<スポンサードリンク>





株のソフト


株のソフトは色々と出回っていますが、実際のところ、どの株ソフトがいいのかわからない人も多いのではないでしょうか。

株ソフトとは、株取引を便利に、スムーズに行うことができるツールの一つです。

売買をあらかじめ予測してくれる株ソフトもあれば、シュミレーションソフトなどもありますので色々です。

株の値段について細かい点まで分析をしてくれるような株ソフトなどもあります。

初心者がいいなと思って手を出してしまいがちなのが、株の自動売買ソフトです。

自動売買ソフトというのは、意外と株取引を行う上で便利だと思われがちですが、何も考えなくても機械が勝手に取引してくれるという便利なものでもありますが、初心者が安易に手を出してもいいソフトとはいえませんので、注意して利用して行きたいですね。

自動売買ソフトの場合には株の銘柄を選んだり、株の売買まであらかじめ設定すればすべてソフトが自動で取引してくれるのでとても便利です。

楽に何も考えなくても取引できるので使っている人も多いかもしれません。

株ソフトの中で今とても人気があるソフトとして知られているものの中に、「トレードマネージャー」というソフトがあります。

このソフトは比較的安定した人気と評価があることでも知られています。

このソフトは、株取引について予想してくれるだけでなくデータも集めてくれますし、売買のシュミレーションも行うことができるのです。

トレードマネージャーの中には、株取引実践講座と呼ばれる基礎知識を身につけることができる講座などもありますから、株を始めたばかりの初心者にとっては、とても便利なソフトになるのではないでしょうか。

具体的には、株の銘柄の選び方や売買をする際のタイミング、自分に合った投資の選び方など、基本的なことを教えてくれています。

基本的な知識を身につけたうえで、株のソフトを使うことは、とても有効的なことですが、気をつけたいのが、何の知識もないのに株ソフトに頼って取引をするという人です。

それでももしかすると利益が出ることもあるかもしれませんが、そんな投資の方法をしていると後から痛い目に合うこともありますので、しっかりと株の投資のスタイルや目的などはあらかじめ考えてから、ソフトは補助的なものとして使うようにしましょう。

そうすることが、株ソフトを上手に使いこなして株取引を進めることにつながります。

株初心者の場合には、安易にソフトに手を出さないように注意しましょう。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子
  
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!

ベトナム株


ベトナム株も今中国株に次いで人気のある株の一つです。

日本人トレーダーの多くがベトナム株には注目をしています。

ベトナムはまだ経済的には発展途上国で、どちらかと言えばまだまだ経済状況が安定していないというイメージを持っている人も多いと思います。

しかしそこが狙い目です。

これから経済的に伸びる可能性があると思われる国の株に投資をするということは、これから株価が上がる可能性がありますので、株取引に有利に働くのです。

日本の今の経済というのは、どんどん低くなっていき不景気です。

株の状態も、数年前に比べると儲かっている人というのはごく一部と言われています。

しかしベトナムは日本と比べてみると経済的にはまだまだではありますが、これからどんどん成長する可能性があると見込まれているのです。

ベトナムの株を取り扱っている証券会社はまだほとんどありませんので、実際にベトナムに証券会社の口座を開いて取引をすることになります。

ベトナムの証券会社の中には日本語スタッフがいる場合もありますので、そちらを選んだ場合には、口座開設手続きや申し込み手続きがスムーズに進むのではないでしょうか。

少し始めるまでには手間がかかりますが、ベトナム口座が開ければ、簡単にベトナム株への投資が可能になります。

口座を実際に開くまでは国も違っているのでかなり手間も時間もかかります。

口座を開くことを代行してくれる会社もありますので、資金的に余裕があって手数料を支払うことができるのであれば、代行会社に依頼するといいかもしれません。

自分でベトナムに口座を開いて、株取引をスタートさせる場合においても、費用としては50,000円位は必要になってくると思いますので、業者に依頼した場合との値段の兼ね合いを見て、考えてみてもいいかもしれません。

中国株を取り扱っている国内の証券会社は今増えているのですが、まだベトナム株の場合には取り扱っているところがありませんので、スタートさせるには色々と手間も時間もお金もかかってしまいますが、その手間や時間、お金を使ってでも、ベトナム株は始める価値があります。

必ず経済的に上がり、これから先、株価が絶対に上がると見込まれていますので、株で将来的に一儲けしたいと思っている人は、ベトナム株が今とても注目されているのです。

株投資家達は、国内の株取引も行いつつベトナム株も購入して保有しているというケースも増えているのが現状です。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子
  
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!

中国株


中国株は今注目されている株の一つです。

中国というのは、今目覚ましい経済発展を遂げている国の一つで、今の日本とは違った経済状態にあると言われています。

かつての日本が経済途上だったころに、経済発展したのと同じように、今の中国も目覚ましく年々経済発展をしているのは間違いありません。

日本は経済が発展して、落ち着き、その結果として景気も悪くなっているのが現状ですが、今の中国というのは、かなり経済成長が急速に進んでいるので、中国の株を買うことで、利益をこれからどんどん増やすことができるチャンスと考えられています。

昨年は、北京オリンピックも開かれて、中国の経済はまだまだ右肩上がりで発展して行くと言われていますから、日本人も、お隣の中国のこの経済状態を少しでもあやかって、利益を増やそうと考えている人は多いと言われています。

経済の影響をあやかるためには中国株を購入するのが効果的です。

中国の大きな会社の株というのは、日本の大手企業の株に比べてみるとリーズナブルな価格で購入できるというのがメリットの一つです。

そしてまだまだこれから急成長するというのびしろがあると考えられている中国株ですから、今のうちに、安い値段のうちに、購入しておくことで、これから先もっと株価が上がると見込まれています。

