ブックビルディング方式で決められているのが現実です。

では、ブックビルディング方式で行うIPOは完璧なのか、と言うと、決してそうではありません。

公開された株式の数よりも、申込んだ投資家の人数ガが多い場合には抽選をすることになります。

そして、その抽選に当選した投資家だけが株を買うことができるのです。

従って、人気の高い銘柄だとIPOになっても抽選になる可能性が高く、当選して購入できる可能性も低くなってしまうのです。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子
  
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!

IPOのメリットとデメリット


IPOは、企業にとっても投資家にとってもさまざまな利点と利益をもたらします。

まず企業にとっては、IPOで企業名が知られることによって社会的な信頼を得ることができますし、それが事業の円滑化をよび、優秀な人材の確保に繋がる、と言う利点があげられるでしょう。

また、IPOによって企業自体が、顧客に対しての説明責任を負わなければならないことなどから、自らを厳しく律する、という利点も生まれます。

投資家にとってのIPOのメリットは、第一に、株を取得する時に手数料がかからない、ということがあるでしょう。

また、IPOの株価の売り出し価格が、割安に設定されていること、IPOを行う企業が、新興企業と呼ばれる歴史の浅い会社が多いことから、公開後に業務の拡大や、上場後の株価が大きく上昇しているケースが少なくない、ことなども挙げられます。

ただし、上場後の株価については、100%値上がりをする、とは言い切れないのが事実です。

このようにIPOにはメリットが数多くありますが、もちろん、デメリット、と言うか、注意をするべき点もいくつかあります。

投資家についてのデメリット、それは、上場後に株価がすぐには安定せず、ブレている状態が続き、落ち着くまでに、早くても3ヶ月、企業によっては6ヶ月近くかかる場合がある、と言うことです。

従って投資家としてはその3ヶ月ないし、6ヶ月間焦らずに、慎重に見守っていく必要があります。

また、IPOを行う企業には新興企業が少なくない、と述べましたが、事業の急激な拡大と成長を期待できる反面、前例やモデルケースとなる企業が少ないため、上場後の成長のバリエーションの想像がしづらい、というデメリットもあります。

また、企業側のデメリットとしては、会社の株価を毎日、投資家が判断する事から、経営者事業運営の力量・資質などが厳しくチェックを受ける、という事になります。

また、極端に言えば資金さえあれば誰でも株式を取得できることから、企業にとって好ましくない株主による株の購入、俗に言う敵対的買収などの可能性がある、と言うことも事実です。

しかしIPOに限らず、物事に、メリットとデメリットはつきものですから、経営者と株主との間にいい意味での緊張関係が築かれることや、経営がスムーズに運営されるようになることなどから、否定的にばかり捕らえるものではなく、デメリット面も含めて全てIPOのメリットだ、とする考え方もあります。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子
  
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!

IPOとは?


IPOとは、正式にはInitial(最初の) Public(公開の) Offering(売り物)のことで、それぞれの単語の最初の文字をつなげて、IPOと呼ばれています。

これは、まだ株式市場に上場されていない会社の株式の売買を可能にすることで、一般的には通常、上場に伴って公募の増資や、株式の売出を伴います。

以前は、日本証券業協会(JASDAQ)の登録銘柄となることを、上場と区分していたのですが、ジャスダック証券取引所が発足するとともに、現在ではその区分は廃されています。

未上場企業にとって、新規に株式を証券取引所に上場し、投資家に株式を取得してもらう、というこのIPOのシステムは大きな利益と信用を生むことができます。

つまり、企業にとっては株式を上場することによって、直接金融市場から広く資金調達することが可能となりますし、また知名度が上がって、会社自体の社会的な信用を高めることもできます。

こういった利点からここ数年、株式の新規公開を行う企業が急増しており、IPO自体が非常に注目されています。

もちろん企業にとってだけではなく、一般の投資家にとっても利点があるからIPOが指示されているという点も見逃すことはできません。

ではIPOが投資家にもたらす利点とは具体的にどんなものがあるのでしょう。

順に見ていきたいと思います。

まず大きな魅力は何といっても取得に際し、手数料がかからないと言うことでしょう。

さらに絶対だとは言い切れませんが、株式上場後に、株価が大きく跳ね上がっている銘柄が多い、と言うこともあります。

また、IPOの際の価格が割安に設定されている場合が多い、と言うことも魅力でしょう。

もう一つ付け加えるならばIPOを行う企業には、社歴の浅い、俗に言う、新興企業と呼ばれるものが多く、これはつまり、上場後の業務の急激な拡大が期待できる、と言うことも挙げられるでしょう。

特に最近では、株式市場でも、株式上場後に、株価が大きく上昇する企業が多く、IPOは市場でも一般投資家の間でも、非常に注目を浴びているのです。

その上、企業にとっては、IPOによって、企業自体の知名度が上がるとともに企業の事業展開の円滑化が進むことや、有名企業へと躍進することによって、優秀な人材の確保(新規雇用やヘッドハンティングなど)がしやすくなる、というな利点も少なくないのです。

このような例から現在株式公開を行う企業が増えてきている、と言えるのではないでしょうか。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子
  
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!

