<スポンサードリンク>





株と倒産


株を持っている会社がもしも、倒産してしまったらどうなるのでしょうか。

その場合には、残念ですが株の売買は不可能ですし、いくら投資していたとしても、株の価値がなくなってしまいます。

倒産してしまった会社は、期間限定ではありますが取引されることになりますが、この取引は上場廃止を準備していることで、取引をしていても、みんな売りに出しますから、売り注文が殺到してしまい、結局、いくら倒産前の株の価値が10万円であろうが100万円であろうが、残念ながら株価は1円にもならないこともあるのです。

100株保有していて倒産の情報が流れる前に、たとえ500万円持っていたとしても、100円の価値まで下がってしまうということになり、手数料などを考えれば、0以下の価値ということになります。

株で一番怖いのが、この会社が倒産するというケースです。

今まで会社に資産を投資してきて経営資金を出資してきた株主にとって、会社が倒産してしまうというのは、一番あってはならないケースと言ってもいいと思います。

ですから、会社が倒産してしまった場合に、株主は裏切られた形になりかなり大損をするという人もいます。

倒産でなくても不祥事を起こしてしまって、株の値段がかなり暴落するということもよくあります。

この場合も株主にとってはかなり痛い目に合うことになり、何とか会社が軌道に乗り持ち直してくれればいいのですが、高い株をただ同然で手放すほどリスクになることはありません。

しかし会社が倒産しないで、倒産同然の状況ではありますが、再建する計画が進められているという場合には、どうなるのでしょうか。

この場合も、再建を進める会社は資本金を100パーセント減資することになり、前の会社の株主が保有していた株というのは価値がなくなってしまいます。

ですからどこかの会社が再建に乗り出して再建計画が進められていたとしても、株の価値はなくなってしまいます。

株を始めるにあたって一番のリスクは、買った株の会社が倒産してしまうということです。

倒産は突然起きるものではありませんから、自分が買った会社の動きや経営状態は必ず把握しておくことをお勧めします。

必ず倒産になるまでには業績が悪くなり、そして噂が出たり、株の値段も急激に下がるなど、何らかの動きが出るはずですから、倒産するまで気がつかなかったというケースはほとんどありません。

会社の将来性を見込んだうえで、株銘柄を選ぶことをおすすめします。

投稿者 銭ゲバ

株の分割投資とは


株の分割投資は、ポートフォリオという言葉でもよばれているのですが、これはどういったことを意味しているのでしょうか。

株の分割投資、それは、資産を分けるという意味合いで使われています。

株に投資をするという場合には、分割して投資をするというのがいいようです。

株の分割投資は、投資のリスクがかなり下がりますし、利益をさらにアップさせることにもつながりますから、できれば株を始めるという場合には分割投資をすることをお勧めします。

株の分割投資をすることのメリットとしては、色々な資産を一括管理するメリットがあります。

分割投資というのはそもそも、資産を色々な金融商品に分けて資産運用することを言います。

資産をすべて株に投資するのではなく、FXに投資するのではなく、銀行に貯金したり、債権や株にしたり投資をしたり、といったように色々と資産運用のスタイルを分けて投資することを言います。

分散投資すればなぜリスクが下がるのでしょうか。

分散投資するということは、例えば、銀行の貯金の金利が下がって、利回りが全く出なかったとしても、金利が下がれば株の値段は自然に上がる傾向にありますので、株を持っていれば、株の方で利益が出るので、資産を失うことや損をするということがないのです。

株の分散投資は、金融商品を色々と持つということ以外に、株に投資するにしても色々な株の銘柄に投資をするということにも当てはまります。

一つの株に集中して投資してしまえば、その銘柄の株価が下がってしまったり、万が一倒産ということになってしまえば、その投資していた資産はなくなってしまいます。

しかし、一千万円あったとして、半分をAという株の銘柄へ、そして半分をBという株の銘柄に投資しておけば、Aの株価が下がってしまってもBの株価が上がれば問題ないということになります。

株の銘柄を選ぶ際に、分散投資を考えるのであれば、つながりのない株の銘柄を選ぶのがお勧めです。

たとえばトヨタの株と、日産の株を持っているとしたら、別々の株ではありますが、自動車業界には変わりがありませんから、自動車業界に何か株価に影響が起きるようなことがあり不調になってしまったら、別の銘柄であっても、株価が下がってしまいます。

ですから、食品会社と、自動車会社の株を持つなど、あまりつながりのない業界の株を分散投資して持つことがお勧めではないでしょうか。

分散投資をする目的はリスクを少しでも減らすことにあるので、良く覚えておきましょう。

投稿者 銭ゲバ

新規公開株


新規公開株とは、株式公開を今までしていなかった会社が、新たに株式公開をすることを言います。

株の新規公開を新規公開株と呼んでいるのですが、株式市場に今まで上場していなかった会社が、新しく株を公開することを言うのです。

英語で言えば、Intial PblicOfferingという言葉で呼ばれているのですが、アルファベットの頭文字だけをとって、IPOといった名前で呼ばれていることもあります。