中国株を購入するにあたっては、中国で買わなければいけないことはありません。

日本でも、証券会社が、中国株を取り扱っているというケースが年々増えつつありますので、証券会社を選ぶ際に、中国株を取り扱っているところがあるかどうか確認して選ぶといいのではないでしょうか。

中国株を始めてみたいと思った人は、証券会社で、中国株を取り扱っているところをまずは選ぶことから始めましょう。

その上で情報収集を色々と行って、日本の株との違いや、中国株の特徴を勉強した上で実際に取引をした方がいいと思います。

2008年に中国で大地震が起き、その際は、一時的に中国株の価格が下がったために、少し心配をした人も多いと言われていますが、それからは、株の値段も安定していますし、復興作業が進むにつれてまた経済状況も安定して右肩上がりになる可能性は十分にあります。

株取り引きで一味もふた味も違った楽しみ方をして、国の将来に投資してみたいと思っている人は、今中国株がホットですから、中国株を選ぶようにして取引をスタートさせてみると、今すぐの利益ではなく、将来、数年後の株価が必ず上がるのではないでしょうか。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子
  
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!

株購入の注意点


株を購入するにあたっての注意点についてですが、まず、株の購入方法というのは、昔に比べるとかなり楽になったと思います。

今では証券会社の口座さえ開けば誰でもインターネットを使って株取引ができるようになりました。

インターネットのオンライントレードを利用して取引をしているという人も多いと思います。

インターネットで取引をした場合には、手数料が安くつきますし、リアルタイムに取引ができるというメリットもあります。

インターネットを使って取引をしている人が大半だとは思うのですが、実は、なかなかこのネット取引での株購入は注意すべきことがあるのです。

まずは証券会社を選ぶにあたっては、投資の方法をきちんと確立してから、自分に合った投資方法で、その上で証券会社を選ぶ必要があります。

自分の目的に合わせても投資方法を選ばなくてはいけませんし、目的によっても違ってくると思います。

株購入の投資方法というのは、デイトレードがありますが、デイトレードでも注意点があります。

リアルタイムに取引をしなければいけませんし、初心者が一瞬の迷いで大損をしてしまうというケースもあります。

まだ経験も浅いうちから、株購入にあたってデイトレードという投資方法を選ぶと大損をすることもあるので十分に注意が必要です。

株購入の際にインターネット上で購入するわけですが、電話注文や窓口の注文では、スタッフが対応してくれるので、数字のけたを間違えていたりしてもすぐに気が付くことがありますが、ネットでの注文の場合には、すべて自己責任の上で、自分で入力をして行わなくてはいけませんからなかなか大変です。

自分で数字を一桁間違えてしまえば、かなり大きなリスクになりますし、タイミングなどもかなり難しくなってきます。

株購入で注意すべきこと、やはり初心者は無茶はしないということですね。

株の銘柄もしっかりと時間をかけて選ぶことが大切ですし、どちらかと言えば株の長期保有を考えて将来的に株の値段が上がる会社に投資をするというスタイルをとった方が安心です。

経験や知識、タイミングなどが必要な株のデイトレードなどもいいかもしれませんが、やはり初心者にとっては安全な買い方とはいえないのです。

株購入の際は、一つ一つ考えて、本当にトレードしてもいいのかなども考えたうえで、投資をするようにしなければ、あとから悔やんでも悔やみきれない事態を招くことにもなりかねませんので、十分に注意しましょう。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子  
[PR]

保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!

株の注意点


株取引を行うにあたっての注意点について紹介して行きます。

まず株初心者は特に注意しなければいけないのが、株に関する情報についての注意点です。

株の情報というのは色々と出回っていますが、株の注意点として、これらの情報をうのみにしてはいけません。

株の情報というのはすべてが正しいわけではありませんし、中には、全くのガセネタと言ってもいいような情報も、高い値段で販売されている場合もあります。

すべての情報がインチキであるというわけではありませんが、初心者が、株取引をするうえで、情報にすぐに飛びついてしまうと痛い目に合ってしまう可能性があるということです。

株の情報の中には、これをするだけで何円稼ぐことができるといった情報なども掲載されているのですが、そんな情報に惑わされてはいけません。

自分が本当に必要な情報なのか、そしてその情報が本当に信用できる情報であるかどうかも確認しなければいけません。

しかし多くの人が、「絶対に儲けられる」という言葉に惑わされて、その情報が信用できるかどうかも確認せずに購入してしまい、信用して取引をしてしまうというケースが多いです。

その情報が無駄になるだけでしたらいいのですが、株取り引きに失敗してしまって、大きな損を抱えることもあります。

株の取引というのは、その人によっても取引のスタイルというのは違っています。

ですから、必ずしも、情報の通りに取引をすれば必ず儲けられるということはないのです。

株というのはどんな取引で成り立っていて、自分の持っている資金ではどんな取引をすることができるのか、そういった面もよく考えたうえで、株取引を行わなくてはいけないのです。

株取引の注意点として、他にもシステムトレードという自動売買ができるというツールがありますが、初心者が安易に手を出す機能ではありません。

自動売買ツールは、初心者が勝手に株の取引をしてくれるから任せておけばいいと安心して使えるツールではありません。

経験を積んだ人でもなかなか使うのが難しいツールです。

基礎からしっかりと勉強をした上で、株取引を行わなくては、簡単に儲けられるとか、簡単に売買ができるツールに頼ってしまっていると大変な目にあいますので、十分に注意して取引を行うようにしましょう。

株取引初心者は、特にこういった情報に惑わされやすいので、まずはコツコツ自分で知識を身につけて取引をするということをよく考えて行いましょう。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子  
[PR]

保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!