株の商材


今色々な商材が販売されていますが、株の商材も販売されています。

商材というのはインターネット上で販売されている情報商材のことですが、株の商材を購入することで、色々と情報収集をすることができるようになります。

株の商材を販売しているサイトも色々とありますから、自分でサイトを色々と調べて、株の情報商材を購入するという方法もあります。

しかし商材のすべてが、有益な情報とも限りませんし、信頼できる情報であるとも限りません。

中には高い値段を出して買ったとしてもそれほどメリットのある情報ではないという場合もあります。

今までに株の商材を買った人の多くが、失敗を繰り返して、本当に役に立つ商材に出会うまでにいくらも投資してきたというのが現状です。

株の投資で利益を上げたいと思っていても、その方法が分からないので、情報収集の一環として株の商材を購入するのですが、それもあまり意味のないものだったらお金の無駄遣いになります。

株の商材を選ぶという場合には、本当に信頼できる内容であるかどうか調べた上で、購入するようにしましょう。

今選ばれている株の商材はランキングを見ればわかりますから、ランキングを見て商材を選ぶという方法もあります。

株の商材ランキングで選ばれているものの多くは、本当に価値のある情報だということになるのではないでしょうか。

せっかく高いお金を出して商材を購入したのに、全く役に立たない情報であった場合には、がっかりしますよね。

中身をよく見て信頼できるものかどうかを、見極めたうえで、株の商材を選ばなければいけません。

株の商材をこれから選ぶ人へのポイントとしては、色々な人の口コミやレビューなどを見ることが大切です。

口コミやレビューというのは、実際にその商材を購入して中身を見た人がその感想についてのべています。

商材の宣伝文句などは、色々といい面ばかりを書いているので、本当の内容はわからないものですから、やはり実際に購入してみて中身を見た人の口コミのレビューなどを読んだ上で選ぶと確実ではないでしょうか。

もちろんレビューや口コミというのは個人の感じ方ですから、最終的に株の商材を選ぶは、自分で判断しなければいけませんので、しっかりと無駄な情報を手にしなくてもいいようにしましょう。

ランキング等を見て、口コミなどもよく確認した上で選ぶのがポイントです。

株の商材は自分にとってメリットのある有益なものを選ぶようにしましょう。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子
  
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!

株の短期売買のポイント


株の短期売買を行う際のポイントについては、まず短期の人気や流行りのあるものを株の銘柄として選びます。

そして株価の値の動きがある程度あるものを選ぶようにしましょう。

もちろん値の動きだけでなく流動性のある株の銘柄を選ぶようにします。

短期で株の売買を行うようなデイトレードの場合には、やはり株の銘柄選びに力を入れる必要があります。

株価の動きにかなり幅があるような株を選ぶようにします。

そして流れのある株がいいと言われていますから、株で流れに乗っているようなものを選びます。

そして上向きのトレンドをキープしているものや、上向きのトレンドで押し目のポジションになっているようなものを選ぶことが必要です。

押し目になってから反発に変わるまでに5日移動平均線をうわまっているようなものを選ぶのがいいと思います。

短期の株取引で買う場合には、どれくらいトレンドが上を向いている状態が続いているのかどうかを見極めます。

そして値の動きを見て、幅が広くなっている値の動きの株を選ぶようにします。

では株の短期の売るというタイミングについては、トレンドが下向きの状態が続いていること、ということが重要です。

株の短期売買をするという場合には動きを確認して少しでも値の動きがあった場合には売買を繰り返して取引利益を上げることになります。

デイトレードを行う場合の注意点ですが、株取り引きで一攫千金を狙っているような人の場合には、あまり意味のない投資方法かもしれません。

手間もかなりかかりますし、手間がかかるだけでなく、利益は微々たるものですから、大きな利益を上げたくて一攫千金を狙っている人にとっては、意味がありません。

短期売買では一攫千金を狙ったような投資方法はできません。

そしてパソコンの前にずっと張り付いていなければいけませんから、疲労を伴うこともありますし、投資でミスをしてしまうという人もいますので、その点は注意しておきましょう。

株の短期売買では、即日で完了して取引が終わりますので、明日まで株を持って持ち越すことはありません。

ですから、経済の動きが大きく変わったり、テロが起きてしまったりしても、大暴落になると心配しなくてもいいというメリットはあります。

株の短期売買をする場合には、このようにメリットもデメリットもありますのでポイントをついた取引をするといいと思います。

初心者にとってはなかなか大変ですから、ある程度慣れてきてから行うのがポイントです。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子
  
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!