新規公開株を出すためには会社の業績も安定していなければいけませんし、これからの将来性などもある程度安定していなければ上場されません。

上場させるためには基準があり、その基準を満たして初めて東京証券取引所、ジャスダックといった株式市場に上場されることになるのです。

東京証券取引所は1部と2部に分かれていて、そのほかの東証マザーズというような市場もあります。

上場する際の基準がそれぞれ違っていてこの三つの中で、一番基準が高く、厳しいのは、東証1部と言われています。

次いで2部、マザーズという順番に上場基準は低くなっています。

会社が今まで株を公開していなかったのに、新規公開株を発表する目的としては、会社の経営資金を簡単に集めたいと思ったから、そして社会的な認知度をアップさせたり、信用を持ちたいと思ったから、上場企業なら優秀な人材が来てくれるといったことを目的として新規公開株を発表します。

公開株を発表した会社というのは、公開会社という名前で呼ばれることになって、企業の中の情報などを開示しなければいけなくなります。

株の新規公開は二つの方法によって行われます。

募集して行われる場合と、売りだして行われる場合の二つがあります。

募集というのは、新しい株を発行して、株式市場から経営資金をもらうという流れで、株主を増やしたいと思った会社が多くつかい方法です。

もう一つの売り出しという方法は、すでに株主がいて、その株主が持っている、発行済みの株を、投資家に売り出す方法です。

株の新規公開では、募集と売り出しと両方とも一緒に行われることもあり、どちらかというよりは一緒に行われることの方が多いのが特徴です。

新規公開株はかなり魅力的な株といってもいいでしょう。

というのも、公募価格よりも、かなり初値が高くなるケースが多いと言われています。

公募価格が10万円だった場合に、実際の初値は、50万円、60万円になるということもよくありますから、新規公開株を狙って株に投資すれば、短期間で資産を増やすことができます。

ですが、この新規公開株の値段が安定する2か月くらいの期間は、株の値段がかなり乱れますから、株初心者には少し難しいでしょう。

投稿者 銭ゲバ

株と金利


株と金利というのはどんな関係があるのか見て行きます。

株を始めると金利も必ずチェックしますが、金利の動きがどれくらい株に影響を与えているのか、それはかなり大木な影響があります。

今の日本はとても不景気で、金利も今までにないくらいに引き下げられているのですが、銀行に貯金をしていても、全く金利が付きませんから、利回りのことを考えると何のためにお金を預けているのか資金運用されていないことに不満を感じているという人も多いと思います。

そこで資産運用をしたいと思って、少しでも金利の利回りのいい株式投資をしようということになる人が多いです。

ですから、金利がさがればそれだけ株を始める人が増えて、株が注目されることなどもあり、株価が上がるという動きになります。

それに加えて金利が下げられれば貯金をしない人も増えて、消費をしたり株に投資したり、生産が増えるとも言われています。

ということは生産が増えるということは、労働力の需要が高まりますから、その流れで失業率というのはだんだん減って行き、そして国民の経済状況もよくなり回復すると見込まれています。

金利が下がれば、住宅ローンの金利も低くなりますから、住宅を購入するという人も増えて、銀行の金利も下がって、会社なども運用資金の貸し渋りがないことになり、調達しやすくて、経営状態も安定します。

このように、金利の引き下げや引き上げによっては、色々な面で株の値段が影響してくるのは流れとして当たり前のことです。

株の値段が上がれば、株で儲かった人というのが、お金を使いはじめますから、お金を使えば、その分消費してくれることになり、景気が良くなるという流れで、さらに株価が上がるというわけです。

金利が下がっているということは、それだけ株価がアップすることになり景気も回復傾向になるとは言われているのですが、今の日本はかなり前から金利が低くて、これから株価も上がり、景気が回復すると思われてはいますが、まだまだ景気の回復には時間がかかり、これから先どうなるのかわからないような状況ではあります。

しかし一般的な流れで言えば、金利が下がれば、株価が上がり、それにともなって景気も良くなるというのが従来の景気回復傾向にありますので、今後の日本経済には、期待してもいいと思います。

株を安く買って始めたいと思っている人は逆に、金利が高い時に始めるといいということになるのではないでしょうか。

投稿者 銭ゲバ

株と為替相場


株取り引きに欠かせないのが為替相場です。

為替相場と株の関係性を見て行きます。

円高、円安といった言葉を聞いたことがあるという人も多いと思いますが、この為替相場というのは、株の動きにかなり影響を与える要因の一つと言ってもいいでしょう。

簡単に言ってみると、為替相場が円安になれば、輸出会社というのは業績が好調になりますし、円高になった場合には、輸入会社の業績が好調になるという動きになりますので、株の価格などにも影響してくるのです。

株の価格に影響が出る円安というケースの場合には、輸出会社の業務が好調になると言われていますが、これはなぜでしょうか。

その理由としては、円が安くなれば、アメリカの消費者というのは、日本の品物を安く買うことができます。

ということは、日本製の車や電化製品など、輸出する会社の値段の競争が激しくなりますから、会社の業績は良くなるというわけですね。

しかし円安の場合には輸入会社の場合は逆に、円が安いので、アメリカなどから原材料を輸入するという場合にかなり費用がかかるのでコストがかかり業績が悪くなるという流れになります。