株と余裕資金


株を始める際には余裕資金を使って行うようにしましょう。

株を行う際の資金は、どんなお金だかは、人それぞれ違っているのでわかりません。

それが今まで貯めてきた大事なお金かもしれませんし、もしかすると、定期貯金をおろしたお金なのかも知れません。

しかし株取り引きをおこなう際には、余裕資金を使って行うのが一番安全です。

余裕資金というのは、余裕のある資金のことを言います。

そのお金がもしもなくなったとしても、生活に関係がないというお金で、そのお金が万が一リスクを負って0になったとしても、諦めがつくお金、そのお金は当分は使わないので、今投資しても困らないお金。

このように、生活資金でもなく資金に余裕があり、そしてリスクを背負ってもあきらめられる気持ちに余裕のあるお金で、そしてそのお金はすぐに使うこともないので、時間的にもお金に余裕があるお金のことを余裕資金と言います。

もしも今例を挙げた中で、どれか一つでも余裕がないような場合には、それは株にまわすのに向いていないお金です。

たとえば、リスクにさらされてもよくて、生活資金として困らないというお金であっても、2ヶ月後に、必要なお金だと決まっている場合には、株の投資に使ってもいいというお金ではありません。

生活費を株の投資に使うという人はほとんどいないと思います。

しかし数か月後までは使わないので、それまで株取引を行って、少しでもお金が降ればいいと思っている人もいると思います。

しかしこれはよくありません。時間が気合っている資金というのは、株の取り引きに使えないのです。

インタネットで株取引を行うという人の場合には、意外と損切りをするのが難しくて、何年も株価が上がらずに手放したくても手放せないようなそんな意味も価値もない株になってしまいます。

株投資をするのに向いているお金は、生活に影響を与えないお金で、そして万が一、損をして0になってしまった場合でも、諦めがつく、納得のいくお金で、時間的にいつまでしか使えないという期限が付けられていないお金を使うことが大切です。

それが余裕資金です。株投資には、余裕資金を使うこと、それが大切です。

株投資は数年前に比べると手軽にできるようになり、ネットでパソコンのクリック一つで取引可能になっているので、手軽に始めてしまう人も多いですが、始める際の資金としては、余裕資金を使うこと、それだけは守らなくてはいけないことを覚えておきましょう。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子  
[PR]

保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!

株の権利落ち


株の権利落ちという言葉があります。

この株の権利落ちというのは、株主の権利がなくなることを言います。

株主の権利がなくなると言うことは、配当金を受け取る権利もなくなりますし、株主優待を受けられる権利もなくなります。

また株式分割ももらえませんし、株主総会にも出ることができなくなってしまいます。

ほとんどの会社では、決済というのは3月や9月に決済を行っているのですが、株主としての権利を受けたいと思っている場合には、権利確定日に、会社の株を持っていて、株主として登録されていることが条件です。

しかし権利確定後に株主登録された場合には、権利落ちということになるのです。

株の権利落ちというのは、配当金なし、株主優待なし、株主総会にも出られないことになります。

株主の権利落ちの状態では、株取り引きのメリットがすべてないことになりますが、株主の権利を逆にもつためにはどうすればいいのでしょうか。

株主の権利を持つためには、3月の会社の決算の時に、3月の末にある、権利確定日に、株を購入していても、株主の権利をもらうことはできません。

株を購入すればすぐに株主になって株がもらえるわけではなくて、取引をした日を合わせて4日後に受取が行われますから、決算の行われる末の日の4日前に権利を持っていなければ権利を持つことができません。

間に合わなくて、3日前に取引をしてしまって決算に権利がもらえない状態になってしまうと、それは権利落ちということになります。

株取引初心者は、権利付きの最終日と、権利確定日が混乱してしまうのですが、これは別々の物です。

3月30日を末日としたときに4日前ですから、27日なら権利付きの最終日ということになりますので、株主の配当金ももらえますし、株主優待も受けられます。

そして株主総会にも出ることができますが、28日になってしまいますと、これは権利落ち日になりますので、株の配当金も、株主優待も、株主総会出席もできなくなり、株取引の株主のメリットがすべてなくなりますので、株を行う際には、取引が完結する日と、そして決算の日をきちんと確認した上で、株を始めるようにした方がいいでしょう。

末日がもしも日曜日だった場合には、権利確定日も、早く前倒しされますので、その計算もした上で、取引をする日を決定して行くことが大切です。

権利落ちをした後に株を購入したとしても、3月の決算には間に合わないですが、9月に配当がもらえる場合には、9月には権利付きになります。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子  
[PR]

保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!

株とニュース


株を始めるとニュースをチェックしなければいけません。

ニュースで報道されている内容と言うのは、とても株の値段に影響を与えていますから、株取り引きをやるにあたっては、ニュースを確認してチェックしておく必要があります。

株の動きと言うのは、株の銘柄のその会社の業績によって変化しますが、その会社だけの業績ですべての株の動きが影響すると言うわけではありません。

株と言うのは、その会社だけでなく、他にも日本の経済や世界の経済なども影響しているのです。

ですから、テレビのニュースで報道されていることで、株に影響を与えるニュースがあるかもしれませんので、必ずチェックしておく必要があるのです。

まず国内総生産の、GDPと言う言葉がありますが、これは国内で一定期間に作られた付加価値のお金の総額のことを表しています。

このGDPというのは、株にとても影響を与える数字で、日本の株式市場では、日本のGDPの数字以外にも、アメリカのGDPの数字なども株の影響を受けることになりますので、必ず確認しておく必要があります。