株のテクニカル分析


株のテクニカル分析という言葉を聞いたことがあるという人は多いと思いますが、テクニカル分析をして株がこれからどう動くのか方向性を知ることになります。

株のテクニカル分析をすることによって動きや株のパターンなどが分かってくると思います。

株の長期保有の場合の方向性、現在の株のポジション、そして今の株のポジションはどこを向いているのかというようなことをテクニカル分析では知ることができます。

今紹介したポイント3つに視点を合わせて、判断をする基礎にします。

上がるのか下がるのか、そして天井なのか底値なのかということなども株の敵にかる分析ではわかるようになると思います。

株のテクニカル分析では、もっと大事なことがあり、株の分析から、株の動きを把握できるようになった場合でも、自分が予測した動きと逆の動きをしてしまったという場合には、ロストカットをしなければいけません。

そして利益が出たら利食いをするというように、精神的にも強くならなければなかなか株取り引きで利益を上げるということは難しいと言われています。

株取引というのはなかなか精神的にも鍛えなければいけない面があるんですね。

精神面で強くなれば、損を出してしまったときでも、損切りをするというルールをあらかじめ自分で決めておくことで、損をこれ以上増やさないことにつながります。

リスクを最小限にしておけば、利益さえ出ていれば、株は手元に残りますから、利益はどんどん増えて行きます。

利益を出してもなかなかロストカットするという勇気がでなくてロストカットしなかったという人もいます。

ロストカットをしなければ、損が増えてしまうという可能性もありますので、ここは思い切ってテクニカル分析で、良く考えた上で、ロストカットしてリスクを最小限にとどめることが一番大切です。

テクニカル分析ではロストカットのルールを決めることが大切です。

株で取引をしている人というのは、色々と自分の中でルールを決めて利益を手にしています。

テクニカル分析をして、色々とチャートを自分で判断できるようになった場合には、実践でも力が付いてくると思います。

ロストカットを行う勇気をもつこと、それが大切です。

どんな相場になったとしても、自分の決めたルールはいかなる場合も、従うこと、それが一番大切なことになり、テクニカル分析を行う際でもルールを曲げることが内容にして行きましょう。

そうすることで損を最小限に抑えることができます。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子
  
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!

株のセミナー


株を始めるにあたっては、色々と知識が技術を身につけなければいけませんが、色々情報を収集したり本を読んだりするという方法ももちろん効果はあると思います。

しかし株についてもっとさらに勉強をしたいと思っている人の場合にはセミナーなどに参加してみるという方法もあります。

株のセミナーは色々な場所で開催されています。

最近は株のセミナーに足しげく通って、少しでも、株について理解を深めたいと思っている人も多いと思います。

しかし、株のセミナーと言っても色々な種類があります。

例えば初心者向けの株セミナーもありますし、それだけでなく、中級者編や上級者向けの株セミナーなどもあります。

自分のレベルに合わせて株セミナーを利用して少しでも自分にとってメリットのあるセミナーに参加してみましょう。

セミナーが開催されている場所というのは色々ですが、ビルのセミナー会場などを利用している場合もあります。

証券会社主催の物の場合には無料で行われていることもあるのですが、場合によっては投資のプロによるセミナーなどの場合には有料で行われているという場合もありますので、どのセミナーに参加するのか自分で選んで考えた上で参加するようにしましょう。

初心者の場合には、どちらかと言えば、無料のセミナーに色々と参加してみて、より多くの情報や知識を収集するということが大切です。

しかし上級の人になれば、投資の方法や自分にとって知りたい情報などが聞けるセミナーに参加しなければ時間の無駄になることもありますので、その場合には無料ではセミナーが受けられないこともありますから有料でお金を支払って参加しなければいけません。

直接出向いてセミナーに参加する方法以外にも、最近は株取引をしている証券会社主催のインターネット上で行われるセミナーもあります。

インターネット上で行われているオンラインのセミナーなら家に居ながらにして、パソコン上でセミナーを見ることができるのでとても便利ではないでしょうか。

パソコン上でセミナーを見て、リアルタイムで行われているセミナーの場合には、カメラなどの環境が整っていれば、質問をリアルタイムに受け付けてくれているというものもありますので、会場に直接行くのと同じくらいの臨場感と、そしてためになる話を聞けると思います。

セミナーは、本やネットで調べる情報ではなく、リアルにその時に役に立つ話を聞くことができますから、初心者の場合には、できるだけ多くののセミナーに参加することがいいでしょう。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子
  
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!