では株の値段に影響を与える円高のケースを見て行きましょう。

円高になればどうなるのかというと、円高の場合には輸入する会社の業績がよくなりますが、これは円が高ければ海外から輸入する際に原材料をはじめとする品物を少ない費用で買うことができるというわけで、業績がよくなるという流れです。

逆に円高になってしまうと輸出する側としては、日本製の値段がアメリカなどで高いことから、アメリカで日本製が売れなくなり業績が悪くなるという流れになります。

こうして、円高円安それぞれに好調になる会社と悪化する不調になる会社がありますが、実際には、円高になれば、日本の大企業のトヨタ、ソニーといった株が影響をうけることになって、株価が下がる傾向にあります。

逆に円安になれば、トヨタやソニーの車や製品がアメリカで安く販売されることになりますので、これらが売れることになり、そうなればトヨタやソニーの株価が上がるという動きになるのです。

為替相場というのは、日々変動していますから、日々の変動をしっかりと確認したうえで、毎日の株取引の参考にしなければいけません。

株取り引きを始めたならば、為替相場の確認は、何を差し置いても必ずチェックしておくことが重要なポイントですし、基本となるので覚えておきましょう。

投稿者 銭ゲバ

株式分割とは


株式分割とは、会社が自分の会社の株式1株を、いくつか複数に分割することを言います。

1株が分割されて複数になれば、株の数が増えることになります。

1株が2株に分割した場合には、例えば、10株持っていたという株主の場合には、お金を追加で出さなくても、20株持っているということになり、今までもっていた株の倍株を保有することになるのに、追加の投資が必要ありません。

ですが、株価がそのままで株数だけ2倍になるというわけではなく、株の値段は2分の1になってしまいますから、結局は株の投資している金額的には変わらないことになります。

それでは、なぜ会社は株式分割をするのでしょうか。

株式分割をすることの目的としては、株式分割をすれば、自分の会社の株価が必然的に下がります。

自分の会社の株価が下がれば、株が買いやすくなるのです。

1株例えば100万円の値段が付けられていれば、あまり手を出す人も少ないと思いますが、それが1株10万円に下がれば、株を始めようと思って自分のところの株を買ってもらう人が増える、株主が増える、投資してもらえる、すなわち会社の経営資金を集めることにつながるというわけです。

株式分割をしてまで株を買いやすくして、少しでも株主を増やしたいというのが、株主分割の目的なのです。

株式分割というのは株式分割した日にすぐに株の数が変わるということではありません。

株式分割の増えた分の株を実際に受け取るというのは、株式分割を行ってから、だいたい2ヶ月後ということになりますので、増えた分の株を売ることができるのも、必然的に2か月先ということになります。

株式分割前から持っていた株があった場合には、この株はいつのタイミングで売却しても大丈夫です。

たとえば10株持っていて、株式分割が行われて20株になったという場合には、その時点では、最初に持っていた10株しか売却することができず、増えた分の10株というのは、2ヶ月後の確定してからしか、売却出来ないことになっています。

株式分割をしたことで、株主にとっては特にメリットもデメリットもないと思いますが、株の価値が半分になりますので、すぐにでも売りたいと思っていた場合には、時間差が出てくる可能性があるという点がデメリットになるのではないでしょうか。

会社にとっては、株式分割をしてまでも、株主を少しでも出来るだけ多く集めることができるというメリットがあります。

株式分割をして株主を増やせば、経営資金を集めやすくなるのです。

投稿者 銭ゲバ

株主総会とは


株主総会とは、株を持っている人が集まる会のことを言います。

会社に出資している株主が集まる会を株主総会というのですが、毎年6月ごろに行う会社が一般的には多いとされています。

株主総会では具体的には何を話し合うのでしょうか。

株主総会では会社の決算内容を株主みんなで承認をします。

そして会社の定款が変わったり、取締役や監査役などが変わるという場合には、選んだりすることも、この株主総会で実施します。

株主総会によく似ていることに、取締役会というのがありますが、これは会社の業務内容などを決めますが、株主総会の場合には、会社の経営に関わる重要なことなどを株主の前でしっかりと取り決めるという大切な会です。

会社の株を持っているということは、その会社に出資している、ということになり、会社の経営にも口を出してもいい権利を持っているということになります。

ですから株主総会に参加することでその会社の経営について、しっかりと把握することができるようになります。

株主総会は、どうすれば参加できるのでしょうか。

株主優待の時のように条件があるのか見て行きましょう。

株主総会に参加したいと思っている人は、単元株を持っていれば、誰でも出ることが可能です。

単元株の株主には、会社から、株主総会招集通知の連絡が届くと思いますから、そちらが届けば、株主総会に参加できるという資格があるということになります。

今株よりも手軽に購入できる投資商品に、ミニ株というのがありますが、このミニ株を持っている人は、株主ではありますが残念ながら参加できないことになっています。

株主総会に参加した場合には1単元株に対して、1議決権がもらえることになっています。

ということは、簡単に言ってしまうと株をたくさん持っていれば持っているほど、株主として、議決権が強いということになりますから、会社の経営に口を出しやすくなる、経営に影響を与えることができるようになるということになります。