GDP以外にも、鉱工業生産指数というものもありますが、こちらも景気を左右する数字ですから、株の値段にも影響を与えているのです。

他にも消費者物価指数というものがありますが、こちらも株の値段に影響を与えます。

今紹介したような必ず確認すべきニュースや数字というものは、経済新聞や、毎日のテレビで放送されるニュースでも放送される数字ですから、毎日確認しておく必要があります。

他にも日銀短観と呼ばれるものもあります。

この日銀短観というのは、周庸全国企業短期経済観測調査を略したものなのですが、日本銀行が会社に対して、アンケート調査を行って、今の企業の業績の状況などを把握するためにアンケートを行います。

日銀短観というのは、アンケート調査のサンプルもかなり数が多いですし、とても細かい部分までアンケートで知ることができます。

信頼性もかなり高めになっていますから、株に影響を与える経済指標の数字の中ではとても大切な数字となります。

他にも機械受注についても、株に影響を与えると思いますので、今紹介したような数値と一緒に合わせてチェックしておくといいでしょう。

ニュースを見て経済の状況を知ると言うことは大切なことですが、それ以外にも数字を見て、これから先の株の動きがどうなるのかということを考えて株取り引きをおこなうと、より先を見越した取引ができるようになるのではないでしょうか。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子  
[PR]

保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!

株のチャート


株のチャートは色々な種類があります。

まず株のチャートと言うのは、罫線とも言われているのですが、これは株の値段の動きがとてもよくわかるグラフになります。

チャートを分析することは、必ず株取引を行う際には必要に安ってきます。

株の値段が国の経済状況や会社の業績などに影響を与えているので、これをわかりやすくチャートにしたものを見れば、一目でこれからの株の動きがわかりますし、株の値段がこれからどう上がっていくのかと言うことが分かっていくと思います。

チャートと言うのはいつから始まったのかと言うと、日本では江戸時代に始まりました。

チャートには種類が色々とあります。とめ足と呼ばれるチャート、棒足、ローソク足と言った種類があります。

株のチャートの種類で、止め足と言うのは一番初心者でもわかりやすいと言われています。

これは日々の終値や週末や月末などの決まった日の終値を表しています。

止め足を見れば、株の値段だけでなく円の相場にも使われていますし、商品の相場などにも使われています。

そして株のチャートの棒足と言うのは、1日や1週間、1ヵ月といった基幹の高値と安値をチャートとして棒グラフにしたものです。

決められた期間の中で株がどうやって動いたのか、その株の値段を、チャートを見ればすぐにわかるようになるのです。

チャートの種類の株のローソク足と言うのは、一番良くつかわれているチャートです。

ローソクみたいに見えることでローソク足チャートと言う名前で呼ばれているのですが、これは、情報が4つから成り立っています。

ローソク足チャートの情報と言うのは、始値、終値、高値と安値のこの四つから成り立っていて、株の人気の動きなどを見ることができるチャートになっています。

株取引を始めるにあたっては、チャートの動きを見ておくことが一番大切です。

予想をして株の動きが今後どうなるのか、世界の情勢や国内の経済、そして値段の動きなど、様々なことを見ることができるのが株のチャートです。

初心者にとっては、チャートの見方と言うのは難しくて、良く分からないこともあるかもしれませんが、慣れてくれば、一目で動きを読むことができますので、とても便利なツールになるのではないでしょうか。

証券会社などの機能やツールでも、チャートをすぐにみることができるので、最大限利用して、株の予想に役立てて、少しでも利益が出るようになれば株取り引きがスムーズにできるようになります。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子 
 
[PR]
保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!!

株の追証


株取引をしていると、株の追証と言う言葉が出てくると思いますが、この追証と言うのは、証券会社にお金を預けるお金が、信用買いや信用売りをしたときに損をしたことで、減ってしまったことから、足りなくなる場合がありますが、その場合に足らなくなったお金を追加で証券会社に入れることを言います。

追加保証金と言う言葉を略して追証と言います。

簡単に行ってみると、信用取引に使うお金と、預け入れているお金の彩さんが合わなくなったので、足りないものをお金を増やすと言うことになります。

これは自分で気がつかない人が多いので、証券会社から、お金を追加してくれるように、連絡が入りますので、その連絡が入ったらお金を追加しないといけません。

信用売りや信用取引だけにこの株の追証と言うのは行われるので、現物取引をするという場合には、ありません。

どんなくらい損害が出ると保証金がどれくらいの量が減るのかと言うと、それについては初心者にとってはわからないと思います。

どれくらいの損が出てお金がどれくらい減るのか、それは、だいたい最低保証金維持率と言うのは、20%と決められています。

ですから、証券会社は、最低保証金維持率の20%を切れば目安に連絡が入ると言うことになります。

具体的に例を挙げて見ると、50万円委託保証金を入れていったとして、限度額の100万円分を株の保証金維持率として預けていて、信用買いすることになります。

委託保証金の金額を建て玉で割ったときに出た数字が、維持率と言うことになります。

維持率が20%を切ってしまったら、証拠金を追加で預けなければいけないことになります。

株の追証が出た場合には、追証が出てしまった日を合わせて3営業日の12時までに足りなくなった分の委託保証金を証券会社に預け入れることになっています。

証券会社によっては、違っているのでよく確認しておきましょう。

もしもここで、株の追証のお金を入れることができなくなってしまったら、どうなるのでしょうか。

これは株の主の思いとは関係なしに、反対売買が行われて、強制決済が行われ、損失の確定になります。

株主にとって強制決済と言うのは、自分の意思とは関係なしに、売買することになりますので損害につながります。

株取引で初心者は失敗しやすいと思いますが、追証の連絡が来るまで放っておかずに、それまでに損切りをするということを行った方が損害を減らすことができると思いますので、損切りをした方がいいでしょう。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子  
[PR] 保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識 |