株の運用方針


株の運用方針については人それぞれ違っていると思います。

まず株取引を始めるにあたっては、自分で運用方針について考えてみるのがいいと思います。

たとえば長期的に株を保有していくのか、それとも単発でデイトレード方式で投資していくのか人によっては違っていると思います。

投資目的に合わせて運用方針を考えましょう。

運用方針は人によって色々と違っていると思いますが、たとえば2種類の方法があると思います。

貯金する代わりに株の投資をするという人で、リスクはあまり背負いたくない人や、老後の資金を使って株の運用をしたいと思っている人、会社の退職金で株の運用をしたいと思っている人などは、できるだけ株の値段の動きがない物を選んだり、株主優待が色々と受けられる、配当金が多いようなものを選ぶのがいいと思います。

株というのはどうしてもリスクを伴いますので、貯金をしているよりはリスクと常に隣り合わせではありますが、長期保有して、持ち続けるということは、リスクが一番低いと言ってもいいと思います。

しかし長期保有する株を選ぶ場合には、必ず将来性がある投資先を選ぶ必要があります。

あまり景気に値の動きが左右されないような電力株とかガス株などがお勧めです。

値の動きが少なくて、配当が高い株はディフェンシブ株という名前が付けられています。

こういった株を選ぶのがいいと思います。

そして二つ目の運用の方針としては、株で何か一儲けしたいと思っている人です。

株でひと儲けして例えば何百万円単位のお金を稼ぎたいと思っている人の場合には、それなりの運用方針を立てなければいけません。

たとえば今の株の値段がとても安いもので、これから成長していくであろうと考えられている株、話題の株などを購入するというのがお勧めです。

これから上がる可能性があって値の動きがある程度ある株を選ぶ必要があります。

こちらの運用方針の場合には、リスクをかなり伴いますので注意しなければいけません。

このように、株の運用方針は人それぞれ違っていて、どんな株を選ぶのかということも、その方針によって違ってきますから、自分がこれから先どんな株を選びたいのか、それをよく考えた上で、投資をしましょう。

リスクをそれなりに伴うケースもありますので、リスク管理についてもしっかりと行っておく必要がありますので、ある程度知識を身につけることも必要になってきます。

株の運用方針は人によって違いますが、取引前にある程度考えておくことが必要です。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子
  
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!

株の分析


株取引では情報を分析するということが大切になってくると言われています。

株の分析というのは自分で色々と集めてきた情報を役に立たせるために分析を行うことになります。

そして分析をしてより分かりやすくすれば、株の状態や今の現状が理解できるようになってくるのです。

株の情報分析に便利なのがPERやPBRといったものではないでしょうか。

これは株の今の値段が割安だとか割高だとかを見分けることができるようになります。

この割安なのか割高なのかということを知ることは、株の売買のタイミングをつかむことにもつながると言われています。

他にも情報分析としては財務諸表も参考になります。

これはいてみれば、会社の通知表のようなものですね。

また経営に関する健康状態を見ることにもつながると思います。

これを自分で情報を見て理解できる力があれば、会社がこれから先も大丈夫なのか、将来的にも安心して投資を続けてもいいのかということがわかるようになりますので、とても便利ではないでしょうか。

しかし株の情報分析の際の、情報というのは意外と個人投資家の皆さんはスルーしてしまいがちです。

特にPERとかPBRといた横文字が入ってくるともう理解できないのではないかと勝手に思ってしまいがちです。

しかしそんなこともありません。

この内容を理解できるようになることが株の投資で、チャンスをつかむことにもつながるので、諦めずに株の情報分析は行った方がいいですね。

株取引を始めるにあたっては勘に頼って取引するだけでは利益はあげられません。

確実に利益を出したいと思っているのであれば、情報分析の力が必要です。

情報分析はそんなに初心者が1日やそこらで理解できるというものではありませんから、経験を積みながら、時間をかけて理解して行くということになります。

分析をして行く力がついてくれば、きっと株取引がもっともっと楽しいものになりますし、気がつけば、株価の予測を立てる時間がとても速くなっていたというケースも十分に考えられますので、分析する力を身につけてみましょう。

そのためには、色々な人の情報分析の方法を知ったりアドバイスをもらったり、勉強をすることも大切です。

何もしなくても分析ができるようになる人は絶対にいません。

しっかりと分析できる力を養うためには、株取引の経験と、そして情報を見極める判断力が必要になってきますので、その点はよく知識を詰め込むくらい勉強しておきましょう。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子
  
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!

貸株


貸株という制度をご存知でしょうか?

貸株というのは自分が購入した株を、一時的に証券会社に貸すことを言います。

そして証券会社は借りた株に対して金利を支払っていくということになります。

普通は株を持っているだけで金利がつくことはないのですが、証券会社に貸すということになると証券会社から金利がつくということになります。

これが貸株です。貸株を行った場合には、今の日本では、年率として0.5パーセントの金利がつくと言われています。

ということは、100万円分株を持っていた場合には、購入して貸株制度を使ったら、1年で5,000円金利が入ることになりますから、5年放っておけば、何もしなくても金利だけでも25,000円も受け取ることができるというとても美味しい取引になります。