株主総会は必ずしも出席しなければいけないというわけではありませんが、お金を出して会社の株を買って投資しているわけですから、その会社の経営についての今後や、今の業績などについては把握しておく必要があります。

ですから、真剣に投資をしているという人の場合には、毎年参加しているという人が多いですが、株主優待目当てなどで株の投資を行っているという人の場合には、あまり参加しないようですから人それぞれ色々です。

投稿者 銭ゲバ

株主優待とは


株主優待とは、株取り引きのメリットの一つでもあります。

株主優待は、会社が株主に、自分の会社の製品を株主に分かってもらったり知ってもらったりすることを目的として渡している品物のことを言います。

品物を製造販売している会社の場合には、その品物を無料で受け取ることができるのですが、たとえばレストランやホテルなどのサービスを提供している会社などの場合には、サービスチケットがもらえたり優待券がもらえるなどの品物とは違ったサービスを実際に受けることができる株主優待になります。

もっと具体的に株主優待の中身を紹介すると、たとえば大手の外食レストランチェーンでは、そのレストランで使える金券がもらえたり、ファーストフードの会社では、ファーストフードのお店で無料で商品と交換してもらえるクーポン券がもらえるなどの株主優待制度があります。

他にも何か製造販売している会社の株主優待の場合にはその製造している物がもらえます。

それは食品会社の場合には、食べ物であったり、詰め合わせであったりしますし、ゲームを作っている会社の場合にはゲームのソフトだったりします。

株主優待は誰でも受けられるというわけではありません。

株主優待が受けられるのは、決済の時に、株主名簿に名前が掲載されていることが条件になっていますので、1年間株を持ち続けていなくても株主優待制度を受けることは可能ですが、会社の決済の時に、株主名簿に名前が載っているということだけは条件になっています。

ほとんどの会社が、決済は3月31日にしているのですが、会社によっては、中間決済の時に名前が掲載されているだけでも株主優待制度を受けさせてくれることもあります。

このときは、1年に2回も株主優待が受けられることになりますので、他の会社に比べるとメリットが2回に増えて得ですね。

株主優待で受けられるサービスというのは、相場的にはどれくらいなのかというと、商品やサービスによっても違ってくるのですが、1000円前後から5000円位までが株主優待での商品やサービスの相場となっています。

株を買う際に、どこの会社の株を買うのか迷っているという人の場合には、株主優待のサービスや商品の内容を確認して、それを比較して選んでみるというのもいいかもしれませんね。

よく行くレストランやホテル、ファーストフードなどがある場合には、そこの株を購入することで、株主優待制度を利用して、お得にサービスを受けられるメリットもあるのです。

投稿者 銭ゲバ

株で儲ける


株で儲ける方法についてですが、株で儲けるとはよくいいますが、実際にはどうやって儲けるのか紹介したいと思います。

大きく分けると株で儲けるということについては2つの方法があるのです。

1つ目の方法としては、株を売買した差益で儲けるという方法があります。

これが株用語では、キャピタルゲインという名前で呼ばれています。

そして二つ目の株で儲けるというのは、インカムゲインと言って、株の配当金で儲けるという方法です。

キャピタルゲインというのは、ある会社の株を5万円で買ったとします。

その株の値段が、次の日には6万円で売れた場合には、1万円利益が出ることになりますね。

株が値上がったことで利益が出る、儲けが出ることをキャピタルゲインという方法として呼んでいます。

デイトレーダーと言って、毎日取引をして株を売買している投資家は、毎日のキャピタルゲインで儲けを出しているのです。

そしてもう一方のインカムゲインという株の儲けの出し方についてですが、こちらは、会社の業績というのは、その年によっても違っていますし、その会社によっても違っていると思います。

業績がいい会社の場合には、株主に、利益を配分することがあります。

これは株の配当という名前で呼ばれているのですが、株の配当金をもらうことで利益を出すという方法をインカムゲインと呼んでいます。

株の配当は、中間決済の時にもらえるものと、本決済の時にもらえる期末決済の二つがあります。

会社によってももらえる配当金というのは違っています。

また人によっても配当金の金額は違っています。

というのも、10万円で1000円の配当金が付く株があったとします。

その株を10株持っていれば、1万円配当金がもらえますし、20株持っているのであれば2万円配当金がもらえますから、株をどれだけ所有しているのかによっても株の配当金の値段は違ってきます。

会社の業績によっても大きく違ってきますし、自分がどれだけ株を所有しているのかによってもインカムゲインの利益の額というのは違ってきます。

配当金は決済の時期に株主名簿に名前が載っている株主だけに支払われることになっています。

会社の業績が悪い場合には、配当金が前年まであったとしても、翌年はなくなるということもありますし、逆に前年までは、業績が悪くて配当金がなかった会社が、今年は業績がよくて配当金がもらえるというケースもありますので、その年によって同じ会社でも、配当金の出方は違っています。