株の板


株の板というのは株取り引きでとても重要なことの一つでもあります。

株取り引きにはチャートが大切になってきて、分析をしているという人も多いのですが、実はチャートと同じくらいに、板をチェックするということも重要になってきます。

株の板というのは何かと言うと、売買の注文の今の状況を表示している板のことを言います。

板は、それぞれの証券会社の機能として、ログインすれば確認することができますが、ページを何度も更新しながら株取り引きをするというのは、あまりいい方法と言えません。

そこで利用するのが、証券会社が用意している、板の取引専用のツールがあるので、そちらを利用して取引します。

株の板は、売買の注文をリアルタイムで表しているので、これを見て今の状況がどうなっているのかを確認します。

株の板の中には、見せ板と呼ばれるものがあります。

見せ板と言うのは、買う気や売る気がない、売買をする気がないのに、注文を出して、投資家達を混乱させるという方法のことを言います。

なぜこんなことになるのか、例えばですが、買う気が最初からないのに、大量に買い注文を入れれば、投資家は安心して株を買うと思います。

そのあとに大量に出していた買い注文を途中で引っ込めてしまえば、突然買い注文が減ったことによって、投資家は、不安になります。

不安になれば買った株を売ることになって、株の値段が急激に下落してしまいます。

それだけならいいのですが、どんどん安い値段で株を買うことができるようになり、この時点で空売りを仕掛けてきて、さらに値段を下げて行って、投資家達を混乱させてもっと売らせてしまうというような悪質な方法があります。

こういった株の見せ板の方法は、資金を沢山持っている機関投資家やプロの投資家が行うもので、大量の売買が短い期間に入ったという場合には、板を見て、おかしいことに気がついて、見せ板かもしれないと思って、株の取引をセーブしたり、株取り引きに影響が出ないようにしましょう。

株の板と言うのは株の売買には欠かせない、とても大切な情報源になりますので、チャートの分析ももちろん必要で、大切ではありますが、チャートと合わせて、板のチェックも必ず行うようにして、株の動きや売買の動きを確認するという癖をつけるようにしましょう。

株売買では他にも経済の動きなども確認しなければいけませんから、取引を始めたら、チェックしたり、毎日確認することがとても多いので注意しましょう。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子  
[PR] 保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識 |

株の投資法


株の投資方法は1種類ではありません。

株の買い方や売り方というのは色々と種類がありますので、株をどれくらいの期間もつのか、株の売買のタイミングによっても、株の投資方法というのは違ってきます。

株を短い時間で売買する方法の中で、一番短い時間で取引することは、スキャルピングと呼ばれています。

このスキャルピングという言葉は、ネイティブアメリカンが、元々敵の頭皮を、戦いで勝ったらそいでいたことからきている由来です。

薄く頭皮を剥ぐことを意味しているスキャルピングという手法は、数秒や数分で株の売買を完了してしまう投資の方法という意味合いで使われています。

このスキャルピングという株の売買の方法というのは、意外と利益が少ないですし、もしも予想通りにいかなければ、たった数分数秒でも、損害が出て大きく含んでしまうので、あまり初心者にはおすすめ出来ない方法です。

株の投資の方法に、デイトレードという方法があり、デイトレードは聞いたことがある人も多いと思いますが、これは1日単位で株の売買を完了させる短期投資の方法です。

デイトレードは取引をしている間、パソコンの前にずっと座って画面に張り付いていなければいけませんから、普段仕事をしているサラリーマンなどはできない投資方法です。

株の動きが少しでも動いたらすぐに注文を出して売買を繰り返して利益を出すという方法で、1日で完結した取引をすることになりますので、次の日に株の値段が大きく下がって損が出るというようなことはない投資方法です。

他にも株の投資方法には、スイングトレードと呼ばれる方法があります。

スイングトレードという方法は、2日から1週間といった単位で、株の売買を行うます。

ですから、デイトレードでは普段仕事をしている人は、株の取り引きでパソコンに張り付いていられなかったという人も、スイングトレードなら、できるという人も多いのです。

スイングトレードでは、かなり大きな利益をあげられる投資の方法として知られていて、過去に20代で株のスイングトレードを行って、100億円稼いだ人もいると言われている幻の投資方法です。

そして最後の投資方法としてはポジショントレードという方法があります。

株のポジショントレードは、数週間―数か月単位で株取引をするという方法で、長期的に株の取引を行います。

株の相場がいい場合には、ポジショントレードは有効的な投資方法なのですが、株の相場がいまいちな時には、損害が膨らむこともあるので注意しましょう。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子  
[PR] 保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識 |

株を買う流れ


株を買う流れについてですが、実際に株を買う方法について表記したいと思います。

まずは、株のオンライントレードするという場合には、自分のIDで会員ページにログインをすることから始めます。

そしてログインをしてから、取引という項目がありますので、そちらをクリックすれば、株取引を開始させることができます。

株取引画面では、買い注文を出すのか、それとも売り注文を出すのか選ぶことになります。

買い注文を出す場合の流れとしては、買いたいと思っている株の銘柄のコードがありますので、4桁の銘柄コードを入力してください。

そしてどれだけ株を購入するのか、購入数も入力します。

そして指値注文なのか、成行注文なのかを選んで、単元株をいくらで購入するのかも入力しましょう。

取引の流れはここまでで、あとはパスワードを入力すれば、これで株が買えてしまいます。

この一連の流れを株の動きを見て、1分1秒を争っている時にも最初から入力しなければいけないので、焦ってしまう人もいるかもしれませんが、焦って数字を打ち間違えてしまうと大変ですから、最初は慌てずにしっかり入力して行きましょう。