貸株制度を利用して、株取引以外での利益を出すという方法もあるのですが、残念なことがあります。

それは貸株を行っているところがあまりないのです。

現在貸株を行っている証券会社というのは本当に限られていて、今日本の証券会社で、貸株を行っているところというのは、マネックス証券が一番最初にやり始めたと言われています。

インターネットの証券会社の中ではマネックス証券だけが行っています。

貸株を利用してみたいと思っている人は、一度マネックス証券のサイトで確認してみてはいかがでしょうか。

他の株取引と違った利益を出すことができるのでメリットになると思います。

貸株というのは、株投資家にとっては、とてもメリットの高くて、とても有利な制度ですから、興味があるという人の場合には、ぜひ利用してみるといいのではないでしょうか。

貸株を行った場合に証券会社が証券金融会社から、借りた株式の売却したときのお金というのは、証券金融会社へ担保として預けられることになります。

このことは貸株代り金という名前で呼ばれています。

貸し借り取引を行って証券金融機関が証券会社にお金を貸している株の総額は株残高と言われていますが、貸株残高というのは、毎日株の銘柄ごとに発表されていきますので、それを見て、貸株を利用していない人も増減状況をチェックしておくということは、株の値段を把握する際の一つの判断材料になると思いますので、必ず確認しておいた方がいい判断元になると思います。

貸株は、顧客に株式を借りるという証券会社のシステムで、とても便利で投資家にとってはメリットが高いので要チェックです。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子
  
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!

人気のある株


人気のある株というのは、投資をしている人によっても違っています。

プロの投資家達に人気のある株と個人の投資家の間で人気がある株とではずいぶん株の種類が違ってくるのです。

個人で人気のある株としては、たとえば、どんなものがあるのか、こちらで紹介してみますので、株をこれから始めるという人の場合には、参考にしてみるというのもいいかも知れませんね。

個人で株投資をしている人に人気なのは、やはりお得な感じがして、メリットの高い株が人気です。

たとえば株主になれば、何かメリットが色々と発生するような、特典が生まれるような株がいいということになりますね。

もっと簡単に言ってしまえば、株主優待の内容が充実している株であったり、配当金が多ければ言うことがありませんね。

配当金が多いという会社はそれなりに業績のいい会社ということになります。

業績がいいか悪いかは、目で見て判断しずらいので、配当金が多いか少ないかを配当利回りを見て確認してみるといいと思います。

配当利回りというのは、どうや手計算をするのかと言うと、考え方自体は、貯金の年率のような形になっています。

1株当たりいくらの配当でそれを今の株価で割ってください。

そしてその額に100をかければ、配当利回りが計算できてしまいます。

たとえば、株価が1000円の株があったとします。

そして、その株の銘柄で、1株に付き配当金は20円だったとすると、20円÷1000円かける100で計算できることになります。

これで計算すると2%という数字が出てきます。

ということはこの会社の配当利回りは2%という計算になりますね。

配当利回りが計算できたところで、次は自分にどれくらいの配当金が入ってくるかですが、たとえばその会社の株を100万円持っていたとするとその2%が配当金として支払われることになるので、20,000円入ってくることになります。

このように、個人投資家に人気の株というのは、配当金の利回りがいい株が人気ですね。

他にも先ほど紹介したように、株主優待の内容が充実していて、何かもらえたり、サービスが受けられるなどの場合には、株は人気があると言われています。

色々と株によって特典やメリットはあるのですが、株のメリットや人気ばかりで株を選ぶというのはあまりいい方法ではありませんので、あくまでも株価を見た上で、いろいろ比較して将来性なども見て選ぶのが一番安全な方法ですので覚えておきましょう。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子
  
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!

株の情報収集


株取り引きには情報収集が欠かせないと言われています。

今はインターネットや携帯電話がありますから、情報を手に入れることは昔ほど難しいことではなくなりました。

この世界にはたくさんの情報が流れていて、その中で自分が株の投資をするにあたって必要な情報を収集すれば、それが自分にとってのメリットになるということになります。

しかし株に必要な情報収集をするといってもこんなにたくさんの情報がある中で、どれが正しくて役に立つ情報なのかわからない人も多いと思います。

情報収集をすると人ことで言っても人それぞれ集め方というのは違っています。

共通して言えることとしては、確実に使うことができる、役に立つ情報を、いかにスピーディーにすぐに効率よく収集できるのか、それが株取引を行う上での情報収集の大切なポイントになります。