投稿者 銭ゲバ

株と貯金


株と普通貯金との違いですが、どちらが得なのかと考える人も多いと思います。

株と普通貯金はどちらが得なのか、実際のところ、どちらがと比べられないのが実情です。

なぜなら、貯金と株は全く性質が違うからです。

株の場合には投資になります。投資金融商品とうのは、元本が保証されないのです。

しかし貯金の場合には、元本が保証されているという違いがあります。

元本は自分が最初に預けたお金のことを言うのですが、株を買う際に使ったお金のことを株の投資では元本といいますし、貯金の場合には、貯金して預けたお金のことを元本といいます。

株の場合には、預けたお金が必ずしも自分の手元に戻ってくるかどうかは分からないということになります。

貯金なら、預けたお金は必ず減ったりしませんが、株の場合には、減ることもありますし、場合によっては0になってしまうこともあるのです。

ですから、株か貯金かどちらが得か、ということは比べる対象にはないことになります。

貯金の場合には元本が必ず保証されていることになりますから、お金をどこかに預けて、増えることはあっても、減ることは絶対にありませんから、損をするということもないでしょう。

ですが、金利は今の日本ではかなり低いので、増えることもなく減ることもないローリスクローリターンな金融商品ということになります。

それに比べると株の方は、先ほどから説明していますが、元本の保証がありません。

ですから、株の値段が最初の値段よりも下がった場合には、損をすることもあります。

1万円で買った株が次の日に8000円になってしまったら2000円も1日で損をすることになります。

ですから、かなりリスクが高いということになります。

しかしリスクが高いだけではありません。

逆のこともありえます。

10000円で買った株が、翌日15000円になれば、たった1日で5000円も得をしたことになるのです。

今銀行で1年預けていても数10円の時代ですから、こんなにもうかることはりません。

このことからわかるように、株の場合にはハイリスクハイリターンな金融商品ということになるのです。

こうして株と貯金の違いを見てきましたが、貯金をして確実にお金を増やしていくのか、それとも多少のリスクを分かった上で株に投資をするのか、そうした比較になると思いますから、どちらがお得という考え方ではなくて、どちらにするのか、投資のスタイル、お金の資産運用のスタイルがまったく違ってきますので、その点は理解して預けましょう。

投稿者 銭ゲバ

株の買い方


株の買い方についてですが、初心者にとっては、株の買い方が分からないという人も多いのではないでしょうか。

株の買い方としては、証券取引所を介して行いますが、個人で株を始めるという場合には、証券会社を通じて株の売買を行います。

たとえば証券会社として有名なのは、昔から日本にある、野村證券、大和証券などが有名で、実店舗などもありますので、直接お店へ行って株を購入することも可能です。

しかし最近の株取引をしている人の多くが、証券会社に出向いて株を買うのではなくて、インターネット上で株取引をするというのが一般的な方法になっています。

これは株のオンライントレードと呼ばれる売買の方法です。

証券会社のほとんどで、今オンライントレードを導入しています。

証券会社へ出向いて株を買うという場合には、アドバイスを受けられるというサポート体制なども整っているので、手数料が少し高いこともありますが、オンライントレードができる証券会社の場合には、インターネット上で自分で株の売買をしてしまいますので、その分コスト削減や人件費削減につながり、手数料もかなり安くなるという特徴もあります。

しかし株の買い方が分からない人や、株の専門家にちゃんと話を聞いてから株を買いたいと思っている人、株の売買を自分一人で行うことに不安を感じている人などは、従来の証券会社の窓口へ行って、株を買うという方法の方が安心かもしれませんね。

手軽に株を始めたい、一人ですべての取引を行いたいと思っている人の場合には、インターネットを使って、オンライントレードで株の売買を行う方が手軽でいいと思います。

株の買い方は、初心者にとっては、右も左も分からない状態だと思いますが、オンライントレードを始める場合には、まずは証券会社や株取扱会社を選び、そして口座を開設して、そこからスタートさせるのが手順です。

証券会社に直接出向いたり、電話などで株を買うという場合には、証券会社に問い合わせしてみるといいと思います。

オンライントレードが、全く何もかも一人でやらなければいけなくて、何のサポートもついていないというわけでもありません。

そうではなくて、もちろんオンライントレードでも、株取引について分からないことがあれば、サポートしてくれるスタッフの電話サービスなどもありますので、取引に困ったときは安心してアドバイスを受けることは可能です。

自分がどんな株の買い方をしたいのか、良く考えて始めるといいでしょう。

投稿者 銭ゲバ

日経平均株価とは


日経平均株価という言葉は、株取引を始めれば、必ず出てくる言葉ですし、必ず確認しておかなくてはいけない言葉です。

日経平均株価というのは、株式指数と言われていて、日本の株式市場の平均の数値と考えていいでしょう。

日経平均を1週間という決められた期間で見て、そして1ヵ月単位でみるなど、色々と期間を変えてみて、個別のそれぞれの銘柄を見ているだけではあまり株の動きがわからない場合にも、株市場がいまいい状態なのか悪い状態なのか、全体を見て把握することができるようになります。