慣れてくれば、スムーズに入力できるようになると思います。

証券会社の中には、取引が簡単に出来る機能やツールを用意しているところもありますので、そちらを使えば、さらにスムーズに入力することができるようになるのではないでしょうか。

株を買う取引の中で、指値か成行かを選ぶところがありましたが、これはどういう意味なのでしょうか。

株の指値注文というのは、自分があらかじめ設定した値段以下で株を買いたいと思ったり、自分が設定した値段以上で株を売りたいと、希望した株価を決めて売買する注文方法のことを言います。

一般的な株の場合では、自分の希望の値段で売買取引ができるように指値注文をメインにして行う人が多いのが一般的ではないでしょうか。

そして成行注文というのは、自分で希望した株価を決めないで売買注文をする方法です。

成行注文は指値注文よりも優先的に注文されますから、株の値段が急激に上がりそうで、今すぐ株を売買したいという、急いでいる時の売買には、とてもいい注文方法です。

成行注文は株を買うときには、今の値段よりも割高で購入することになって、株を売るときには、割安で手放すことになりますから、結果的には、損が出てしまう取引の方法なので、一般的に通常取引をする場合には、指値注文で売買取引をした方がいいでしょう。

投稿者 銭ゲバ
 
投稿者 友近由紀子  
[PR] 保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | キャッシングローンミニ知識 |

株の空売り


株の取り引きの中に信用取引というものがありますが、そこで出てくるのが空売りです。

空売りは信用取引の種類の一つなのですが、トレーダーの注文によっては証券会社が株を調達してきます。

この調達してきた株を売ることを空売りと呼んでいます。

簡単に言えば、自分が持っていない株を売って買い戻すことを空売りと言います。

自分が持っていない株、つまり証券会社から借りた株を買い戻して返すことを表しています。

借りてきた株を売った時点で株の値段が、買ったときよりも後から下落することを予想して取引を行うのですが、株の値段の下落幅が、そのまま利益ということになります。

初心者にとっては少しわかりにくいこともあるのですが、例えば、10万円で株の空売りをしたという場合に、後々9万円に株価が下がったとしてください。

10万円から1万円下がったので、9万円の時に株を買い戻して証券会社に株を返すことで、1万円利益を受け取ることができるというわけです。

株の値段が必ず下がるケースばかりではありませんから、もしかすると株の値段が売ったときよりも上がってしまうこともあるのですが、上がってしまった場合には、株の値段が上がった分が、そのまま損益になります。

10万円で空売りした株が、11万円に上がってしまえば、買い戻したときには1万円損をしたことになります。

空売りは通常の株の値段が上がれば利益がもらえる買いの取引とは逆で、下がれば利益につながる取引の方法を言います。

株の空売りは、株の値段が下がっても利益を出すことができるので、投資家にとってはピンチをチャンスに変えることができるのですが、空売りばかりが増えてしまったら、売りが売りをつなげることになって、さらに株価が下がってしまうことになって、株式市場が縮小する可能性もあるので、十分に注意しましょう。

空売りをする場合の注意点としては、空売りをした人が株の値段が上がって損を出すことに耐えられなくなった場合に、株を買い戻すことがありますが、その影響で株の値段が上がることがあります。

これは踏み上げと呼ばれているのですが、株価の急騰につながると言われています。

今まで下がっていて株価が下落して、信用売りの債務が膨らんだ会社に、空売りをすれば、思ってもみないくらいに損失が出てしまうこともあるので、踏み上げに影響されないように、株取引を行うことがポイントです。

初心者の場合には、少し複雑なので、慣れるまで、やらない方が無難です。

投稿者 銭ゲバ

株の信用取引


株の信用取引についてですが、株の取り引きというのは、現物取引と信用取引というものがあります。

現物取引というのは、証券会社会社の口座にお金を入れただけで、株を買うことができる普通の取引のことを言うのですが、信用取引というのは、証券会社にお金を預けて、その預けたお金の3倍の額の株を購入することができる取引のことを言います。

例えば、100万円証券会社にお金を預けている場合に、信用取引にすれば、300万円分の株を購入できるということですね。

信用取引というのは、お金をあまり持っていない時に、絶対にこれから上がると見込まれる株を沢山買いたいと思ったときなどに利用するといい方法です。

他にも株の信用取引の特徴としては、買い注文からではなくて、売り注文でもできることも大きな特徴の一つです。

普通は株を購入して、値上がったら売ってそれで利益を出すことが一般的ですが、株の値段が下がると予測できる時には、ある株を売って、株の値段がまた下がったら、それを買い戻せば、利益を出すことができるのです。

例えばですが、10万円で株の信用取引をして、売り注文をします。

空売りして、8万円で買い戻した場合には、2万円も利益が出るということになりますので、株の信用取引を使えば、相場が下がったときだとしても、利益を出すことが可能になります。

株の信用取引では、証券会社の信用口座を作るところまでは同じです。

委託保証金を積み立てて投資家から注文を受けて、買い注文の時は、その金額を調達してきて、投資家に貸してくれます。

投資家は、この時点で証券会社からお金を借金して取引をしているということになるので、購入した株を手放して売るまでは、証券会社に借金の金利を支払わなくてはいけないので覚えておきましょう。

信用取引をして、売りと注文をしたときには、投資家から注文をもらった証券会社は、株を貸し出して売り建てる株を用意します。

そして調達してきた株をトレーダーに貸して、半年以内にこのとき手にした株を買い戻しして差金決済して株を渡すという流れになっています。

初心者が、信用取引で株取引を行うというのは比較的、ハイリスクハイリターンであるとされているので、あまり手を出さない方がいいと思います。

なぜなら自分が預けたお金の3倍の値段で取引をするので、利益が出れば、3倍の利益になって戻ってくるのですが、損をしてしまったら3倍も損をすることになるので注意しましょう。