普段日常生活を送っている中でも、十分に株取り引きに必要で役に立つ情報というのはあります。

身の回りで役に立つ株の情報というものはどんなところから入手できるのかまずは紹介して行きたいと思います。

まず一番身近と言えるのがテレビでしょうか。

テレビを見てニュースなどで放送されている内容から情報収集をするという人は多いですね。

車に乗っている人ならラジオを聞くという人も多いかも知れません。

テレビやラジオ、そしてインターネットも今はパソコンが一家に一台の時代ですから、何でも情報収集をするのに便利に役立ちます。

そして新聞や本といったものも株取引の大切な、情報収集元の一つです。

このように、株取引をする上で情報収集できることというのはこんなに色々な種類があります。

この中で一番どの情報が役立つのか、それは内容を見ない限りはわかりません。

しかしこの中で、どれが一番速い情報なのか、それはやはりインターネットの情報が一番早く、そしてテレビやラジオ、新聞、本といった順番になると思います。

もちろん株に関する情報は速ければそれがすべてというわけでもありませんから、速ければいいということではないので誤解しないようにしてくださいね。

株の情報収集をするにあたって使える情報源はこんなにありますので、自分の目で見て時には本から知識を得る、時には新聞から情報を収集するといったように使い分けてみるというのがいいのかもしれませんね。

情報が正しいかどうかは、あとは自分の目で見て判断するしか方法はないでしょうから、判断する材料は自分で見つけなければいけません。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子
  
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!

株の心構え


株を行う際の心構えとは、色々とありますが、まず一つ大切なこととしては目的をはっきりさせることが大切です。

株を始める目的は何でしょうか?

あなたはなぜ株を始めたいと思ったのでしょうか?

その目的をしっかりと把握しておくことがとても大切なことになります。

株を始める目的、ほとんどの人が株で利益を上げて資産を増やしたいからと思っていると思います。

もちろんその目的以外の人も中にはいるかもしれませんが、それはかなり抽象的な目的と言ってもいいかも知れません。

株の心構えとしては、目的をもっと具体的に表しておきたいということです。

株取引をするうえで、目標はどれくらいの売上ということになるのでしょうか。

その点をしっかりと把握しておいた方がいいですね。

いくらくらい利益を出したいと思っているのか、ただ単にお金が増えればいいと思っているのか、その目的というのは具体的にはどれくらいなのか、しっかりと数字で示していきたいものです。

たとえば、かなり大きな額を狙って株取引をしたいと思っているのか、それとも少し銀行に預けるよりも利回りがよければいいという程度なのか、それは人それぞれ違っていると思います。

なぜ株の心構えとして具体的な数字まであげて、目的をはっきりさせなければいけないのか、その理由は、目的に合わせて株の取り引きの方法、投資の方法が違ってくるからです。

株取引の方法は、目標に合わせて変えて行うのがいいのです。

目的に合わないような投資方法を利用していても、リスクを増やしてしまうことになるかもしれませんから、それではいけませんね。

今まで特に投資をしたことがない人にとっては、しっかりと目的を把握した上で、目的を達成させるための投資方法を見つけた上で、株取引を行うということはとても大切なことです。

それが株の心構えです。

ハイリターンを狙ったがためにハイリスクを背負うような形になってはいけないのです。

しっかりと自分がどれくらいを目標にして株で利益を上げたいと思っているのか、その点をしっかりと最初に考えた上で、株をスタートさせましょう。

株の心構えとして一番大切なこと、それは自分がどんな投資をしたいのか、投資の目的をしっかりと持って、はっきり具体的な数字まで上げておくということになると思います。

なかなか最初から目標通りに投資するということは難しいと思いますが、目標に向かって、目的を決めて投資をするということは大切なことです。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子
  
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!

株の証券会社選び


株取り引きを始めたいと思った場合に、証券会社の口座がないと取引はできません。

株取引には証券会社との取引も必要なのです。

証券会社というのは色々とあって、それぞれに特徴がありますので、その特徴を抑えて選ぶ必要があります。

証券会社の中で自分に合ったサービスや取引等を選ぶ必要があります。

今証券会社の種類も多いことから、それぞれの会社が、競争して色々なサービスを行っていますから、いろいろ比較しながら選ぶのがいいでしょう。

証券会社には、総合証券といった会社と、インターネット証券の会社の二通りがあります。

総合証券は大手の野村證券、大和証券などの証券会社で、営業のスタッフなどもいますし、投資に迷ったり、アドバイスを求めたいときにも相談をすることができます。

しかし人件費がかかってしまうので、売買手数料などはインターネットの証券会社と比べると高いのが特徴です。

それに比べてインターネットの証券会社の場合には、ネットを使って簡単に自分で取引可能です。

証券会社の人件費が必要ない分、売買にかかる手数料は安くなったり無料になるというケースが一般的です。

しかし総合証券会社にいる営業マンがいないことになるので、アドバイスをあおったり出来ないということがデメリットとして挙げられます。

証券会社ごとに手数料の違いもありますので、手数料はできるだけ安い所を選ぶのがいいと思います。

取引を頻繁に行う投資方法を選んだ人の場合には、特に手数料が安い所を選ぶ方がいいと思います。

そうなると必然的にインターネット証券の方が手数料の安さでは勝つことになりますね。

しかし手数料の安さがすべてではありませんから、それだけで選ぶというのもあまりいいことではありません。

機能が使いやすくて便利な証券会社もあれば、セミナーなどに力を入れている証券会社もあります。

それぞれの特徴を生かしたサービスを展開していますから自分がどんなサービスを望んでいるのか、それを知ったうえで証券会社を選ぶようにしましょう。

それぞれのメリットを比較して、自分にリスクがないかどうか確認をした上で、口座開設は無料ですから、いくつか証券会社の口座を複数持って試してみるというのがいいかもしれませんね。

そうすれば、どこのサービスがよくて、どこが一番自分に合っているのかが分かっていいと思います。

株を始めるにあたっては、証券会社の選び方から始め、比較を色々した上で選びましょう。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子
  
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!