日経平均株価という言葉の最初についている、日経という言葉ですが、これは日本経済新聞のことです。

日本経済新聞が株価の平均を出しているということになるのですが全部で225の銘柄の平均を計算して出しているのです。

この225の銘柄は毎年決められた銘柄というわけではなくて、大きな企業で優良企業、そして流動性が高いと思われる企業の株の銘柄を選んで決めています。

そして少しでも正確に、日経平均株価を出したいと考えているために、随時日経平均株価の225銘柄というのは入れ替えも行われているのです。

日経平均株価という呼び方もありますが、日経225とい略してよばれることもあります。

日経平均株価を導入して計算するという方法については、チャールズ・ダウという人がいるのですが、この人が設立した、経済関係の本を扱っている出版社のダウ・ジョーンズという会社が最初に考えて提案したことから始まりました。

1975年に、日本経済新聞が、この計算方法について、アメリカのダウ・ジョーンズ社からとりいれたのが始まりです。

導入したての時には、日経ダウというような呼び方もされていたのですが、ここ数年は、日経平均株価という名前で呼んでいる方が多く、日経ダウという呼び方は最近はしていません。

日経平均株価は、権利落ちや増資といったことの、株の断層を治すために、以前の物と現在の株価をとても明確に比較しやすいように直してあります。

単純株価平均で見た場合には、数十円位しか変化していないのに、日経平均株価の指数でみてみると、数百円の動きがるというようなケースもあるのですが、日経平均株価は値の動きが若干荒くそれほど精密に計算されていないということがこれでよくわかりますので、その点も頭に入れたうえで、株取引の際には、日経平均株価もチェックしながら取引を進めていくと損をしない、リスクを下げることにも役立つのではないでしょうか。

投稿者 銭ゲバ

株のメリットとは


株はメリットがあるので、始める人が多いですが、株を買うことの目的というのは、多くの人が、株の値段が上がったときに出る差益による利益を目的として始める人が多いと思います。

株価というのは日々変動しています。

株価の動きを毎日チェックして、自分が買ったときの株の値段よりも、上がったときに手放せば、買ったときよりも高く買い取ってもらえますから、利益を上げることができます。

もしも株の値段がかなり買ってすぐに上がった場合に、すぐに手放せば、たった1日でかなり大きな額の利益を手にするということもできるわけです。

他の金融投資商品などと比較してみても、こんなに利益率が高い商品というのは、他にありませんから、株というのは、とても利益が高く、返ってくるお金が多いことがメリットになります。

株のメリットはそれだけでなく、株を買った株式会社からも、色々とメリットを受けられるようになっています。

株式会社から株を買った場合には、配当金がもらえます。

これは自分の持っている株の数によっても違っていますし、その会社のその年の利益によっても違っています。

たとえばその会社の業績があまり良くなかった場合には、その年の配当金はあまりもらえなかったり、なしになることもありますが、業績がよければ、それなりに、株主に配当インとして利益を配ってくれます。

株のメリットはほかにも、株主優待というサービスを受けるというメリットもあります。

株主優待というのは、それぞれの株式会社が出している製品やサービス券、招待券などを無料でもらうことができるというものです。

例えばレストランなどの外食産業の場合には、レストランの割引券や金券などがもらえますし、ゲーム会社の株主になっていれば、ゲームソフトや関連商品がもらえる、食品会社会社の場合には、その食品会社の詰め合わせなどがもらえるサービスがあります。

これらの株主優待制度も、株を行うことのメリットになりますので、覚えておくといいでしょう。

株を買う際にどこの会社を選ぶのか迷った時には、株の値段や利益の上がる率なども大切なポイントですが、それ以外にも、株主優待制度の内容や、過去の配当金の金額などを比較して、そういったことも参考にしながら株を始めると、さらにメリットが出てきます。

他にも株を持っていれば株主総会で会社の経営に参加できるというメリットもありますから、自分が気になる企業の総会に参加できるメリットも魅力です。

投稿者 銭ゲバ

株式会社とは


株式会社とは、株を発行している会社を言います。

株の取引をこれから始めようと思っている人は、株式会社の株しか買えないことになります。

たとえば有限会社などは、株式にしていないタイプの会社ですから、株の発行がありません。

しかし株式会社のすべてが、一般の人に株主になってもらおうと考えているわけではありません。

株式会社であっても、一般には株の公開を行っていないところなどもありますし、今は株式の公開をしていなくても、将来的に株を一般公開するつもりで今は未公開株として持っている会社もあります。

株を発行すれば、たくさんの出資者から、お金を集めることが可能ですから、そのお金を集めて会社の運営資金にまわします。

会社の運営資金が集まれば集まるほど、新しい事業を始めることもできますし、設備を整えることや研究をすることにもつながりますので、会社の業績や利益をアップさせることにつながります。

株式会社というのは、社員の地位というのは、均一的に細かく分けられている単位の株式のスタイルとなっていて、社員が出資額を上限にして株に投資したお金を負担することで、会社債権者には、何の責任も負うことがない会社を言います。

株式の発行をしていて、株主に責任があるという特徴を作っておくことで、会社の経営に参加しやすくなります。

株式会社が出した株を買った株主というのは、会社が利益を上げることで、配当金をもらうことができます。

それに加えて、株主総会と呼ばれる会が開かれるのですが、この株主総会に参加することで、会社の経営に関することについても参加して意見を述べることができるようになります。