投稿者 銭ゲバ

ミニ株


ミニ株という言葉を聞いたことがある人も、最近は多いと思います。

ミニ株とは、普通の株の10分の1の資金で購入可能な株のことを言います。

単元株が10株で、その場合の株価が1万円だった場合には、普通の株取引では株を購入する場合には10万円資金を用意しなければ始められませんが、ミニ株の場合には単元株の価格の10分の1位で始めることができるので、1万円で株を購入できるとうものです。

ミニ株は普通の下部に比べると、かなり少ない資金でスタートできることがメリットとしてあげられて、個人投資家で株を始める人を少しでも増やすことを目的として作られた株です。

なぜ株主を増やしたかったのか、その理由としては、株主である個人投資家が増えれば、増えるだけ株式市場は活性化されるので、株が盛り上がる、株式市場が活性化されることを目的にしていたのです。

株は資金がたくさん必要なので、手が出せなかったという人でも、ミニ株なら少ない資金でも始められるということもあって、購入する人は多いと言われています。

ミニ株を購入する場合には証券会社でミニ株購入をすることになるので、株主は自分ではなくて実は証券会社という扱いになります。

ですから、指値注文もできませんし、株主優待なども受けることができません。

株主優待は株主に対しての優待ですが、ミニ株の場合には株主は、証券会社ということになりますので、投資家自身が株主になったというわけではないので、株主優待はミニ株では受けることができないのです。

ミニ株のメリットとしては、少ない資金で株取引を始めることができるということで、株初心者にとっては大金をいきなり投資するよりは、少しの金額から株の取り引きになれるという意味ではメリットになります。

また単元株では購入したくても購入できなかった株の銘柄があった場合でも、ミニ株ならその株を買うことができるということになります。

ミニ株を買い続ければ、単元株になりそうなれば単元株主になることも可能なのです。

デメリットとしては、株主にはなれないので、株主優待だけでなく株主総会にも出ることはできませんし、会社から受け取ることができるはずだった配当金などの権利もありません。

ミニ株の株主が受け取れる配当というのは、証券会社が会社からもらった配当をミニ株主に対してさらに配り直すという形になるので、その分額も減るのが特徴です。

また手数料なども普通の株に比べると割高になっていますし、取扱銘柄も証券会社によって違うこともデメリットです。

投稿者 銭ゲバ

株の口座の種類


株の口座には種類があります。

証券会社に口座を作る際に一般口座か特定口座かを選ぶところがあると思いますので、この2種類から株の口座を選ばなくてはいけないのです。

一般口座と特定口座の違いは、源泉徴収ありなのか、なしなのかに関わってきます。

そして確定申告にも大きくかかわってくるので、口座を開設する際には、きちんと、口座の種類を選んだうえで開設するようにしましょう。

まず株の口座のひとつ目として、一般口座がありますが、株の一般口座というのは、株取引の売買の利益や損益などを自分で計算をすることになります。

自分で計算をした上で、確定申告をして税金を納めなければいけない口座のことを言います。

自分で計算して確定申告をするわけですから、かなり手間もかかりますし手続きに行かなくてはいけません。

税金の特例適応が受けられるというメリットはありますし、特定口座源泉徴収ありとして毎月税金を引かれてしまわないので、確定申告を行う時まで資産運用できるというメリットはあります。

会社員の場合には給与所得以外に年間で20万円以上利益があるという場合には税金がかかってきます。

株の取り引きの額が少なくて利益が年間に20万円以下という場合には、一般口座を開設すれば、特に確定申告の手続きを行う必要もありませんので、いいと思います。

特別口座の源泉徴収ありを選んでしまった場合に、利益が20万円以下なら、税金は還付されませんので結果的には損をすることになります。

では株の口座で特定口座の源泉徴収なしにするというのは、証券会社から送られてくる年間取引報告書を使って簡単に確定申告手続きができる口座です。

簡単に出来ることはできるのですが、自分でしなければいけないことには違いはありません。

特定口座源泉徴収なしにすれば、一般口座と一緒で、名付き税金は引かれません。

そして確定申告の手続きが簡単だというメリットがあります。

デメリットとしては、特例適用外になることや、簡単とは言え確定申告が必要であることですね。

そして特定口座の源泉徴収ありの場合には、確定申告を一切しなくてもいい口座を言います。

自分で確定申告をするのが手間だとか面倒に感じている人にとっては、特定口座源泉徴収ありにしておくのが一番ではないでしょうか。

デメリットもありますが、特例適応外なことと利益が年間20万円以下の場合でも税金は戻ってこないことですが、確定申告をしたくない人にとっては、源泉徴収ありで、特定口座を選ぶのが一番です。

投稿者 銭ゲバ

株の口座開設方法


株取引を行う際には口座開設を行わなくてはスタートすることができません。

店頭取引や電話での取引の場合でも口座の開設は必要になってきます。

今は一番利用されている取引方法として、証券会社のネットトレード、オンライントレードをしている人が多いので、オンライントレードでの口座開設の手順について紹介して行きたいと思います。