株のシュミレーション


株取り引きをこれから行う初心者にとっては、いきなり本番の取引を行うというよりも、まずは株取引の流れを知るためにも、どんな流れで株取引を行っているのか、ある程度把握しておくことが大切です。

そこで便利なのが株のシュミレーションです。

株のシュミレーションというのは、それぞれの株を取り扱っている証券会社などが用意している体験の疑似株取引ができるゲームのようなものです。

株投資について、色々と本を読んだりしながら勉強をするという人もいると思うのですが、いろいろ知識ばかりを頭に入れるというよりも、まず実際に取引してみるというのが手っ取り早い方法ではないでしょうか。

しかし初心者が実際のお金を利用して取引を試してみる、勉強してみるというのは少し不安だと思います。

そこで便利なのがネット株取引のシュミレーションですね。

誰でもほとんどの場合が無料で使うことができるので、株のシュミレーションを使って、自分で一度取引をやってみるといいと思います。

シュミレーションとは言っても、実際の感覚は十分にわかるようなリアルさで作られているのでとても勉強になります。

ただ違っていることは架空の資金であるということだけですね。

その他はほとんど本物さながらの取引を行うことができるので、練習をするにはとてもいいと思います。

シュミレーションゲームは、必ず初心者にとって、株取引の本番に役に立ちます。

シュミレーションを利用するためには、まずはインターネット証券の株取引用の口座を作ることから始めます。

シュミレーションの種類も色々とありますし、証券会社によっても色々違っているので、自分が試したいシュミレーションを選んで、色々と株の口座を作ってみてもいいと思います。

口座開設は無料なので、複数口座を持ってもお金はかかりません。

そしていくつか口座を作ったうえで、シュミレーションゲームをやってみましょう。

ゲームによっては自分にとって使いにくい機能だと感じることもあると思いますので、その場合には別の証券会社のシュミレーションを試してみてもいいですね。

ゲーム感覚で続けていくことで、自然に取引の流れや売買のタイミングなども身についていくと思います。

本番で失敗しないためにも、スムーズに取引ができるようにするためにも、まずは初心者の場合にはシュミレーションゲームから始める、それが一番大切になってくるのではないでしょうか。

いきなり本番よりは、絶対にいいと思います。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子
  
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!

株の投資信託


株の投資信託というのは、自分で株を行うのではなくて、株取引をプロに依頼して行ってもらうスタイルの投資です。

株を一人で動かすのが不安な人などは、株の投資信託を利用するといいかもしれませんね。

株の投資信託では、株の投資家から詰めた資金を使い、色々な株の銘柄を組み合わせて購入しています。

日経平均株価系の株や、日本の大企業の株、成長率が高い株、外国株というようにジャンルが決められているので、その中から選んで組み合わせる形で投資します。

株の投資信託の場合には、個人で買えば手が出せなかったような金額の株も1万円位の値段で購入することができるので、とても便利です。

しかも色々な株を組み合わせて買うことによって、リスクが分散されるというメリットもあります。

自分で色々なジャンルの株を買いたいと思ったら、それこそかなりの資金が必要になりますし、そんなに多くの銘柄を購入することができませんので、リスクが集まってしまいます。

銘柄の選び方一つで、株取引の成功か失敗かが分かってしまうので、個人での株投資はかなり難しいものがあります。

しかし株の投資信託を行った場合には、株式を色々と詰め合わせて投資を行うことができますので、少しずつを色々投資することができます。

普通だったら数十万円以上必要な株でも、一万円位から手が出せるというのもメリットの一つではないでしょうか。

少ない資金で株を始められる上に、色々な株の銘柄に投資することができますから、リスク分散ができてとてもいいと思います。

初心者が株の取引をするには、投資信託を利用するのが安全で、スムーズに利益を上げる方法になると思います。

投資信託を行った場合には、メリットばかりではありません。

投資のプロに依頼して、自分の代わりに投資をしてくれるのですから、投資信託手数料が必要です。

手数料を支払わなくてはいけないというデメリットはあるかも知れませんが、銘柄を選ぶことも、投資の資金を分けてくれることも、すべてプロの投資家、ファンドマネージャーと呼ばれる人がやってくれますから、とても安心して任せることができます。

すべてを投資信託で取引するというのではなくても、たとえば3分の2の資金を株の投資信託にまわして、そして残りのお金は自分でネット株取引に利用するというようにしてみてもいいと思います。

賢く色々と使い分けて株取引をするといいかもしれませんね。

そうすることで安心して、安全に確実に株の利益を上げることができるのです。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子
  
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!