このように、株式会社というのは、出資者を募って、出資者に株主になってもらって、お金を投資してもらって会社の運営資金を集めるという形で経営を成り立たせています。

株式会社が出した株を買った投資家は、証券会社を通して、株の売買を自由にいつでも自分の都合で行うことができます。

証券会社というのは、東証1部と東証2部、そしてマザーズという種類があり、条件がそれぞれに決められていますから、それぞれの条件をクリアすれば、株の売買ができるようになります。

株式会社の株を一度買っても、また手放したいと思ったら、いつでも自分の好きなタイミングで手放すことができますが、損をしないように、タイミングを見計らって行うことが大切です。

タイミングを間違えると、損をすることもありますので注意しましょう。

投稿者 銭ゲバ

株とは


株とは、会社が経営するために、必要になってくるお金を、一般の人から集めることを言います。

このお金を集めることで、会社は株を発行します。

そして発行して、お金を支払ってくれた人のことは株主といいます。

株主から集めた資金で、会社を大きくしたり、会社に新たしい設備を入れたりしながら、業務業績などが上がることを言います。

株を買う投資家は、株を選んで、自分が買った株に投資をするわけですが、会社の業績もよくて安定した経営で、なおかつ安定しているような業績の会社の株を選んで買うことになります。

人気がある株は株の値段が上がって利益につながりますから、そんな株を買って投資するのが利益を上げやすいことにつながります。

株を出した会社は、一度株を出せば、株権は資金を集めるための方法としてかなり有効的です。

長期的に保有してくれる株主が大勢いることで、会社の資金が安定したと言ってもいいことになります。

一方で投資家の目から見てみれば株を買って、会社の株主になれば、業績がいい時には、利益ももらえますし、配当金などももらえることになりますから、株の値上がりで自分にとってもメリットがあります。

しかし株は一度買えばそれで終わりではありません。

自由に自分が手放したいタイミングで売れるというメリットもあります。

他の株を買ってもいいですし、株をやっていて、途中でやめて現金にしてもいいということになります。

株というのは、元本保証があるわけではありませんから、利益を得られる半面、もしかして株の投資をしている会社が、倒産したり何かあった場合にには株の価値がなくなってしまいます。

そんなことになれば、いくら投資していても、何の価値もない株になって大損してしまいますので十分に注意しましょう。

株を始めるにあたっては、そんなトラブルや大損をしないためにも、株を慎重に選び、運用方法も考えて、どれくらいの期間で運用するのかという点などもしっかりと考えたうえで株取引を行うようにしましょう。

株は取り引きの経験が長くなったり知識があれば、リスクも低く下げることもできますし、普通に銀行に貯金しておくよりも、利益を上げることができます。

利益率も高いですし、貯金するよりもメリットは大きいですから、それが株の魅力です。

しかし先ほども言いましたが、元本保証が一切ないので、その点についてはよく理解したうえで取引を始めないと、安易な気持ちで初めてしまうと損をしてしまいます。
投稿者 銭ゲバ

ライブドアFXとオンラインジャパンの違い


ライブドアFXとオンラインジャパンはFX界では人気のある証券会社です。

ライブドアFXは2007年2月から、「かざか証券」に社名を変更していますが、ここでは【ライブドアFXとオンラインジャパン】で通すことにします。

ライブドアFXとオンラインジャパンは共に証券会社ですが、どちらも初心者にわかりやすく、入門しやすいつくりになっています。

ライブドアFXは手軽な金額から始められる信用取引がお得です。

オンラインジャパンでは初心者に優しい構成になっていて、ライブドアFXとオンラインジャパン共にサイトも見やすいです。

ライブドアFXとオンラインジャパンは携帯電話でモバイル取引もできます。

しかしオンラインジャパンはFXウィジェットやFXツールバーなど、パソコンでの使いやすさを重点的にしているようです。

ライブドアFXとオンラインジャパンで似ているところも多々ありますが、やはりそれぞれに長所・短所がありますね。

ライブドアFXとオンラインジャパンで、ライブドアFXでは非常に使い勝手の良い証券会社ですが、特に他の企業を上回る点はなさそうです。

ただ、アクティブトレーディング・チケットは非常に優れています。

ライブドアFXとオンラインジャパンのオンラインジャパンでは、口座開設から無料デモ取引までわかりやすく説明されており、初心者向けと言えるでしょう。

ライブドアFXとオンラインジャパンの違いはほかにもいろいろとあります。

ライブドアの方が聞き覚えがあるので、取り組みやすいかなというイメージがあったりしますが、必ずしもそうではありません。

オンラインジャパンの方が便利な場合も多々あるようです。

同じ証券会社でもライブドアFXとオンラインジャパンをよく比較して、自分に合ったFXを見つけ出したいものです。

もちろん、ライブドアFXとオンラインジャパンの違いはまだあります。

ライブドアFXとオンラインジャパンとでは、スタートできる金額が異なっていたり、手数料が無料かどうかということも比較するポイントになります。

ライブドアFXとオンラインジャパンのライブドアFXでは、アクティブトレーディング・チケットの存在から、デイトレードを中心に多回数の取引を行う利用者に有利な証券会社です。