まず自分で選んだオンライントレードを行っている証券会社の公式サイトへ行きます。

公式サイトへ行けば、口座開設に関するサイトをクリックする場所があると思いますから、そちらをクリックします。

そして口座開設画面が出てくると思いますので、個人か法人を選び、個人で取引口座を作ります。

口座開設申込フォームのようなものが出てくると思いますので、そのフォームに必要事項を記入して行きます。

だいたいのオンライントレードの証券会社では、名前や住所、電話番号などの個人情報の他に、メールアドレスや生年月日などを入力することになると思います。

そして必要事項を最後まで記入して送信を押せばこれで口座開設の手続き申請ができたことになります。

これで口座開設ができたというわけではありませんから、まずはこれで手続きの第1段階が終わったというところでしょうか。

その後郵送にて必要資料などが届きますので、資料に同封されている書類に必要事項を書いて、また郵送で送ります。

これでようやく口座開設手続きが完了したことになります。

きちんと証券会社に口座開設のための申込の書類が届けば、あとは証券会社から連絡があると思いますので、口座開設完了の連絡を待ちましょう。

口座開設完了の連絡が入れば、これでようやく証券会社に口座を開設することができるようになるというわけです。

このような流れで株取引に必要な証券会社の口座を作りますが、早くスムーズに口座を開設することができる場合には、口座開設の申請を送ってから2−3日で連絡が入ると思いますので、1週間もすれば株取引をスタートさせることができると思います。

従来の株の口座を作るよりも手軽でスムーズに出来るようになったのも、パソコンの普及とインターネットの普及がきっかけになったと言われています。

パソコンから誰でも24時間好きな時間に株の口座申請ができるというのはとても便利です。

まずは自分が取引したいと思っている証券会社のサイトを見て、口座開設をするのかどうか検討するところから始めてみてはいかがでしょうか。

投稿者 銭ゲバ

株を買う


株を買う方法は色々とあります。

今一番株の買い方として利用している人が多いのはインターネット上で購入するという方法です。

株をインターネット上で買うことをネットトレードという呼び方をしていますが、この方法ならリアルタイムに株の売買が可能なので利用している人が一番多いと言われています。

株を買うネットトレードの方法は他の株の買い方の中でも一番手数料が安いですし、手軽に自分でパソコンや携帯電話などのモバイルがあれば出来てしまうことが魅力として挙げられます。

今は、株を仕事として本職にして、ネットトレードで生計を立てている人も多く、こういった人はデイトレーダーという名前で呼ばれていますが、デイトレーダーが増えたのも、インターネットのトレードが可能になったのがきかっけでした。

インターネットで株を買うことができるようになったことは、株を始める個人投資家を増やしたことにもつながります。

従来は証券会社に電話をかけたり自分で証券会社に行って株を買う方法しかなかったので、なかなか、株というのは敷居が高いと思っていた人も多かったと思います。

しかし自分の手によって、自宅に居ながらにしてパソコン一つで株を買うことができるようになった手軽さから、株取り引きを行う人が増えたと言われているのです。

株を購入する方法としては、今はインターネットを使ったネットトレードが人気がありますが、それぞれネットで購入するメリットデメリットがあります。インターネットで株を購入する場合には、手軽に出来ますし、リアルタイムで株の動きを確認しながら売買できるというメリットがあります。

しかしデメリットとしては、パソコンが使えなければ意味がありませんし、株取引を従来やっていたであろう年代の人たちにとってパソコンの操作というのはそれ自体がまず難しいと感じる人がいて、結局パソコンでのトレードをするに至らない人もいるのです。

電話や証券会社へ出向いて株を直接買うという方法のメリットとしては、証券マンに話を聞きながらアドバイスを受けて株の売買ができますから、初心者や株取引が不安な人にとってはいいと思います。

しかしデメリットとしては、やはりこうして電話で注文している間にも株の動きはありますし、リアルタイムで売買できるのかという点に関しては、ネットトレードよりもはるかに時間差が出てしまうというデメリットがあげられるのです。

それぞれのメリットデメリットをよく理解して株を買いましょう。

投稿者 銭ゲバ

株と証券会社


株取り引きには証券会社を通じて行うことになりますが、万が一証券会社が倒産してしまったらどうなるでしょうか。

証券会社が倒産してしまった場合には、会社が倒産したときと同じで、株の価値もなくなって、今までの投資が水の泡になると思っている人もいるかもしれませんが、そうではありません。

株の取引を行っている証券会社が倒産してしまったとしても、持っている株の価値などには影響は出ません。

証券会社というのは、会社と株主の株取引の間に入っているだけですから、証券会社が倒産してしまったとしても、特に株そのものに影響は出ないのです。

証券会社を通して会社から株を買うことになるのですが、株そのものは、証券会社が持っているということではありません。

株式会社証券保管振替機構という場所があるのですが、略してほふりと言う場所に株というのは預けられていますから、万が一証券会社が倒産したり不渡りを出してしまったという場合でも、株が強制執行のターゲットになったために価値がなくなるとか、株主が損をするというようなことにはならないのが株のシステムです。

破産してしまった証券会社の財産そのものというのは強制執行されてしまうのですが、それは株取引をしていた人には何ら問題がありません。

顧客から預かっていたお金や、株というのは強制執行ではターゲットにならないので資産は守られるというわけです。

証券会社が万が一倒産してしまったという場合には、このほふりと言う期間から株を受け渡されますので、新たにこれから取引仲介に入ってもらうための証券会社を選んで、そちらに移管することになるのです。

証券会社に預けていた口座の中に合った資金については、証券会社の倒産の影響を受けるのかと不安になる人も多いと思いますが、こちらの資産についても、証券会社そのものの経営資金とはきちんと分けて管理されている仕組みです。

分別管理といいますが、顧客から預かったお金と証券会社の運営資金というのは別々で管理されていますから、倒産してしまったからと言って、預けていたお金が、資産も倒産とともになくなるということはありませんので安心して大丈夫です。

こちらの資金については、投資家保護基金というところがあり1000万円しか保証してもらえませんが、1000万円までなら保障してもらえますから、万が一に証券会社が倒産してしまったとしても、それほど慌てることはないので安心してください。

投稿者 銭ゲバ
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資