株の手数料無料


株の取り引きには手数料がかかるというケースが多かったのですが、ここ数年で、インターネットが普及したことによって、インターネットでの取引手数料が無料というところも増えています。

特に取引を頻繁に行っているようなデイトレーダーにとっては、手数料が無料であるということはかなりの大幅なコスト削減につながります。

現在、手数料を無料で株取引を行っているインターネットのネット証券はどこがあるのか紹介したいと思います。

まず丸三証券はその一つです。

20万円までの手数料が無料になっていて、口座開設から2ヶ月間は無料ということになっています。

手数料が無制限で無料のところもあります。

松井証券やートレード正面の場合には無制限で手数料が無料となっていますが、金額が10万円までと決められているので注意しましょう。

株取引を行う証券会社を選ぶ際には、手数料が無料のところを選ぶという方法も一つの方法としてありますが、一番お得と言われているのが、2ヶ月間投資金額に関わらず、取引回数無制限で手数料が無料である丸三証券ですね。

もしも今余裕資金として20万円以上持っているという人の場合には、丸三証券で取引をすると、手数料無料で取引ができますからお得です。

2か月以上過ぎたとしても、20万円までの手数料はすべて無料になっているので、これはかなりお得に株取引を行うことができるのではないでしょうか。

インターネットの証券会社の口座開設手数料というのは常に無料ですから、もしもどの会社が一番お得に取引できるのかわからなくなったという場合には、無料で色々と口座を開設してみてもいいかもしれませんね。

あちこち口座を開設したとしても、特にお金がかかるわけでもありませんので、実際に、使ってみてあちこち試してみるのもいいかもしれません。

お勧めの証券会社としては、カブドトットコムもあります。

こちらはインターネットでの株取引初心者に便利なカブボードフラッシュという機能がお勧めです。

とても見やすくて初心者でもわかりやすい無料の情報が見られる画面で、株取引には手数料がかかりませんのでおすすめです。

これから株取り引きをおこなうという人は、証券会社の手数料について着眼した上で、どこで取引を行うのか考えてみるといいかもしれませんね。

特にデイトレードや短期トレードを考えている人の場合には、手数料は無料、もしくは安いにこしたことはありません。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子
  
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!

株の会社選び


株を取引するためには、会社の銘柄を選ぶところから始まります。

会社の選び方については初心者はわからない人も多いのではないでしょうか。

まず株の会社を選ぶという場合には、その会社の経営状態を一番に確認します。

利益が出ているのか、健全な経営が行われているのか確認しましょう。

そして株の値段は安いかどうかも確認しておく必要があります。

せっかく株を購入するのに、あまりにも高い値段の場合には意味がありませんので、株が安い値段で取引されているかどうか確認する必要があります。

株取引の際には成長率についても確認しておきます。

ある程度成長しきっている会社というのは、これから先成長する可能性がない、ここでストップする、もしくは下に下がる可能性もあります。

一番いい株の銘柄の選び方としては、これからまだまだ成長する可能性がある成長率が大きな会社を選ぶということです。

伸びしろがあるという、言い方もされていますが、まだまだこれから伸びる可能性のある会社を選びましょう。

そして次に経常利益率についても見てみます。

経常利益率が大きな会社を選ぶことがポイントです。

やはり何と言っても儲かっていない会社に投資をしても、意味がありませんから、もう買っている会社を選ぶこと、それが大切なことになりますね。

そして将来性についても見ておく必要があります。

将来的につぶれてしまいそうな会社というのは、投資をしてももしかすると今までお金をかけてきたものが0になってしまう可能性もありますので、その場合には、意味がありません。

つぶれないで、将来も安定した経営を続けられる会社かどうか、将来性の面でも確認してみましょう。

そして株の値段は買いやすいかどうかも確認すべき点ですね。

株の値段が高ければ手を出しにくいと思いますので、手を出しやすい株の値段であるかどうかを考えておくのです。

任天堂の株は誰もが予想できなかったくらいに高値がついたと言われています。

ファミリーコンピューター、ゲームボーイを販売してから、しばらく低迷していた任天堂が、再びDSを販売して、Wiiを販売するまでの数年間、株を持っていた人にとっては株価が上がらない状況が続いていますから、辛かったのではないでしょうか。

しかしここにきてヒット商品が連発でしたから、それによって株価は大きく上がりました。

このように予想もできないくらいにヒットする商品が出る場合もありますから、自分の勘や会社の状態を見越して会社を選ぶといいでしょう。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子
  
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資