ライブドアFXとオンラインジャパンのオンラインジャパンの主要株主はフィンテックグローバル株式会社とみずほキャピタル株式会社です。

ライブドアFXとオンラインジャパン共々、いい悪いで評価できるものではなく、実際によく約款を読んでデモ体験をしてから決めるのが効率がいいと思います。

ライブドアFXとオンラインジャパンをサイトやブログで調べて、研究してみるといいでしょう。

ライブドアFXでシステムトレードのメリット


ライブドアFXでシステムトレードを行うメリットは、自分が決めたルールに従って機械的に売買するので、あまり感情が入らないことです。

過去のデータを参照できればさらに優位になることでしょう。

ライブドアFXでシステムトレードは機械的にさくさくと行うのがいいようです。

いちいち考え込んでいたら、その間にレートが変わってしまいます。

FXで困るのは24時間トレードをしているということです。

つまり終値始値がつけられないのです。

ライブドアFXでシステムトレードでももちろん同じことがいえるでしょう。

面白いとか、スリルがあるとかといった楽しみはなく、ただ機械的にこなしていくのがライブドアFXでシステムトレードです。

過去の情報を収集し、クールなビジネスのように進めるのです。

また、ライブドアFXでシステムトレードは、あまり考え込まず、テキパキと物事を決めていく人に向いているのかも知れません。

さらに、ライブドアFXでシステムトレードのよさは、銘柄が多すぎず少なすぎないところでしょうか。

選択肢はあるけれど、迷ってしまって決まらない、というほどのことでもありません。

ライブドアFXでシステムトレードをするなら、銘柄を良く見てみましょう。

FXには他の金融商品にはない、スワップ金利というものがあります。

スワップ金利とは、2国間の通貨ペアの金利差のことで、各国には金利差がありますので、たとえレートの変動がなくてもスワップ金利というインカム部分で収益を得ることができるのです。

ライブドアFXでシステムトレードで利益を得るにはこの部分が肝心です。

ライブドアFXでシステムトレードをする際にはサイトなどでよく調べておくことが必要です。

ライブドアFXでシステムトレードしてみよう!


ライブドアFXでシステムトレードしたことはありますか?

私はFXは未体験ゾーンなのでしたことはありませんが、夫の会社の後輩の女性や主婦の方もやっているそうです。

銀行に預けても金利は低いし、持っている資産を通帳に入れておくのがもったいないと言います。

ライブドアFXでシステムトレードとはどういうものでしょうか?

さらっとサイトで調べてみたところ、トレーディングシステムを使ってトレードする投資法です。

トレードを仕掛けたり仕切るための必要条件を定義するルールの集合体を、トレーディングシステムというらしいです。

ライブドアFXでシステムトレードするには、低い金額から安心して取引できます。

それか最大の利点ですかね。

FXの口座開設をしよう!


FXの口座開設をしなければ、オンラインドレードは始まりません。

FXの口座開設と言っても、通常の銀行などの口座開設は少し違います。

ネット銀行の感覚に似ているかも知れませんね。

FXの口座開設の仕方は、FXを取り扱っている会社のサイトの口座開設フォームから進めていきます。

そして自宅に送られてくる書類を書き、本人確認書類を入れて送り返します。

FXの口座開設の手続き後、入金が出来次第電子メールで通知が届き、IDやパスワード、認証キーなどが郵送されてきます。

これらが届けばシステムの利用が可能となります。

多くの証券会社の口座開設の手順はほぼ上記に似ているので、ひとつすればどこででもできるようになります。

FXの口座開設が終われば、システムの利用が開始となりますが、さぁ何から始めたものでしょう。

デイトレ?

システムトレード?

FXをやっている人は自分の値動きをブログにしている方が多いので、そういうものからヒントを得るのもいいと思います。

FXの口座開設が終わればいつでもシステムを利用できるのですから、四六時中やろうが、一日の決めた時間をやろうが自由です。

バーチャルトレードで腕を磨くもよし、実践できたえるのもよし、です。

FXの口座開設のあとは、24時間対応のネット入出金などで時間を気にせず取り引きしましょう。

充実の24時間サポートで、安心のトレード開始です。

fxを取扱いする会社選び


最近よく耳にするfxですが、歴史が浅いので、最近ようやく世間に浸透してきたのです。

株の投資よりリスクも少なく、少ない資金でハイリターンが可能なことや、低いコストで外貨取引ができるということで人気が高まっています。

実際には始めていないが興味を持っているという方も多く、これからますますfx の投資家人口は増えていくのは間違いありません。

fx を始めるには、fx の会社選びがとても重要です。

fx の会社はたくさんあり、取引手数料、金利、レバレッジ率、各種サポート体制など、そろぞれfx の会社によって特徴が異なってきます。

まず最初にじっくりと比較して、検討しながら自分のスタイルに合ったfx の会社を選びましょう。

また、悪質なfx の会社が存在しているのも事実です。

大手のfx の会社などは心配ありませんが、中小規模のfx の会社
の中には、しつこく電話をするなどして強引な勧誘を持ち掛けてきたりするところもあります。

2005年の法施行後、ほとんどの悪質なfx の会社は淘汰されましたが、自分が取引きをしている会社が怪しいと思ったら、すぐに取引きを中止してfx の会社を変えた方が賢明かもしれません。
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資